商品プレゼンで圧倒的に成果を出す方法【意識することは1つだけ】

ぶうたろ

会社の商品をプレゼンすることになったんだけど、苦手だよ。

プレゼンしても全然売れないし、どうすれば成果が出るかなー。

 

さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

 

本記事の内容

  • 商品プレゼンで成果を出すには→意識することは1つだけ

 

 

今日は、コレ!!

 

  • 自分のプレゼンは正解なんだろうか
  • 自分のプレゼンは、なんかパッとしない
  • あまり伝わってない気がする

 

僕の体験談をベースに書いてみたいと思います。

 

 

商品プレゼンで圧倒的に成果を出す方法【意識することは1つだけ】

blank

 

商品プレゼンで成果を出す方法で意識することは1つです。

 

聞き手の欲しい情報を的確に提供すること→これです

 

もうコレです。これが出来ないとハッキリ言って、何をしても上手くいきません。

 

失敗する人のほとんどが、自分の伝えたい情報を盛り込んで、プレゼンします。そして聞き手が欲しい情報には触れず一方的にプレゼンを進めます。

 

  • 聞き手が欲しい情報を、的確に提供する→〇
  • 自分が言いたいことを全て提供→✖

 

プレゼンは自分ではなく、相手がどうかです。これが100%大切です

 

 

商品プレゼンで、聞き手の欲しい情報を提供してない例

 

商品プレゼンをする時、聞き手の欲しい情報を無視しているパターン。

 

↓実際にはこのプレゼンパターンが一番多いです

 

blank

 

商品プレゼンをする時に、自分の言いたいことをメインすると、ズレます。

 

大切なことは、あなたの言いたいことではなく聞き手が聞きたいことです

 

もちろん言いたいことを明確にする事は大切なことです。

 

しかし商品プレゼンの場合は、聞き手は興味を持って聞きに来ているので、聞き手の聞きたいことを優先すべきです

 

プレゼンを聞きに来る人が「何を得たい」のかを明確にして、それに答えてあげることです

 

話し手と聞き手にちょっとしたズレが生じてしまうと、商品プレゼンは失敗します

 

 

商品プレゼンで、聞き手の欲しい情報を叶えた例(良い例)

 

商品プレゼンを聞きにくる人が、何を聞きたいのかを事前に考え、それに答えたパターンです

 

blank

 

自分の言いたいこと、気持ちを抑えて聞き手が欲しい情報に特化したプレゼンをする。

 

聞き手が欲しい情報に答えることで、聞き手の気持ちを満たすことができます

 

まず相手の要望を答えることからです。これではじめてスタートラインにつくことができます。

 

  • 商品プレゼンをすることになった
  • 聞きにくる人は、何を聞きたいのかを調査
  • 考えて仮設を立てる
  • 聞き手をイメージしながらプレゼンを準備する
  • 商品プレゼンをする

 

この流れを忘れずに!!

 

 

商品プレゼンで成果を出すには、聞き手の要望に応えてから→言いたいことをいう

 

商品プレゼンで成果を出すには、聞き手の要望にきっちり応える必要があります。

 

要望に応えてから、自分の言いたいことを言ってあげるとメッセージが伝わります。

 

blank

 

聞き手の要望にまずは答えてあげる。知りたい情報を全て、もれなく提供して聞き手の心を満たしてあげる!

 

それをしてあげた上で、自分の伝えたい事をプラスする。これが聞き手が影響されるポイントです。

 

聞きたい内容を提供するだけではなく、満たしてあげることで本当に言いたいことが響きます。

 

プレゼンでもなんでもそうですが、本当に何か伝えたかったり、何かを実現したいなら、

 

自分の言いたいこと、自分のしたいこと、それを優先しても誰も言うこと聞いてくれません。

 

まずは相手のために動いたり、相手の気持ちを満たしてあげて、はじめて自分のことを聞いてくれます

 

商品プレゼンも同じ原理がはたらきます。相手が聞きたいことを満たして→自分の言いたいことです

 

 

商品プレゼンでの効果的なメッセージの伝え方

 

ここまで、どうでしょう

 

自分がプレゼンを出来ているのか不安だとか、出来ているのか解らないって方は

 

聞き手の要望に100%応えたうえでメッセージを伝えると上手くいきます

 

メッセージをどうのようにしたら効果的に伝わっていくのかを解説します

 

言いたいことを直接言うのでは不十分です

 

言いたいことを言うのは凄く大切です。でもこれでは不十分です

 

メッセージは伝えないよりも伝えたほうがいいに決まってますが、効果的ではないんです!

 

直接凄いですではなく→凄いと気づいてもらうことです

 

聞き手に、自分の言いたいことを「気付いてもらう」

 

これが一番効果的なメッセージです。

 

例えば何かの商品説明を売りたいプレゼンをしたとします

 

blank

 

直接的に凄いんです!!!

 

って言ってもあまり効果的ではありません。

 

 

blank

 

直接凄いと伝えるのではなく、いろんな情報を提供することで、

 

結果的に、聞き手が「凄い商品だな」と気づいてもらうことが、最強のメッセージです

 

だからこそ直接言うのではなく気付いてもらうプレゼンをするべきなんです

 

気づいてもらうためには、まず聞き手の要望にきっちり応えてあげることです。

 

伝えるためのノウハウはこちら⇒伝わる話の組み立て方にて更に深掘りしています

 

 

商品プレゼンで圧倒的に成果を出す方法【意識することは1つだけ】→まとめ

 

意識することは1つ→聞き手の要望に応えることです

 

聞き手を満足させてから、こちらの伝えたい事を言う。

 

プレゼン全体で商品の凄さを伝え、聞き手に気付いてもらう。

 

これがプレゼンの極意です!!

 

 

↓こちらの本はシンプルに伝えるノウハウが満載です!!

 

関連記事

-LIFE, プレゼンスキル
-, , , ,

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5