リーダーシップ 人材育成

間違った 報 連 相 とは?【部下がダメになる5つの理由】

間違った無駄な報連相が部下ををダメにするから今すぐ廃止すべき

 

どうもさるたろです。

 

社会人になったら、まず上司から言われることがあります。それはたぶん…

 

報 連 相を徹底しなさい

 

だと思います。間違った報連相が部下をダメにすることを知っておいて欲しいです

 

間違った 報 連 相 とは?【部下がダメになる5つの理由】

 

報告、連絡、相談、が大切だ。何でお前は「報・連・相」ができないんだ。

 

最近の若い奴は、報連相の徹底が出来てない…。

 

っておっさん達が言うてるのを聞いたことありませんか?

 

blank
ぶうたろ
報連相言いたいだけだろ。

 

報連相することへの執着心が半端じゃなくて鬱陶しいですよね。

 

間違って報連相を遣っています。考えるべきは、その報連相は必要なのかってことです

 

 

報連相とは本当に必要なものか、報連相が部下をダメにする理由を5つあげます。

 

 

 

そもそも報連相とは…? 必要なのか?

blank

そもそも報連相って必要なのかって話です。

 

blank
ぶうたろ
必要ねーよ。めんどくせー

 

必要かどうかよりも、報連相を勘違いしている人が圧倒的に多いと思います。

 

仕事をするうえで、「報告・連絡・相談」というのはある一定の事に対してだけは絶対に必要だと思います。

 

それ以外は一切報連相をする必要はないです。

 

報連相が必要は項目はこれです

 

  • 費用がかかる事
  • クレームが起きてしまった時
  • チームで連携して動いている時の進捗状況

 

blank
さるたろ
常識的に報連相はこれだけでいい

 

これ以外の報連相は全く必要ない。報連相をすればするほどダメな組織になり、ダメ人間になる。

 

 

報連相とは、むやみやたらするものではない

 

何でもかんでも、報連相をしなければならない文化はなくすべきです。

 

報連相をする事によって、組織における無駄が生じます。更には人間的に成長をストップさせてしまう恐れもあります。

 

なぜ報連相が必要ないのか、5つの理由から詳しく説明していきます。

 

報連相は必要な事だけでいいです。

 

 

 

理由①:報連相をする事で、責任から逃れて甘えてしまう!

blank

何かあれば、報告する。トラブルが起こりそうなら連絡する。

 

そして物事を進めるにあたり何度も何度も上司に相談する。さらに、起きたこと全てを報告する。

 

起きたこと全てではなくて、必要なことを整理して報告しないと意味ありません

 

blank
ぶうたろ
どんだけ報連相させんだよ

 

上司の立場からしたら、良い部下です。なーんでも細かく報連相してくれるから。

 

部下は上司に報連相を繰り返す事で大切なものを失っています

 

報連相をする事で、無意識に責任から逃げています

 

上司に報告して、上司に連絡して、何でも上司に相談する

 

  • 失敗しても上司の考えだから仕方がない
  • 失敗しても自分が決断したことではない

 

無意識に思っています。報連相をすることによって、自分が責任から逃げている事に気が付かないんです。

 

blank
ぶうたろ
逃げてんだよ。お前は。

 

俺じゃない。これは上司の判断だから…。

 

人間として成長させたいなら、自分で考えて、自分で答えを出して、自分で決断して行動させる

 

この一連の流れを経験させないと成長しません。報連相は一連の流れの中でお金がかかること、クレームがあった時、チームでやる場合は、途中経過のみに絞る

 

blank
ぶうたろ
頭で考えずに、なんでもかんでも報連相すればいいってもんではない
blank
さるたろ
必要以上に報連相しずぎだよね

 

 

 

理由②:報連相を言い訳にして、結果を追い求めなくなる

blank

仕事は全て結果です。みんなボランティアでやってるワケではないですよね

 

結果を出さない人材は必要ないです。結果とは、数字だけではなく、何かしらの『目に見えない成果』も含まれます。

 

しかし日本の企業は、プロセスを重んじる傾向があります。 正直プロセスは結果を出さないと意味がないです。

 

アホな上司がいいます。

 

  • 途中経過を報告しろ
  • 何かあったら細かく連絡しろ
  • 一人で考えず相談しろ

 

blank
ぶうたろ
うぜーな。

 

無能なリーダーほど、報連相が好きです。

 

報連相を重視して、従順に動く部下ばっかりになったって仕方ないし、アンタが無能だから管理して安心したいだけなんです

ビジネスマンは結果を出すべきなんです。報連相を徹底するのが仕事ではないです。

 

ゴールは成果です。結果です。報連相ではないんです。それを忘れてはだめで、

 

成果を出すために、報連相は必要最低限にしてほうが効率的だし、部下が自分で考えるようになります

 

報連相ではなく、どうしたら成果を出せるのか必死で考えさせる

 

上司に報連相をする暇があったら、必死で成果を出すための行動を考えるべきなんです。

 

報連相を大切にしても、上司から良いアドバイスを貰えるとも限りません。

 

報連相をする事によって、余計な仕事が増えたり、上司の言いなりに行動しないといけなくなります。

上司がいいアドバイスが出来るのか疑問です。聞くだけ時間の無駄だったりします

 

人間が集団で生きてゆくにあたってもっとも肝心なことは、ひとりひとりの人間の柔軟な感性と個性に対応できるようなシステムが保証されていることである。 *カール・ハインリッヒ・マルクスの言葉より引用

 

本質は結果を出すことです。その為には、個人の感性を出すこと。その為に必要なシステムを構築すること。

 

その仕組みは、報連相ではないです。報連相をすることにより「個性」が死ぬ可能性があります。

 

上司に相談することで、上司の意見が反映されて、結果的に上手くいかない場合もあります

 

 

理由③:報連相により無駄な時間が増え、やるべき事に集中できなくなる

blank

上司が、部下の行動を把握したいばっかりに、

 

  • 細かく報連相をしてくれ
  • 毎日、夕方に進捗ミーティングをする
  • 報告書を作成して提出してくれ
  • 進捗管理表を作ったから、そこに記入してくれ

 

あのね? どれだけ報連相をさせるんだい?上司に対して報連相する為の業務が多すぎます。

 

報連相するための仕事が増えすぎてしまって、報連相が仕事になっています。やるべき事は報連相ではなく、成果を上げることです

 

報連相をすることが業務なんですか? 会社が向かっていくビジョンを叶えたり、チームが追っている目標を達成するのが仕事です

 

報連相を勘違いして使いすぎなんです。部下を管理しようとせず、信じて部下に任せたほうがいいです。ポイントで関わっていけばいい

 

 

blank
ぶうたろ
いちいち聞いてくんな。任せとけよ

 

 

 

理由④:報連相しまくると、決断力が低下する

blank

今や報連相の徹底が、日本企業に浸透しすぎています

 

報連相をすることで、常に誰かの意見やアドバイスをもらうことになります。

 

上司に相談することによって、自分で考え、自分で決断することがなくなります

 

blank
ぶうたろ
ダメ人間になるぞ

 

常に誰かの意見を聞いて行動するようになります。自分で決断することができなくなり、なんでも人に頼るようになります。

 

人は決断をすること成長します。自分で考えて何かを決めなければ意味ありません。

 

失敗しても誰かの責任にすればいいから、常に逃げの姿勢で生活することになるからです。

 

仕事はゴールが決まっています。そのゴールに向かってどの道でいくのかは自分が決めなければ意味はありません

考えて、決断し、そして失敗し、また考え、決断し、そして成功する。すべて自分でやらないと全く意味がありません

 

自分で決断できない人間は一生逃げる人生です。上司に相談しすぎて決断の機会をなくしています

 

blank
さるたろ
リスクがないと人間成長しない

 

 

 

理由⑤:良い結果の報連相はする、悪い報連相はしない

blank

報連相で一番問題なのが、本当に真実を言ってくれているのかです

 

部下も人間です。都合が悪い内容のものは報告したくありません。上司も部下に対して高圧的な態度をとっていた場合。よく見せるためにウソつきます

 

ウソばかりです

 

  • 部長、来週でアポがとれました
  • 30件、訪問してきました
  • パンフレットを受け取ってもらえました

 

はい、全部ウソです

 

報連相は、目標を達成するために必要なものです、しかし真実を言ってくれないのであれば、報連相をする意味がありません。

 

人は、ほぼウソをつきます

 

blank
ぶうたろ
報連相なんて嘘ばかりだろ

 

 

良い内容の物だけは自信満々に報連相。でも悪い内容の物はすべてを報連相しません。

 

 

 

まとめ→報連相とは上司がするものです

いかがでしょうか?

 

報連相を徹底することはデメリットのほうが大きいような気がしますよね。僕も新入社員の頃、報連相の徹底を強要されていました。

 

とにかく細かく報連相をすることの無意味さを身に染みて痛感しました。

 

報連相とは、部下ではなく上司が部下にするものです

 

blank
ぶうたろ
上司のテメーが報連相しろや

 

会社は上にいくほど、情報をもっています。事業の方向性や計画など部下は知りません。

 

上司が下の人に対して、会社がどうなっていくのか、何がしたいのか、今どうなっているのか報連相しないのに、部下は何を目指せばいいんですか?

 

これをしないのに、部下には報連相しろと言う。何をベースに部下は報連相すればいいのか不明です。

 

blank
さるたろ
良い組織ほど上司から部下に報連相してるよ

 

上司が部下に報連相をすることで、部下は勝手に動いてくれます。

 

上司が、細かく報連相を怠っているから上手く会社が回っていかないんです。

 

部下からのムダな報連相を一掃して、上司から部下に対して報連相をしてあげて欲しいなって思います!

 

っという事でもっと自由に個性を出せる環境をつくっていきましょうよ

 

じゃっ(^_-)-☆

 

-リーダーシップ, 人材育成
-, , , ,

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5