妻が細かいからマジで疲れる【その細かさから、学ぼう】

妻が細かいです。疲れます。

 

しかし細かいけど、良い面に焦点をあてないとやってられません。

 

先日、その細かさから学ぶことがありましたので、記事にします

 

 

妻が細かいからマジで疲れる【その細かさから、学ぼう】

妻は凄く細かい人です。納得する答えが出るまで、追求します。

 

正直、答えが出るまで徹底的に調べたりするので、一緒にいる僕的にうんざりすることもあります。

 

僕はこんな感じの人↓↓

 

  • そこそこでいいじゃん
  • 考えるのしんどい、だるい、めんどい
  • 細かく考えたところで、仕方ない

 

僕は、60%くらい考えて、そこそこであればOKです。「もうこれでいいよ」と決断するタイプです

 

100%、考えたって別に変わらんし、そこまで考えるのめんどいしね、

 

 

妻から問い掛けられても

 

  • うん。それでいいと思う
  • いいねー。うん。それでいこう。

 

ほとんど考えないんです。適当なんです。こんな感じで60%の男なワケです。

 

blank
さるたろ
60%って単純に40%サボっるってことになるよね。

 

40%を考えられる人間になれたら、どんなに凄いでしょうかね。

 

でも難しいだよなあ~。だって60%くらいが楽でいいしね。

 

 

 

僕の妻は細かいです。101%くらい考えるから疲れる。

blank

僕の妻はマジで細かいです。徹底的に調査します。考え抜きます。

 

正直、100%を少し超えます。101%の人間なんです。100%でも足りないんです

 

blank
ぶうたろ
どんな人間なんや

 

 

  • 僕は60%です→いいじゃん。それくらいで。
  • 妻は100%を超える→納得したい、本当にこれでいいのか、もっと他も調査すべき

 

こんな感じで、徹底的なんです。

 

60%男の僕としては、マジで疲れます。もういいじゃんって言ったらキレます

 

妻は調査します。僕にも指示してきます。

 

 

  • ちゃんと調べて
  • 〇〇の商品のメリット、デメリットを書類でまとめて
  • 調べたこと、細かいことも全部共有して

 

こいつは、俺の上司かと思います

 

共有。共有。ナレッジ共有。もう共有って企業も妻も使いすぎだよ

 

blank
さるたろ
まあ。そんな感じの事が日常茶飯事で起きてるわけです。
blank
ぶうたろ
なかなかだな

 

 

 

妻が細かいパワーが発動! 100%を超えた。

blank

 

先日、僕の携帯電話を契約しました。

 

僕は契約を複数所有しておりまして、持っている携帯達が更新月になり、

 

さらに、何やらのキャンペーンで割引があり、そして更には下取りのキャンペーンがあるとのこと

 

契約の仕組み、キャンペーンの内容が、細かすぎて理解できません

 

妻によるとお得な月だから、このタイミングで契約したほうがいいと判断されたわけです

 

blank
さるたろ
そんで携帯ショップで話を聞きにいきました

 

僕はここ数年、携帯ショップで話を聞いていませんでした。

 

iPhone3くらいの時代から聞いてない。全部妻にお任せしてたから。でも今回は数年ぶりに話を聞いた。

 

正直、何を話しているのか、まったく理解できん

 

なに、その制度。システムもややこしい。割引条件もややこしい。1回の面談で2時間くらいかかる。

 

blank
さるたろ
とろけるわ

 

2時間も異次元の話されて、もう頭が真っ白だわ。しかも携帯が複数台あったら、地獄だわ。

 

 

60%男の本領発揮だ

 

あの~。僕とろけているので、早く一番良いプランを教えてください。

 

■〇※〇△♯※でして、それで、〇●×■◇です。

 

い、いいですね、それっ、それでやりましょう

 

かしこまりました。

 

 

100%を超える細かい妻が許してくれない!

 

いえ。待ってください。

 

〇〇になった場合はどうですか?

 

先程の〇〇の部分をもう一度細かく教えてください

 

 

あーでもない、こーでもない

 

 

僕はいつも60%男なので40%の事は理解してないんですよね。

 

だから携帯電話の説明を聞いても、途中で理解不能になる。話についていってないし、ついていこうともしません

 

でも妻は理解し、更に理解しようとする。僕と全く次元の違う世界にいるワケ。

 

  • 僕は適当に契約しようとする
  • 妻は最高の契約にしようとする

 

妻は細かくて、疲れるけど人として尊敬できます。

 

僕はいつも60%だから決断しても、最高とは言えません。そこそこの人生です

 

僕の妻が細かいから、もんの凄い質問します。携帯のショップ店員がとろけてましたわ

 

なんとか、契約が終了しました

 

 

僕は新しい契約を手にしてハイテンション

 

僕は嬉しすぎて、スマホ画面を無駄にスライドしまくっていました。

 

スライドしまくって充電が切れた。それぐらいテンションが上がっていました

 

blank
さるたろ
いやーー嬉しい!

 

妻に、何度も「ありがとう」と感謝の言葉を送った。そして気持ちよく布団に入り、気持ちよく寝ることにした。

 

 

23時くらいに布団に入って、24時くらいに眠り度95%くらいに到達したころ。

 

 

(こーーー)

 

 

僕は異変に気が付いた

 

 

 

(ふーーーー)

 

 

ん? なんだ?

 

 

気のせいか…。

 

 

(こーーーー)

 

 

いや。何か聞こえる

 

 

(ふうーーーーーー)

 

 

 

こ、これは、妻の呼吸だ。

 

 

 

ちょっと妻の顔を覗いでみよう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pati

 

 

 

 

 

 

これは、ひょっとして、全集中の妻の呼吸じゃないのか

 

100%を超えようとしているんだ。ぜったい「1%」だ。

 

妻は100%を超えて、101%になろうとしている。そうなってしまったら、勝つことはできない。

 

101%の妻になってしまったら、僕の力では勝つことはできない。100%中の100%を超えている

 

妻が小さい声で呟いた…。

 

 

 

携帯の

 

契約

 

内容が

 

納得

 

 

 

 

 

blank
さるたろ
ああ。101%になった

 

 

 

そこからというもの…。

 

24時にもう一度家族会議を開くことになった。

 

勝負は見えている。そんな話などどうでもいい60%の男と、101%になってしまった妻。←勝てない

 

24時から会議をして、

 

  • 契約内容にデメリットはないか
  • 本当にこの契約内容がベストなのか
  • この他にいいプランはないの

 

結局、朝の3時まで議論をする事になった。

 

blank
さるたろ
マジで細かい!!

 

この議論で決まった事は、もう一度、徹底的に調べてみることに。

 

契約してからの8日間キャンセルの間に、もう一度冷静になって調査して考え直すべきという結論になった。

 

 

妻が細かいからマジで疲れるけど、限界からの「行動」が全て変える

blank

僕は会議の翌日、101%の妻の事を考えた。

 

初めは妻が細かいから、マジでめんどくせぇなって思いました。でも、妻は「本当にいい決断をしたい」と強く思っているんです

 

これは凄いことだと思いました。

 

僕は40%をサボって楽をして安易な契約をしようとしている。妻のように少し細かくがんばってみようと思いました。

 

僕の限界が60%なら、80%くらいまで考えてみよう。ちょっと頑張ってみた時、世界が変わった感じがしました

 

僕は、色んな携帯について、業界について、プランについて、調べまくった。

 

blank
さるたろ
情報が出る、出る、そして知らなかった事実が出る出る、

 

人間、やったと思ってても抜け漏れがある。調べたと思ってても、調べきれてない事がある。絶対に穴がある。

 

それを埋めるためには、限界だと思ってからの「行動」がカギだと思った。

 

結果的に僕たちが決断したプランよりも、更に自分たちにメリットがある契約方法がみつかった!

 

 

妻が細かいからマジで疲れる【その細かさから、学ぼう】←まとめ

 

細かい妻を否定していました。でも細かいから良いこともあります

 

僕は凄く学べました。細かいからこそ、今より良いものに出会えたりします

 

世の中、自分が思っているよりも情報があります。知らない事が多いです。だから調べないと「良い決断」が出来なくなる。

 

どうせ生きているんなら、より良い物を、より良いプランで契約していったほうが頭がいいと思うんですよね。

 

僕は101%の妻から学びました。

 

どんだけ辛くて、しんどくても、安易な決断をしない。とことんまで調べる。限界になってから、更に考える。それで良ければ決断する。

 

妻が細かいから、疲れると思ったら、疲れます。

 

妻が細かいから、学べると思えたら、楽です

 

頑張りましょう!!

 

 

じゃつ(^_-)-☆

 

関連記事

-LIFE, 結婚・夫婦
-, , ,

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5