ライフスタイル

人生に疲れたら「映画・しあわせのパン」を見てほっこりして欲しい。

投稿日:2018-02-13 更新日:

僕はよく妻と映画やドラマを見る。

妻はゾンビが好きだから、映画やドラマ見よってなったら確実にゾンビ系になる。

 

ぐちゃ。

ズボォ。

キャー。

 

とか。気持ち悪い。

 

もういいよゾンビ。なんで女ってゾンビ系の映画好きなの?

ゾンビ系が好きすぎて、妻はウォーキングデッドにハマりまくっている。

 

 

そして、この前変なことを言い出した。

「いつか日本もウォーキング・デッドの世界になるかもしれない」と…

 

その時の為に体を鍛えるべきだとか言って、最近ジョギングをはじめた…。

 

更にウォーキング・デッドの世界になったら「コンタクトレンズ」が手に入らない…。

その時の為に裸眼を鍛えないととか言って、最近遠くを見ている‥。

 

 

僕の妻は本当にアホなのかもしれない…。

そんな妻と映画を見ていたら凄く幸せな気持ちになった映画に出会った。

 

↓こちら

原田知世さんと、大泉洋さん主演の作品。

さるたろ
この映画にゾンビはでないから安心してねーー。

 

 

 

人生に疲れたら「しあわせのパン」を見てほしい理由

この映画は、起承転結が良い意味でない映画。

ハラハラドキドキする展開はほぼない。ストーリーがあるようでない。

だから何かを期待して見るような映画ではないと思う。

ただ人生に疲れたとか、日々の生活に遣り甲斐を見いだせないとか思っている人は是非見て欲しい映画。

 

夫婦は「幸せだ」と思わせてくれる

この映画はハラハラドキドキしません。ストーリーにどんでん返しなんてありません。

でも「しあわせ」を感じることができます。

 

夫婦で一緒にいるシーンや、夫婦で散歩しているシーンがとにかく綺麗です。

別に大した内容ではないけど、夫婦一緒にいるという「しあわせ」が伝わってきます。

 

ハっとさせられます。夫婦生活をしていると、いつの間にか相手に求めたり嫌な所が見えて来たりするけど。

夫婦って一緒にいることが「しあわせ」なんだと改めて思わせてくれます。

夫婦一緒に散歩する。夫婦一緒に食事したり。

何にもなくてもいい。生きてるだけで、妻と時間を共有しているだけで幸せだよ。

 

小さい所に幸せがあると思わせてくれる

この映画。いちいち画が綺麗です。

綺麗な野菜。可愛い食器。美味しそうなパン。毎日飲みたくなるコーヒーなど。

普段僕たちが当たり前のようにしている小さいものに「しあわせ」が詰まっているってことが改めて感じられます。

一杯のコーヒー。

これって凄く幸せなことですよね。僕たちはいつの間にか刺激あるものに幸せを感じたりするけど。

本当は一杯のコーヒーや美味しい素朴なパンに幸せを感じることができる。

それを忘れてはダメなんですよね

 

自然体でいることの大切さが解る

いつの間にか誰かに合わせて生きるという事を選択してます。

そして自分というものを見失っていきます。

でも僕たちはもっと自然体でいいんだって。力を入れずに生きていってもいいんだって思わせてくれる。

自分のやりたい事に正直になって、もっとわがままになって生きていっていいんだよ。

いつの間にか、自分を意思を殺すことばかり考えて生きている。

僕たちは、自然体で生きていけばいいんだ!!

 

ゆっくり人生の本質を伝えてくれる

この映画は流れがあるようでないです。特に展開もないです。

しかし、ゆったりとした流れの中で「人生の本質」を伝えてくれる映画です。

本当に大切なものは何かってことを考えさせてくれます。

人それぞれ違った解釈をすると思いますが、人それぞれ大切にしたいポイントは違うと思うので、

しあわせのパンを見ながら、自分にとっての人生の本質を見出すことが出来るんじゃないかと思う。

 

 

 

人生に疲れた人は本当の「しあわせ」とは何かを改めて考えるべきだ

妻とこの映画を見ていると色々考えさせられた。

 

一緒にご飯を食べること。

一緒に散歩すること。

一緒に寝ること。

一緒にコーヒーを飲むこと。

一緒に笑うこと。

 

これらが本当に幸せなことなんだと痛感した。こんなちっぽけなことが「しあわせ」なんだと思う。

僕たちは何かを得ようとして何かを失う。得ようとすればするほど、どんどん失う。すると目の前の小さな幸せに気付けない。

 

ぶうたろ
大きな幸せを得ようとし過ぎなんだああ

 

実は目の前に、毎日何回も幸せがあったんです。それをどれだけかみしめて生きているのかってことが大切なんだ。

無駄にし過ぎだと思う。人生に疲れたとか、楽しくないとか色々考え悩むことがあります。

でも。

目の前にある幸せにちゃんと向き合っているかというと、向き合ってないんです。

幸せは目の前に沢山あるんです。それを見てないだけ。実は凄く幸せなんですよね。それをこの映画で気づかされた気がします。

 

 

 

人生に疲れた人は「しあわせのパン」を見るべきだ⇒まとめ

生きていると辛いことが多いです。

働いているとしんどい事ばかりです。

そんな時本当の「しあわせ」を忘れてしまいがち。

僕たちは、多くを求めすぎています。大きな幸せを得ようとし過ぎています。自分を殺して本来自分を見失っています。

そして小さな幸せに気付けない人になってしまいます。

地に足をつけて、自分に正直に生きることで目の前にある小さな幸せを感じることができると思う。

小さい幸せが、本当の幸せなんですね。

ってことで。

今日も幸せを感じましょーー!

 

 

おすすめ転職サイト

日本最大級転職サイト

スピード転職なら

関連記事

-ライフスタイル
-, ,

Copyright© プレゼン先生さるたろ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.