仕事の悩み 就活-面接対策

【就活生向け】会社説明会で絶対見るべき5つポイント

blank
さるねずみ

就職活動で企業説明会とかに参加をします。何を見たらいいかが教えていただけると助かりますー。

blank
さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

本記事で得られること

  • 会社説明会で見るべきポイントが抑えられる
  • 失敗しない就職活動ができる
blank
さるたろ
では解説していきますね
blank
さるねずみ
宜しくお願いします

 

 

【就活生向け】会社説明会で見るべき5つポイントを解説

blank

就活生が企業を知るためには、会社説明会が代表的です。

 

直接会社にお邪魔したり、最近ではオンラインで参加をしてどんな会社なのかを勉強します。

 

質問です

会社説明会に出て、マジで死ぬほど理解できたという人っていますか?

 

おそらくそんなに多くはないと思います。なんとなくどんな企業かは理解できたけど、もやっとしている感覚が残っているはずです。

 

そんな皆さんのために、会社説明会で見るべきポイントを紹介します。

 

ちなにみ僕は、採用担当として仕事をしていましたので、その経験を皆様にシェアしたいと思います。

 

この記事を書いてる人
blank

さるたろ(@ptsarutaro

この記事を書いてる僕は、個人でブログで発信をしながらリーダー育成を専門に人材育成に関わる仕事をしています。現場の課題に応じた研修も行っています→コチラ

 

 

就活生が会社説明会で見るべきポイントは、この5つです

blank

さてここからは、具体的に何を見たらいいのか一つづつ解説していきますね

 

まず5つのポイントを紹介します

 

  1. 説明の裏側のリアルを見る
  2. 採用担当者以外の人物を見る
  3. デジタルかアナログか
  4. 社員同士の関係性
  5. 事業展開の柔軟性

ではいってみましょう

 

就活生が会社説明会で見るべきポイント①説明の裏側にあるリアルを見る

ちょっとわかりにくくてすみません。説明の裏側のリアルとは何かを説明します。

 

会社説明会で語られることの多くは、こんな感じです

 

  • 会社概要
  • 会社の強み
  • 主なサービス、取り組みについて
  • 福利厚生、条件、研修
  • ある先輩の1日

だいたいこんな流れなわけですが、正直この内容ならホームページを見たら理解できる内容です。

 

それを担当者が話をしているだけですよね。この説明に耳を傾けるよりも、大切なのはその裏側です。

 

イメージしてください

あなたがディスにーランドで最高の体験をしました。それを友達に話すときにどうなるでしょうか?

 

楽しかったディズニーランドの体験を、何とか伝えようとしませんか

 

話の裏側のリアルがありますよね。それと一緒です。会社説明には裏側にその人達の日常が隠されています。

 

「マジ最悪、つまらん会社だよ」って思っていたら会社説明はたんたんと語られるでしょう。

 

会社が好きで、働く仲間が好きで、新しい仲間に来てもらいたいと思って会社説明をしていた場合、聞いてて感じるものがあるはずです

 

表面の説明だけに、焦点をあてないで。裏側のリアル(日常)を探ってみましょう

 

 

就活生が会社説明会で見るべきポイント②採用担当者以外の人を見る

就活生と一番関わりがあるのが、採用担当者です。

 

採用担当者にとって皆さんのような就活生は、「お客様」となるわけです。あらゆる手を使って会社に来てほしいわけです。

 

印象を良くするために、採用担当者は必死です。実際に僕も全神経を使って対応をしていました

 

採用担当者は神経を集中していますが、その他の社員はそこに神経を使っていませんので「素」がでます。

 

blank
さるたろ
その「素」が真実です

 

よく会社のトイレの大便器のほうにこもって、しょんべんしている社員同士の会話を聞くといいとか言います

 

だいたいトイレでは、上司の悪口とか、会社への不満を言ったりします。

 

こんな感じで採用担当者は武装して皆さんの前に立つわけです。それは真実の姿ではないということです。

 

blank
さるたろ
あなたが見るべきポイントは、採用担当者以外の人です。

 

  • お出迎えに来てくれた人
  • 廊下を歩いている人
  • 椅子に座ってコーヒー飲んでいる人
  • オフィスで会話をしている人

 

会社に入った瞬間から情報収集は始まっています。あなたは選ばれに行ってるのではなくて、選びにいってる立場です。

 

オンラインの場合の情報収集ですが、採用担当者の声だけじゃなくて、後ろガヤガヤうるさい場合があります。

 

仕事をしててガヤガヤしている場合もありますが、無神経にうるさい場合もあります。それだけで配慮してないことが見えますね

 

また電話やメールの対応でも雰囲気を感じることができますよね。

 

就活生が会社説明会で見るべきポイント③やり取りがデジタルかアナログかを見る

会社説明会に行くと、筆記試験をやることもあります。適性検査をやることもあります。

 

そこで見るべきポイントは、パワーポイントの資料が整理されて洗礼されているか。適性検査や筆記試験がネット上で完結するものか、

 

やり取りが電話、メール、ライン、専門の管理ツールのうちどれか。

 

こんな風に、デジタルを駆使した会社なのかどうかはすぐにわかりますね

 

これは良し悪しを決定するものではありません。判断材料にしてもらいたいわけです

 

時代の流れに順応しているかどうかが理解できます。対応している会社のほうが柔軟性があります。それは間違いありません。

 

いつまでたっても昔のやり方に固執して変わらない、変われない会社も多くあります。

 

blank
さるたろ
それを見ましょう

 

 

就活生が会社説明会で見るべきポイント④採用担当者と、他の社員との関係性

リアルの会社説明会の場合はよく見えますけど、オンラインでも2名参加してくれたりするので、見えるとは思います。

 

採用担当者者と、他の社員との関係が会社の雰囲気です

 

社風の現れと言ってもいいと思います。採用担当者は誰かと一緒にいます。

 

その誰かと、どんな表情で会話をしているのか、関係は良好なのかを見たら解かります。

 

その関係こそ、リアルな社風ですので注意してみてみましょう

 

 

就活生が会社説明会で見るべきポイント⑤事業展開に柔軟さ

これは企業の成長に関係をしてきますが、

 

会社というのは海に浮かんでいる船みたいなものです。遠くの世界にいくためには嵐を予測したり、荒波にも対応しないといけません

 

blank
さるたろ
大切なのは、厳しい環境に適応することです

 

同じやり方が永遠に通用するなんてことはあり得ません。やり方を変えながら進むしかないわけです。

 

blank
さるたろ
このコロナ渦でも生き残る会社は、柔軟に対応をしたからです

 

時代に合わせてサービスを展開しているかどうかを見る必要があります。事業展開は未来に対応する現れです。

 

  • これから何をしようとしているのか
  • それをやる目的な何か
  • どんな世界を予測して動いているのか

 

質問ができなければ、注意深くでいいのか感じ取るだけでも違ってくると思います

 

さて以上が5つです。しっかり見てくださいね。

 

面接対策記事はこちら

blank
【必勝】面接に受かるコツを、まとめました【15記事で解説】

続きを見る

 

まとめです就職はGOALではなく、STARTです

GOALだと思うと選択することに恐怖を感じると思いますが、GOALではなくSTARTです。

 

終身雇用がなくなる時代です。どんどん変化に対応していくことが求められます。

 

会社を選ぶことばかりに必死にならずに、選んだものを必死に頑張ることが大切です

 

就活や転職活動をするならリクナビNEXTか、リクルートエージェントのアカウントを作っておくと便利です

 

利用者数、実績、求人数が国内NO1ですので、まず登録しておけば安心です

 

 

リクナビNEXTに登録すると求人は見放題だし、自分の強みや適職も無料診断できます

 

blank

blankグッドポイント診断 blank

 

グッドポイント診断は800万人が利用する blankリクナビNEXT blank が提供している自分の強みを診断してくれる有益ツールです。

 

無料なのに的確に分析してくれて就活に役立ちます。僕の診断結果ですが結構当たってます。

 

blank

 

リクナビNEXTに3分ほどで無料会員登録をすると無料で利用できます>> blankグッドポイント診断 blank

 

登録手順がわからない方はコチラを参考に→グッドポイント診断の登録の流れを解説

 

 

-仕事の悩み, 就活-面接対策

© 2021 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5