ライフスタイル

男性の悩み【脱毛を詳しく説明】サロンや医療機関のレーザー・光・ニードル脱毛のメリットデメリット

投稿日:2017-08-25 更新日:

顔の髭が濃い…。全身が毛深くて汚らしい…。

 

 

 

脱毛したい

 

毛深い男性にとって、「毛が濃い」というのは深刻な悩みなんですよね。僕も毛が濃い部類で、中学校くらいから悩み出しました。

 

悩みすぎて僕自身、脱毛検定をとりました。(今は更新してない)

 

思春期は、周囲の目が気になります。その一つに「毛が濃い」があります。美意識も強くなってきて、自分の毛が汚いと感じるようになります。

 

 

この毛を何とかしたい…と強く願うようになります。

 

 

そして大人になるにつれて、思春期ほどの悩みは薄れていきますが、デート、レジャーなどのイベント。自分の肌を出す機会があるたびに悩む事になりますよね。

 

水着になるのに毛が濃いなんて…。胸も、腕も、足も、全て「毛」が溢れかえっている。何とかしてくれぇ

 

 

毛深いの嫌

 

 

それにビジネスマンは、「清潔感」が大切ですよね。腕の毛も気になるでしょう。髭も毎朝、めんどくさいですよね。毛が濃い人は悩みが多い…。

 

今回は、脱毛について徹底的に紹介していきます。

 

 

毛で悩んでいる方へのメッセージ

髭が濃い。毛深い。本気で悩んでいるという方に、お伝えしておきます。

マジで悩みを解決したいのなら、お金がかかります。毛の濃さとか、範囲とかで金額も変わりますが、数十万は当たり前。

 

覚悟を決めることです。

 

薄々感じていると思いますが、「ムダ毛」は雑草と一緒です。強いです。今、表面に出ている毛が全てではなくて、物凄い量の毛が準備しているとイメージして下さい。

今、出ている毛を処理したところで解決しません。毛周期を管理しながら定期的に処理を行います。そして、根気強く実行するしかないです。

解決する為には中途半端なことをしていても無駄なだけ。ちょこちょこ脱毛に関する商品をネットで購入したところで、中途半端な結果になります。

 

自分が本来描いていた希望を叶えることはできないです。僕自身も脱毛に関する費用は膨大にかかりました。ちょっと紹介します。

 

肌に塗って徐々に薄くなるクリームを10本以上購入…。10万くらい

ワックス脱毛を購入…。2万くらい

家庭用脱毛器を3種類購入…。10万くらい

エステの脱毛コースを契約…。40万くらい

更に医療脱毛(ヒゲ)を検討中…。20万~40万円

 

 

どうでしょうか…。細かい物を入れたらもっと掛かっています。正直効果を感じているのは、エステの40万くらいです。

色々手を出すよりも、覚悟を消えて一気にやってしまうほうが、費用を抑えることができて、。なりたい自分を確実に手にいれることができます

 

冷静に確実な決断をすること

悩みを抱えている人は、判断能力を失ってます。

何とかしたい、いつまでに綺麗にしたい…。この状態は非常に危ないです。冷静ではなくなり、「即」結果を手に入れたいと、浅はかな行動になりがち‥。

手を出し安い状態になってます。そんな時、最近ではネットですぐ購入できる状況。そしてうたい文句も素晴らしい…。購買意欲をかきたてます。そして僕みたいに購入してしまいます。

 

マジでお金の無駄

 

効果が0ではないと思います。なりたい自分になれないってだけ。中途半端なことをしても、ダメなんです。解決したいなら、真剣に考えて、沢山調べて、費用も捻出する。

 

30万とか50万とか高いです。でも、それで未来が買えるなら安すぎるでしょ。無駄な飲み会、無駄なタバコ、無駄な買物。すべて排除すれば簡単に捻出できます。

 

脱毛方法を紹介します

ではでは、ここで脱毛の種類を紹介していきます。

大きく分けると、

・ワックス脱毛
・ニードル脱毛
・光脱毛(フラッシュ)
・レーザー脱毛

になります。脱毛方法によって、効果も違ってきますが、ポイントは処理する所(ワキ・足)です。これらについて、詳しく説明していきます。

脱毛をする場所はどこがあるのか

脱毛をする場所は大きく3つあります。

「エステサロン」・「医療機関」・「自宅」です。今回は、エステサロンと医療機関にスポットを当てて話を進めていきます。

 

簡単に説明すると脱毛の効果を上げるためには、強いエネルギー処理を行います。

エステサロン<医療機関です。医療機関になればよりエネルギーが高い処理を行えるので効果を得やすいということ。
エステには行える処理方法に限界があるということです。

 

強い処理を行えるのは医療脱毛のみ

エステで、高エネルギー処理を行った場合は、法律に触れることになってしまいます。

 

用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為

厚生労働省 (医政医発第105号)より引用

 

上記のように、強いエネルギーを使って毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊するのは、医者しかできないってこと。エステサロンではできませんよってこと。

 

毛乳頭を破壊すると、効果は高いです。だからこそ医療機関でのみレーザー脱毛があります。

 

エステサロンでは効果が期待できないの?

エステサロン=効果はないのか?

効果はあります。あくまで破壊はできないだけで、弱らせる事はできます。徐々に弱くなり毛が弱くなっていきます。

強いエネルギーではなく、安全規定に則って行われる為、そこまで心配することはないです。

しかしながら完全ではなく「事件」として扱われることも過去あったので、注意は必要になります。

実際どっちがいいのか…。

これに関して、どっちがいいとかではなく、

 

圧倒的な実績で選ぶことが大切です。

 

どれだけ処理を行っているのか、全国規模で行っているのか等。その軸で選ぶのが無難です。医療でも強いエネルギーで処理するので負担が大きいのは確かです。

 

エステでは医療知識がなくても行えてしまいます。

 

どれだけ数を行っているのか、規模はどうなのか、リスクマネジメントができているのか…。どんな機械を使っているのか…等。しっかり丁寧にカウンセリングで話を聞くべきです。

 

僕の経験から…

僕自身、人に対して脱毛を行っていましたし、僕も受けたことがあります。

僕がやっていたのは美容電気脱毛で、正直、身体のことやその他の医療系の知識がそこまでなくても機械を使うことができました。

更に、電気の強弱も人によって変えることは可能です。(マニュアルはしっかりあります)

少しの手違いで、皮膚に傷をつける危険性もありました。実際のところコワかったです。僕も40万円分の脱毛を受けていましたが、人によって技術が様々でした。

皮膚が火傷のようになり、シミになってしまったこともありました。エステで強いエネルギーを使わなくても、危険はあります。

 

だからこそ、医療でもエステサロンでも、実績が判断材料です。ということで、ある程度の知識が付いたところでそれぞれの脱毛方法について説明していきます。

 

 

ワックス脱毛

ワックス脱毛は、顔以外の全身にする脱毛方法です。

ワックスを温めると蜂蜜みたいになります。温まったワックスを脱毛したい箇所に塗ります。その上から布を張り時間をおいて、毛根から一気に根こそぎ取る。

 

痛いです!

 

メリット・デメリット・適した部位

*メリット

広範囲に出来てすぐに結果が出ます。表面に出ている毛を全て脱毛するのでピッカピカになります。美容的にも、角質も取り除くので綺麗に仕上がります。

また低価格で出来るのと自宅でもできるので、恥かしい人にはおすすめです。

 

*デメリット

ワックス脱毛は簡単にいうと抜くだけです。根こそぎ大量の毛を一気に脱毛するから痛いです。ギャってなります。肌が赤くなる場合もあるので、肌が弱い人は気を使います。

機械ではなく人の手で行うので、上手くいかない事もあります。全ての毛根が綺麗に抜けないこともあり、中途半端に毛根が残ってしまうこともあります。

 

*ワックス脱毛に適した部位

足・腕・Vライン・ワキ等

 

ワックス脱毛ってどうなの?

エステでやる事がほとんどになりますが、購入して自宅で脱毛することも可能です。

ちなみに僕は、自宅で行ったこともありますが、ワックスがベタベタして容器とかそこら中にワックスが付いてしまい、
もう大変でした。凄く使いにくいです。

僕が使ったワックスがダメだったのか…、もう自分でやるのはこりごりです。

 

ニードル脱毛(電機・プローブ)

これは僕がお客さんにやってた脱毛方法です。

チタンやゴールドで出来た、細い針を毛穴一本一本に挿入し、毛根付近に電気を流します。それにより毛根部を破壊する手技です。

エステで実施されており、脱毛本数ではなく時間を購入します。30分の時間を買って、その時間で何本抜けるかわかりません…。ってことです。

 



メリット・デメリット・適した部位

*メリット

一本一本確実に処理をするので効果が高い。細かい部分(眉毛)などもできる。デザイン脱毛とかでヒゲの脱毛を行っています。永久性の高い脱毛である。

 

*デメリット

時間がかかり過ぎる。30分で500円玉×2個分くらいかな…。これは手技をする人にもよります。サロンの場合素人みたいのもいます。毛の水分量によっても違います。

痛みですが‥‥ものすごく痛いです。鼻の下のヒゲとか地獄級に痛いです。

 

*適した部位

狭い範囲で効果を出す。ヒゲ、ワキ、Vライン等…。

 

 

 

ニードル脱毛ってどうなの?

効果があるのは確かです。が、時間がかかり過ぎます。それに痛い。

エステなので、高いのと、他の商品(マッサージ・化粧品)などを買わされる可能性があります。永久性が高いので、狭い範囲のヒゲにはかなりおすすめです。

 

光脱毛(フラッシュ・プラズマ)

一瞬の光で毛根にダメージを与える脱毛方法です。

黒い色に反応する光線を放ちます。色んなタイプの毛や、毛根の深さに反応できる高性能な機械を使用してます。レーザーよりも、広範囲で脱毛出来るけどレーザーよりもエネルギーが弱いので、効果は少しだけ低い。

医療機関にもよりますが、基本的には2ヶ月に1回ペースで10回くらいがいいと思います。

 

脱毛サイト(メンズも有)►►BSS脱毛【エルセーヌ】

メリット・デメリット・適した部位

*メリット

処理が簡単にできて、効果が高め、そしてレーザーより安め。痛みが少ない。短時間の処理が可能とバランスが良い脱毛方法。一度処理をすれば長期的な効果が見込める。

 

*デメリット

レーザーよりも低いエネルギーで処理をするので、「効果」はレーザーより低いです。

 

*適した部位

全身にいけます。特に、ワキ、ヒゲ、Vライン、腕、足、顔、指、うなじ等…。

 

光脱毛ってどうなの?

こちら、僕の妻が実際に受けていたので聞いてみました。

処理は早くて、安くて効果はありました。しかしながら、完璧とは言えないけど効果は確かにありました。医療機関によりますが、だいたい6回~12回です。

しかし実際にはそれ以上回数やらないと、理想の状態にはならないと思います。

レーザー脱毛(医療用)

レーザーは光脱毛より強い処理です。範囲は光脱毛のほうが上です。

医療用レーザーにより、黒い色に反応して対象物にあてます。大きなエネルギーにより毛が熱で焼かれて破壊され、熱で周りの細胞も損傷します。

非常に強烈な処理方法になるので、毛の再生も制御されます。

 

 

メリット・デメリット・適した部位

*メリット

強いエネルギーにて処理をするので、効果がかなり期待できます。処理も早く、医療機関により行うのでもしもの時に安心です。

 

*デメリット

強いエネルギーで処理をするため、痛みがあります。

 

*適した部位

基本は全身、特にワキ、ヒゲ、V・I・Oライン、腕、足、うなじ、顔等…

 

脱毛サイト►► メンズ永久脱毛

レーザー脱毛ってどうなの?

僕は今まで色んな脱毛を経験していました、行きつくところはレーザーでした。現時点ではレーザー脱毛は契約していないですが、ここ数年で契約したいと思います。

理由として、価格より最大の効果を期待するからです

髭が濃い、毛深い、なんとかしたい⇒まとめ

いかがでしょうか。

今回は毛深い男性の悩み、脱毛についてでした。最近では男性も脱毛は当たり前の時代です。実績も沢山増えてきているので、安心して効果を得られると思います。

大切なのは、初めに思い切って決断することです。

あれこれ中途半端に手を出すと、コストがかかって意味がありません。

 

 

▪狭い範囲…「ニードル脱毛」

▪広範囲…「光・レーザー」

 

 

この選択が良いと思います。あとは実績や店舗数を見ながら決めるべきです。

 

悩んでいたら、踏み出してみることをおすすめします。

さっ。君も、

 

つるつーーーーーーーーーーーーーーる

 

じゃっ(^_-)-☆

おすすめ転職サイト

日本最大級転職サイト

スピード転職なら

関連記事

-ライフスタイル
-, , , , , ,

Copyright© プレゼン先生さるたろ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.