パワーポイント

意外と知らない「PowerPointスライドショーの使い方」プレゼンのコツはパワーポイントにあった!!

投稿日:2016-11-11 更新日:

いつも「プレゼン先生さるたろ」を見て下さってありがとうございます。さるたろでございます。

今回、意外と知らないパワーポイントの『スライドショー』について解説していきます

 

プレゼンテーションでパワーポイントは必須ですよね。スライドショーも必ず使います。スライドショーって意外に使えるポイントがあるので解説していきますね。

 

選んだスライドを非表示にする。

自分が選択したパワーポイントのスライドを非表示にできる設定です。どんな時に使用するのかっていうと。準備してきたプレゼン資料があります。

 

そしたら、ウザイ先輩がやってきて

 

●このスライドは紹介しないほうがいいとか

●時間を早めに終わらしたほうがいいとか、

 

って言ってきやがったよ。ああ、うるさいなーーー

スライドを削除してもいいけど、「もしかしたら使うかも」しれない。そんな時に非表示設定にする。

パワーポイントのスライドを非表示

パワーポイントのスライドを非表示にする方法

 

※表示したくないスライドを選択>スライドショーのタグ>非表示スライドに設定

 

これだけでプレゼン本番で非表示設定されたスライドは飛ばされます。削除せずに非表示設定にしてね

 

プレゼンで頭が真っ白になりそうだからメモを残したい

 

プレゼンが嫌いだし苦手だし頭が真っ白になるから、メモを残したいって方はノート機能を使う。

パワーポイントのノート機能を使う

パワーポイントのノート機能を使う

 

※パワーポイント画面から>表示>ノート

 

これでパワーポイントのスライド下にメモ欄が出来ます。スライドショーをはじめるとノートが消えてしまうって方は下で解決策を書いてます。

 

意外と知らないスライドショーの設定

 

まず一般的なスライドショーを見て下さい。

一般的なパワーポイントのスライドショー

一般的なパワーポイントのスライドショー

これは、話し手と聞き手が全く同じ画面をみていることになります。

 

ではこれはどうでしょう↓

スライドショーをカッコよく使う

スライドショーをカッコよく使う

これは、話し手の画面。メッチャ見やすいから、この方がプレゼンする側は安心ですよね?

 

6543

 

●どのくらい話しているのか「時間」の把握できる
●次のスライドが見えるので話の「展開」が整理できる
●ノートが見えるので「安心」してプレゼンできる

 

発表者ビューを表示する設定

 

発表者ビューを設定する手順です(超簡単)

 

まずスライドショー「最初から」をクリックしてスタートする。

765

発表者ビューを設定する

 

※スライドショー画面>右クリック>発表者ビューを表示

 

これで完了

 

プレゼンを更に良くする為のスライドショーテクニック

 

スライドショーには色んな機能があって、シーンによって使用したほうがいいものもあります。今回の使う場面はコチラ。

 

●座ったまま説明をする場合。

 

会場によっては座ったまま説明をする場合もあります。パソコンの前にたったままプレゼン。実際のスクリーンに映し出されたスライドを指示する場合ってレーザーポインターとかを利用する人が多いと思います。

その場合パワーポイントのスライドショーの設定を少しだけいじってやると、メッチャ使いやすくなるんです。

スライドショーを再生して右クリックをする↓↓

987

スライドショー,でポインターオプション機能を使う

ここの赤枠にポインターオプションってあります。それを選択するとポインターがペンが選べる。

 

●レーザーポインター
●ペン
●蛍光ペン

 

それぞれ説明します。

レーザーポインター

まずレーザーポインターですがコレ

 

876

マウスポインターをレーザーにしてみる

本当にレーザーポインターを当てたようになります。マウスの矢印がポインターに変化するのでマウスを動かしてプレゼンします。
聞き手もこれなら見やすいですよね。

 

ペン

ペンを選択したらマウスの矢印がペンになります。このペンはクリックしながら動かすと↓↓

23

クリックしながら動かすと書ける

そう書けるんです。プレゼンの時に注目してほしい所に線を引くことができるんです。

蛍光ペン

先程のペン先が蛍光ペンに変わります。太いので見やすいです。これもクリックしながら動かすと↓↓

7654

プレゼンの最中に蛍光ペン風に書けるよ。

こんな感じで蛍光ペンで線を引いたようになります。ペンも蛍光ペンもプレゼンをしながら書けるってところが凄いよね

色も変化できる。

まずスライドショーのスタート画面で右クリックしてインクの色を選択する↓↓

12

右クリック>ポインターオプション>インクの色>好きな色を選択

これで普段の何気ないプレゼンも解かりやすく伝えることができると思います

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はスライドショーに関してのアレコレでした。プレゼンテーションって奥が深いですよね。答えはないです。如何に聞き手の人に伝えるかが勝負になります。

パワーポイントのスライドが見えないとか、どこを説明しているのか解らないとか、初歩的なミスがないように徹底せねばなりません。

ちょっとした設定で伝わり方が違ってきます。是非皆さんも使ってみてくださいね?

ではでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。また「プレゼン先生さるたろ」を宜しくお願い致します。

よしっ寝ようか

じゃ(^_-)-☆

 

プレゼンのご相談ならこちら

 

パワポに関するおすすめコンテンツ

▪パワーポイントの基本編

関連記事:パワーポイントのテクニック編

おすすめ転職サイト

日本最大級転職サイト

スピード転職なら

関連記事

-パワーポイント
-, , , , ,

Copyright© プレゼン先生さるたろ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.