仕事ノウハウ系

【会話が続かない…】それは質問の仕方に問題がある!人に質問する時に気を付ける事。ストレートな聞き方は気を付けたほうがいいと思う。

投稿日:2016-12-19 更新日:

さるたろです。

「プレゼン先生さるたろ」のブログに来てくださり、ありがとうございます。ちょっとでもいいので見ていってくださいね☆

 

今回は、会話が続かない方へ、質問の仕方に問題があるかもって話。

 

質問って凄く重要で、会話のきっかけになったり会話を膨らませたりと大きな役割があります。質問の良し悪しで会話の展開が決まるし、「この人は話しやすい」かどうかが決まります。

質問ってビジネスシーンやプライベートで、とにかく重要性が高いものです。変な質問はダメってことです。とくにあの質問です。

 

 

 

「なんで元気ないの?」

 

って質問。

 

 

 

 

 

生理現象だからねっ

 

元気でないから、元気じゃねーんだよっ。そんな質問なげてくんな。めんどくさい。なんだその質問は、元気がないの? って聞かれても答えづらいしね。なんて答えたらいいの?

 

いやー、なんか気分が乗らなくて会社休もうかと思ったけどさ、頑張って会社にきてさ、会社に来ただけでも自分を褒めてやりたいって思っているのにさ、朝一で一番出会いたくなかったテンションが高い君に、バッタリ会ってしまった僕は、ちょっと君のテンションに付いていけなくて、ああ、朝から疲れるな…。

 

って心のどこかで一言漏らしているときに、、

 

「なんで元気ないの?」って

 

 

 

 

は?

お前のせーだよっ「答えづらい」

 

 

テンションが高い君とは、出来れば朝ではなく、昼から会うと凄い楽しいんだけど、朝は相性悪いんだよね。朝会っちゃったから、元気が出なかったんだよねーーー

 

 

って言えないでしょ。人間元気が出ない時あるし、気持ちなんてムラがあって当たり前。どうしようもない事に対しての質問って答えにくいよね「。気を付けるべきだと思う

 

 

「なんでお前、男なの?」

 

って言われてるのと同じことだと思う。

 

 

子供がするような質問を大人がしたら「答えづらい」

子供は疑問に思ったことを、そのまま口にするよね。大人がそれしたら「答えづらい」質問になってしまう。

 

子供は、素直にストレートな質問をしますよね。

 

「なんで空は青いの?」

「人間はなぜ空を飛べないの?」

 

「僕はどうやって生まれたの?」あっ。それ。「答えづらい」

 

 

ストレートな質問って本当に「答えづらい」ものですよね。でも子供だから可愛いなって思えるけど、同じような質問を大人がしたら変だよね。

 

「なんで元気ないの?」 

 

いやだからさ…

 

 

「今日は、なんで青い服を着てきたの?」

う~ん、理由ないし

 

「なんで?」

「なんで?」

 

 

 

 

 

 

うっせ―

 

 

答えづらい質問ってこんな感じ

 

いろんなシーンで答えづらいなって思う場面があります。なんでその質問をしてきたの?

 

ちょっとオシャレしてみた時

 

今日はBBQだ。外は晴れ。結構な日差しだ。ちょっといつもと違う自分を演出したいと思っている。
サングラスをかけていこう。オシャレだな。うん似合っていると思う。よし、会場についた。いい感じでUVカットしてる。

 

 

「なんで今日サングラスなん?」

 

あ、うん。眩しいから…

 

ホントは違う自分を演出したいし、オシャレだと思っているけど、「答えづらい」

 

別に質問する必要なんてないですよね。だって本人がオシャレだと思ってかけているんだもの。わざわざ聞く必要ありますか。そっとしておきましょうよ。

 

サングラスをかけてきた事に対して質問をしても仕方ない

 

 

ちょっとイメチェンしてみた時

髪も伸びてきたから、髪を切りたいな。ここ最近同じような髪型にしているからイメチェンしたいな。芸能人の、アノ人の髪型カッコイイな。僕もあの感じで短めにしてカッコよくなりたい。チョキチョキ。いい感じ

 

 

 

「なんで髪、短くしたの?」

 

あ、うん。長いの鬱陶しいから…

 

もう聞かなくてよくない?

 

芸能人のアノ人みたいになりたくて、髪の毛切って、ちょっと似合っていると思ってるとか言いえないでしょ。「答えづらい」よ。

 

ちょっと売上諦めてみた時

今月、俺の営業成績やべーな。自分の担当しているお客さんは小規模の所が多いし時期的に売れないよな・・。やる事はやったしな。もう今月は仕方ないよな。来月で挽回しよう。上司には謝るしかないよね。

 

 

「なんで達成できないの?」

 

 

いやああああああああーーーー

 

 

ストレートな質問をしても、良い答えが返ってくるとは思えないんですよね。だって明確な理由があるワケではないから。

 

 

質問は、「相手が答えやすい」ようにすべき

 

自分が疑問に思ったままストレートな質問を投げてはダメだと思う。相手の立場に立った考え方が凄く大切。質問は「相手が答えやすい」がどうかが重要だと思う。

 

質問に対する答えを期待するなら、

自分の質問の質を上げるしかないと思う。

 

答えづらい質問をされた人間は、「どうでもいい回答」しかしないってことです。本当にコミュニケーションを取りたいのであれば、相手が答えやすいように質問をしないといけないんです。

答えやすい質問ってどんなもんか考えてみましょうよ。

 

 

答えやすい質問ってどんなもの?

 

有名なところで、「オープン質問」か「クローズ質問」ってあります。

 

「〇〇に対してあなたはどう思う?」ってオープンな質問。

⇒回答も自由度が高い。何を答えてもいい。

 

「〇〇に対して〇〇ですよね?」ってクローズな質問。

⇒限定的にされるので、yesかnoしかない。

 

これを使い分けながらって話が多いと思う。僕はこの2つじゃもの足りないと思う。

 

質問には、必ず自分の意見を添えるべき

 

上で書いた「オープン質問」も「クローズ質問」も、そのまま使ったのでは不十分。

 

必ず自分の意見を添える

 

その方が相手は答えやすくなります。

 

オープン質問を更に答えやすく

 

回答に自由度が高いオープン質問ですが、ただオープンな質問をしても、まだ答えづらいです。例えば、

 

犬を飼うメリットってどんなものがあると思う?

⇒これでは、1から自分で考えて答えないといけないし、犬を飼うメリットを答えるのは恥ずかしいかもしれないでしょ?

 

 

自分の意見を添える、

 

僕は犬を買ったら、あのつぶらな瞳がたまらなく可愛いと思うから癒される。家に早く帰りたいと思う。

いつも会社帰りに居酒屋で一杯やってから帰るけど、癒される為に居酒屋に行かなくなるから、節約できるメリットがあると思うんだ。

 

なんか他に犬を飼うメリットってどんなものがあると思う?

 

⇒メリットに対しての「例」を上げているからイメージし易いし、ちょっと奇抜な意見を敢えて言うと、回答の自由度があがる。

質問者の方が、恥ずかしい意見を言うと、回答するほうも答えやすくなるよね。

 

クローズ質問には逃げ道を添えるべき

 

クローズ質問は限定的です。yesかnoになります。質問された方は必ず答えないといけない立場になります。攻撃的なイメージが強い質問になります。

 

例えば、

 

「来週の週末空いてる?」yes?、no?

⇒この質問されると困る。もし週末空いてるって回答した場合。後に出てくる「事実」がとんでもなかった場合、最悪な結果になる。

 

「来週の週末空いてる?」

 

「空いてます(yes)」

 

「じゃっ、お客さんとゴルフいこう」

 

「げっ。。。。は、はい」

 

 

 

最悪だ…行きたくなかったよ…

 

これは相手の回答に配慮してないですよね。だから「答えづらい」

 

逃げ道を添えるべき、

「来週の週末は、お客さんからゴルフの招待受けているんだけど、週末空いてる?」

「すみません。家族で予定を入れてしまっていて…(嘘)」

 

相手に選択する逃げ道を与えないと、後から出てくる「事実」が恐くて回答できないよね。クローズ質問には逃げ道を添えないといけないよね。

特にプライベートになればなるほど、クローズ質問には気をつけないと、「付き合いたくない」って事になりかねないよ。
一種の詐欺みたいなものだよね。

 

まとめ

 

質問は、「配慮」が大切だってこと。

自分の聞きたいことをストレートにするのではなくて、

 

自分の質問には配慮があるのか

 

ってことを意識すべきだと思うんです。

 

「なんで元気ないの?」

「なんで、その服着てきたの?」

「なんで?」

「なんで?」

 

いやーーーーもう「答えづらい」

 

 

 

ってことでトイレ行って寝ます。

なんでトイレ行って寝るのか質問しないでね。。。

 

じゃっ(^_-)-☆

おすすめ転職サイト

関連記事

-仕事ノウハウ系
-, , , ,

Copyright© プレゼン先生さるたろ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.