パワーポイント

人に伝わる"効果的"なパワーポイントの使い方。【簡単、伝わる、プレゼンテーション】

投稿日:2016-06-15 更新日:

伝わるプレゼンの簡単パワーポイントの使い方

どうも、さるたろです。「プレゼン先生さるたろ」のブログに来て下さってありがとうございます。

ところで人に伝えるって難しくないですか?人に伝えるにはどうしたらいいかを良く考えていますが、いやーー伝えるって難しいです

僕の家庭でも奥さんが良く話しかけてくるんですが会話が始まって1分くらいで、話のゴールを見失います。この人は何を言ってるのだろうって…。

でもお前何言ってんの?って言ってしまったら「大爆発」怒られてしまう旦那になってしまうのでここはグッとこらえます。

ほんとに難しい…。

コミュニケーションの方法は沢山あって、言葉をはじめ、ジェスチャーに、表情、筆談、空書と・・・。人に伝えるって事に対して僕たち人間は色んな工夫をしていますよね?

究極はプレゼンテーション能力なんです!言葉だけじゃなく、パワーポイントのスライド、表情、ジェスチャーも使います。

今回は伝わるプレゼンテーションをテーマに記事を書きます。伝える為にはパワーポイントのスライドは非常に重要な武器になるんです!

パワーポイントの使い方を間違えると、プレゼンテーションは失敗します!上手いことパワーポイントを利用して、プレゼンテーションを引き立たせていきましょう!

ではでは長々とすみません。

【伝わるプレゼン】簡単!抜群の効果パワーポイントの良い使い方を紹介していきます。気軽に読んで下さい

パワーポイントは添えるだけ!

まず初めに伝わるプレゼンテーションを行う為にはパワーポイントが必要です!ここで重要なのは、パワーポイントはあくまでも補助の役割という事を認識してください!

バスケットで例えたら、「左手は添えるだけ」※スラムダンクの桜木さんより!

の左手がパワーポイントの資料になります!!スライドデザインに気を取られすぎて、作り込んでしまう方は多いんですが、

伝えるプレゼンテーションの為には、あくまでも添えるだけパワーポイントは添えるだけ。コレです。

プレゼンテーションが引き立つように、パワーポイントが助けてくれるっと思いながらスライドを作っていけばいいんです

パワーポイントのスライドは簡単でいいです。大切なのはプレゼンテーションなので、資料をこだわり過ぎないこと。シンプルになり過ぎるくらいが丁度いいですよ

超簡単なパワーポイントの使い方!はコチラで紹介してます

観客の意識を誘導させるスライドを作る!

パワーポイントのスライドでよく使われるのが、こんな感じですよね?

パワーポイントの目次スライド

プレゼンの内容を目次にしたものです

【参考記事】>>オシャレな目次を作ってみよう

このスライドはあくまでも目次ですよね。でも、これじゃ足りない。このスライドに入る前に入れておくスライドがあります

それは「観客の意識を誘導させる」スライドです。

 

要は、こういう事。

  • 今日は仕事終わりの会社員の気持ちになって聞いて!
  • 今日の話のポイントは○○です!そこに注目して聞いて!
  • メモよりスライドの画像に注目して!

こんな感じです。何となくわかりましたか…。プレゼンテーションを観客がどういった気持ちで聞いたらいいのかを、初めに伝えてあげることで、観客が伝えた通りの気持ちでプレゼンを聞いてくれるってことです。

これは凄く重要です。目次は口頭で言っても大丈夫ですが、この誘導させるスライドは作らないと伝わりません。視覚と言葉で伝えるからこそ誘導させることができます。

一度パワーポイントのスライドで誘導スライドを作ってみてください。パワーポイントはシンプルな作りでOK。文字だけでいいんです。

誘導スライドを作って観客の気持ちや意識を誘導してください。

 

パワーポイントと会話をする!!スライドのテクニック

プレゼンテーションをしているときを想像してみてください。パワーポイントのスライドを見つめながら、そのスライドの内容をダラダラと説明する。

こんな光景見たことないですか→これはパワーポイントのスライドに情報を詰め込んだパターンになっています。ダメパターンです。

パワーポイントに情報を詰め込んじゃダメ。最初に言いましたが「パワーポイントは添えるだけ」パワーポイントに詰め込んだ情報を読み上げて、はいプレゼンテーション終了。これでは全く伝わりません。

じゃあどうすればいいのか‥‥それはパワーポイントと会話をしているようにプレゼンテーションをする。要はスライドを簡単にするってこと。

 

極端に言えば単語でいいです。こんな感じ↓

 

本日は新商品の説明にお越し頂きありがとうございます!!

新商品の名前は?

そうです!今話題になっている○○です!!

そんなに話題なの?

実は、初めて○○に効果が認められた商品なんです

○○%の効果か、この商品の凄い所は?

凄いところは、○○なんです!!

 

スライドに書いているのは文字だけですが、プレゼンテーションは成り立っています。しかも簡単な文字だけなので、入りやすいんです。

これを、細かいデータやそれを説明する説明をダラダラ記載して、1枚のスライドに詰め込んで、それをグダグダ説明…。これは最悪です。

スライドはシンプルに会話のようにスムーズに補助してくれるような作りにしてあげるのが大切です。

 

まとめ

伝わるプレゼンテーションをする為にはパワーポイントを上手くつかう必要があります。大切な事をまとめておきます。

  • パワーポイントはあくまで補助
  • パワーポイントに情報を詰め込み過ぎない!
  • パワーポイントのスライドはシンプルに!
  • 意識を誘導させるスライドを作ってみよう!
  • パワーポイントと会話をするように作ってみよう!

これだけでプレゼンテーションは伝わりやすくなります。ごちゃごちゃ作らない。これが鉄則です。

 

ではでは、お付き合い頂きありがとうございました。

 

じゃっ(^_-)-☆

 

プレゼンのご相談ならこちら

 

 

パワポに関するおすすめコンテンツ

▪パワーポイントの基本編

関連記事:パワーポイントのテクニック編

おすすめ転職サイト

関連記事

-パワーポイント
-, , , ,

Copyright© プレゼン先生さるたろ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.