プレゼンテーション

【ダメすぎるプレゼン…】人のプレゼン資料を使うと100%失敗する理由とは?

投稿日:2016-01-28 更新日:

さるたろです。

「プレゼン先生さるたろ」のブログに来て下さってありがとうございます。

プレゼンの内容をどの様にして決めていますか?ただ会社の資料をそのまま利用しているとか、いっつも同じ内容の資料を使ってプレゼンをしているのであれば、それは、、、やめたほうがいいと思うんですが・・・。

 

先輩からもらったプレゼン資料をいつまでも使っていたんじゃ、、、

 

それは、、絶対にダメ!!

 

ただ説明するだけのプレゼンになり、成功するのが難しいです。

 

自分のメッセージが伝わりにくいんです!自分で1から考えて作った資料にエネルギーが伝わるもんなんです!!

観客の『その後』の行動を考えて内容を決定する

 

プレゼンのゴールはプレゼンにより観客が、

‟行動を起こしてくれるか”になります。影響を与えられるかどうか・・・。

 

そもそもが、観客はそこまで、、、そこまで聞いてないので・・・。

 

悲しいかな・・・。

 

こちらも意識して、プレゼンをしないと観客の心に全く残らないという悲しい現実・・・。

 

いません?

 

なんか、目線が動きまくって。。。アレ?聞いてます?という感じの方・・・。

 

んで、時間がたつと、、

 

明らかに眠ってました?といわんばかりの、

 

トっローンっとした目!!

 

あれやられると、、、へこみますよ・・・。

 

演技でもいいから・・・演技でいいから話を聞いてくれませんか?

あゝ、、演技で、、、ええのよ・・・。。。

 

これはですね?

ただワンパターンの話をしていませんか?ってことなんです。

 

あなたのプレゼンで観客は行動を起こしていますか?ってことなんです。

 

んなこと言われても難しいんですよ!実際は・・・。難しい。。。

 

しかしプレゼンのゴールは、あくまで・・・

 

観客を行動させる為にプレゼン内容は決めてください。

 

 

つべこべ言わずに、俺の話をきけ!!

そして影響受けて行動しろ!!って大きい声で観客にいいたいもんですがね・・・。

 

言えないので、それをプレゼンの内容で伝えていくんです・・・。

 

 

プレゼンパターンは最低3つは用意する。

 

1つでは少なすぎます。3つは作っておいたほうがいいでしょう。

 

ホントになかなか観客が聞いてくれないもんだから、、、

3つも資料を用意しないといけないんですよね・・・。

 

そこで大切なのは、、
まず『観客』がどういう人なのかをもう一度分析してください。

 

色んな状況下の観客がいるはずなので、創造力を働かせて、、、

決めていくんです!!

 

そして、資料を作っていきます。

 

・インパクトだけを与え、長い時間が経っても思い出してくれる内容

・数値やデータを沢山つかって説得力のある内容

・全て見せずに、次の機会に詳しく聞いてみたいと思わせる内容

 

最低でもこの3つは必要になります。

 

そう3つは必要ね。。。

 

プレゼンをする機会は沢山あり、場面も様々です。

 

基本はプレゼンの内容を聞いてみて、
その後観客がどう動いてくれるのかを考えた資料にすることです。

 

観客が、ふとした瞬間に思い出してくれたら成功です!!

 

さあ、、、作ってみましょう!自分で3つ!!

 

プレゼンのご相談ならこちら

 

プレゼンに関するおすすめコンテンツ

プレゼンテーションのコツ

 

おすすめ転職サイト

日本最大級転職サイト

スピード転職なら

関連記事

-プレゼンテーション
-, , , , ,

Copyright© プレゼン先生さるたろ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.