将来に対する悩み 後悔しない生き方

【ほどほどに】頑張りすぎない生き方をおすすめする理由

ぶうたろ

頑張りすぎないほうがいいと思いますか? 私はどうしても頑張りすぎてしまうところがあるので改善したいと思っています。

さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

 

この記事を書いてる人

個人でブログ発信をしながら研修講師として活動してます→コチラ

 

 

頑張りすぎない生き方をおすすめする理由

頑張りすぎてしまう人、いますよね…。僕も結構頑張りすぎてしまうところがあります。

 

僕の妻も僕なんて比較にならないくらい頑張りすぎてしまってます。

 

自分で頑張りすぎとか…ちょっと恥ずかしいのですが、それでもかなり頑張っているほうだと思います

 

僕なりに頑張り続けて出た結論は、「頑張りすぎないほうがいい」ってことです

 

頑張ることと、頑張り過ぎることは違います。何事もそうですがやりすぎは良くないと思います。

 

人間、ほどほどで生きた方がいいと思いますよ…。だってしんどいでしょ…。

 

頑張りすぎない生き方をするほうが、成果が出やすい

頑張るほうが成果が出やすいと思ってました。だから僕はめちゃくちゃ頑張りました。

 

でも逆でした、頑張れば頑張るほど状況は悪くなっていきました。

 

スポーツでもそうですが力を抜いて、リラックスしている時のほうがパフォーマンスが上がります

 

力を抜いている時のほうが、時間にも心にも余裕があるので、柔軟性を発揮できるんですよね。

 

僕はこれが出来ずにかなり苦労しました。やりすぎてしまって頑張りすぎることで、いろんな弊害が出ました

 

このいろんな弊害が頑張りすぎないほうがいい理由です。マジでいいことありません

 

自分はどんな人間なのか、客観的に分析してくれる無料診断テストがかなり参考になります。

リクナビNEXTが運営している グッドポイント診断 がかなり参考になります

 

リクナビNEXTに無料登録して、強み診断を受けてみる

 

 

頑張りすぎるデメリットを5つ紹介します

頑張ることはいいことですが、頑張りすぎるのはいいことありません。

 

頑張りすぎることでどんなデメリットが起こるのか紹介します

 

  • 身体のどこかが確実に悪くなる
  • 余裕がなくなりキレやすくなる
  • 仕事が進みにくくなる
  • やる気を失ってしまう
  • 何かをはじめてしまう

それぞれ解説します。

 

①身体に不調が出るので、頑張りすぎない生き方をしよう

ほぼ確実に身体に不調が出てきます。身体的なこと、精神的なこと必ずどちらかに不調が現れます。

 

僕は一時期、かなりやりすぎたことがあります。その時に酷い頭痛に悩まされました。またヘルニアにもなってしまいました。

 

僕は身体のほうにでましたが、人によっては精神に出る人もいると思います

 

身体や精神が悪くなると、仕事なんてできませんし、生活してても面白くないですよね…。

 

さるたろ
生活のために頑張ってても、身体壊したら本末転倒ですよね

 

自分の身体が一番大切なので、頑張りすぎないこと!

 

 

②キレやすくなるので、頑張りすぎない生き方がいい

頑張りすぎていると、心に余裕がなくなります。そしてキレやすくなります。

 

僕の例ですが、僕は結構ストイックやってしまうところがあります。

 

時間を決めたら、その時間通りに動いて仕事をします。食事の栄養素もかなり徹底して作ったりします

 

朝起きる時間も夜寝る時間もロボットのように決められてます。運動や筋トレも毎日かならずやります。

 

決めたことは絶対で、諦めるとか許せなくなります。遊びの予定も一切いれません。感情を抑えて、たんたんと作業を続けます

 

こんな生活を1年以上やっていると、だんだん心に余裕がなくなっていき、ちょっとしたことでキレてしまいます。

 

さるたろ
予定を崩されたりしたら、マジでキレます…。

 

これは良くないと思いました、自分一人で出来ることなんて限られてます。誰かと生活したり、誰かと仕事をするわけなので、

 

余裕がないと誰も僕と生活したいと思わないし、仕事したいと思わないですよね…。やっぱりほどほどが一番です

 

 

③逆に仕事が進みにくくなるので、頑張りすぎないこと

ウサギとカメの話をご存知ですか? ウサギとカメが競争して、カメが勝利する話ですね。

 

ウサギは足が早いので先に行って、余裕だから途中で休んでしまう。そのスキにゆっくりだけど確実に前に進むカメが最後に勝利する

 

結局、仕事をしてても同じでした。

 

頑張りすぎてしまうと身体を壊したりします。1日全力で頑張っても次の日、身体を壊したら仕事できません。結局前に進まないです。

 

毎日コツコツと、60%くらいの力で仕事をし続けていったほうが最終的には進んでいることのほうが多いです

 

やりすぎるのではなく、1日にこれだけは確実にやると決めて進めたほうが結果的にはいいと思います

 

 

④やる気をなくしてしまうことがあるので、頑張りすぎないほうがいい

頑張りすぎると、これだけ頑張っているのになぜ成果が出ないのかと成果に対して一喜一憂するようになります。

 

さるたろ
そしてやる気を失ってしまいます

 

こんなにやってるのに成果が出ない。これってやる意味なるのかな…。バカバカしい。ああどうでもいいわ!!

 

こんな風になってしまいます。やる意味や目的を見失ってしまいます。

 

またやる気を取り戻すまで時間がかかるので、最終的に無駄な時間になるんです。

 

⑤何か別のことをやりはじめるので、頑張りすぎない生き方をおすすめ

これが注意です。頑張りすぎると、バランスをとるために別の何かに依存したりします。

 

  • アルコールに依存したり
  • ギャンブルに依存したり
  • お菓子を食べまくったり
  • 無駄なものを買いあさったり

 

頑張ることはいいことですが、頑張りすぎるとこんなことになります。

 

せっかく頑張っても、ギャンブルでお金を失ったら逆効果です。

 

別の何かでしんどさを埋めるようなら、はじめから60%くらいでやったほうがいいと思います。

 

 

頑張りすぎない。そんな生き方をすれば結果的に幸せ

そんなに頑張らなくても、なんとかなります。

 

自分一人で頑張らなくても、家族がいるし、友人もいるし、会社の仲間もいます

 

ある程度の力で、みんなが協力すればなんとかなると思います。

 

僕も自分がやらないといけないとか、思ってましたが窮屈になってしまって家庭にも影響がでました。

 

さるたろ
妻に頼ろうと思うようになり、心に余裕が生まれました。

 

誰かに頼るって凄く大切だと思います。別に頑張りすぎなくてもなんとかなるもんだと思いました。

 

コツコツ、ゆっくり積み上げていく人生を送っていこうと思います!

 

まとめ

頑張りすぎないこと。それが結果的にはいいと思います。

 

身体を大切に、周りの人達を大切に生活をしていくほうが幸せな人生だと思います。

 

僕も自分の生活を改めて、息抜きをしつつゆっくりで頑張ろうと思います!

リクナビNEXTが運営している グッドポイント診断 がかなり参考になります

 

 

リクナビNEXTに無料登録して、強み診断を受けてみる

 

-将来に対する悩み, 後悔しない生き方