仕事をする上で大事なこと【昔の上司が教えてくれた、4つのこと】

どうもさるたろです。

 

仕事をする上で大事なことってありますよね。昔の上司が僕に教えてくれたことが、今でも心に残っています。

 

僕にとって大事なことなのですが、皆さんにも役に立つかもしれません。参考になれば嬉しいです。

 

 

 

仕事をする上で、大事なこと【昔の上司が教えてくれた、4つのこと】

僕がまだ23歳くらいの時の話です。入社した会社に、めっちゃ癖のある上司がいました。

 

めっちゃ仕事ができて要求も高い人でした。そんな人が僕に厳しく言ってくれたことは「在り方」でした。

 

今になって感じますが、仕事のノウハウとかではなくて、ビジネスマンとしての在り方、人としての在り方が何よりも大切なことだと通関しています

 

 

仕事で上手くいかない時など、僕は原点に帰るようにしています。僕が今でも大切にしている4つを紹介します

 

 

仕事で大事なこと【提出物の納期】→期限を2時間遅れてしまった話

 

僕が新入社員の頃、最初の壁が『納期』でした。社会人なると納期って凄く大事だし、先輩達かもうるさく言われます。

 

その時の僕はこう思っていました。

 

  • 提出物が多すぎる
  • 提出するほうも大変なんだよ
  • 提出物が多すぎて、それぞれの納期なんて忘れるよ

 

納期を勝手に決めて、押しつけてくんなよ。

 

あ~めんどくせぇ!!

 

こんな感じで僕はまさに、学生から抜け出せない新入社員でした。最悪ですよね

 

 

そんな僕に、総務部から『年末調整』の書類を書いて提出しなさいとお達しがありました。

 

もちろん、納期も指定された。

 

僕は、年末調整に必要な書類が細かすぎて、頭がショートした。何を提出するの? 何を書けばいいの? 

 

わけわかんねー→そのまま放置…。

 

すると総務から僕と僕の上司に連絡があった。

 

まださるたろ君が提出されてないようです。それプラス嫌み的なのをチクチク言いやがった

 

 

 

それに対して、僕は上司に言いました。

 

「今まで納期を忘れたことないのに、ただ1回忘れたくらいで…。しかもまだ2時間しか経ってないですよ」

 

すると上司が僕に一言

 

※※「意見を言っていい奴は、全てを完璧にしている人だよ!!」

 

誰からも指摘をされない、注意をされないくらい全ての事を完璧にしろ。それでやっと意見が言えるようになる。

 

納期忘れたのは1回だけど、1回ミスしたら凡人やで。完璧にして、誰からも指摘されない人間になれ!

 

blank
さるたろ
せ、、、先輩~!!

 

 

 

仕事で大事なこと【付き合い】→先輩からの誘いは断らず生活してた時

 

社会人って『付き合い』がありますよね?

 

上司や先輩社員からの誘いはYESしかない。断るなんてありえませんよ。

 

などと思って自分のプライベートな時間を無視してすべて参加していた。

 

  • 飲み会にいくYO!
  • そして二次会もいくYO!
  • さらにラーメンを食うYO!
  • 休日にゴルフ行くYO!
  • BBQに行くYO!
  • なんでも行くYO!
  • とにかく参加だYO!
  • しんどいけど参加だYO!
  • そうさ、俺は会社の犬だYO!

 

blank
ぶうたろ
YO!
blank
ぶうたろ
すべてYESマンだYO!

 

 

とある日、僕はいつものように先輩に誘われて飲みにいった。

 

その日は先輩のストレスがMAXの日だった為、いつもより酒がすすんで、めっちゃ飲んだ。

 

2次会にいって、テキーラを連発。テキーラなんて初めて飲んだけど、凄い酒だった。

 

blank
さるたろ
ぐっ

 

 

初めて記憶を失った

 

次の日、僕は生まれてはじめて会社を遅刻してしまった。

 

その時、上司から言われた!

 

※※「お前は利用されてるんだよ? お前を誘う先輩は、お前をいじって面白いだろうけど、お前の生活ボロボロだろ?」

 

「こうして遅刻しても、力になってくれるワケではないし、もし酔っ払って怪我しても守ってくれないよ」

 

「お前が大切にしないといけないのは、上司でも先輩でもない! 奥さんだろ!」

 

そうだよね…。自分が体壊しても誰も助けてくれるワケないし結局、僕を利用して楽しんでるだけ。

 

本当に何かあった時に助けてくれる存在は「自分の奥さん」だけ。

 

生活を改めよう

 

 

 

仕事で大事なこと【社内営業】→必死で媚びを売ってた時

 

僕が新人の頃。歴史の長い会社で働いてた。イメージ通りのザ・サラリーマン。

 

係長、課長、マネージャー、支店長、事業部長と役職を持った人間が権力を振りかざす世界。

 

会社の箱の中にいる時は偉いけど、箱から出たらただのおっさんだけど、そんな人達が偉そうにする世界。

 

僕がいた会社は権力を持った人への社内営業が凄かった。顧客よりも部長に営業した。上の人から気に入られることが正義で、それが生き残る方法だった。

 

そんな中、僕の上司だけ違った。自分より結構偉いであろう人物に対して…。そこまでガツガツいくのってくらい意見をバンバン言ってた。

 

「それ、おかしいと思います。」

「こうしたほうがいいと思う。」

 

僕はハラハラした。なんでもYESマンになるのが会社だと思っていたから。それが社内営業ってもんだと思っていた。

 

僕はタイミングを見て上司に聞いてみた。なんでそんなに、偉い人に対しても偉そうなんですか?(笑)

 

そしたら上司が一言くれた。

 

 

※※俺の軸は第一に家族。そのあとに会社だからね!!

だから別に自分が会社クビになってもいいって思ってるし家族を軸だから、上司とかどうでもいいわけ。

 

家族を1番に考えられるように、クビになってもいいように、逃げ道を常に用意しているんだよ!

 

blank
さるたろ
ほ~う。

 

みんな会社にしがみつく中でしがみつかない生き方をしろって言われた気がした。スキルを身に付け、財産を築いて会社に依存しない生き方!

 

blank
さるたろ
憧れだ!!!

 

 

 

仕事で大事なこと【契約書、申込書の取り交わし】→他人に任せた話

 

僕が社会人になって3年くらいが経った頃、いろんな重要な場面に出くわす時があった。

 

営業をしていたので、営業の重要な場面って数字を取る瞬間。僕の会社は契約をとった商品を、お客様が注文してくれて初めて数字になる!

 

ある日、僕は契約を取ってきた。

 

月末のぎりぎりのタイミングでやったぞと有頂天になっていた。他の先輩も喜んでいた。そんな中、上司だけ不機嫌そうな顔をしてた。

 

すると上司が僕にお疲れ様と、更に一言。

 

数字はいつ上がる?お客様が注文をするタイミング)

 

僕は言った。

 

「そうですね、たぶん1時間後くらいには…。」

 

その時に上司が一言くれた。

 

 

※※最後の重要な仕事は全部お前自身の手でやれ! 他人に委ねるな!

 

お前の仕事は、契約ではなく、数字を上げる事だ。お客様が注文しないと数字は上がらないだろ。

 

最後の重要な仕事⇒注文をする場面を自分の目で確かめるか、もしくは自分が代理で注文するくらい責任を持て!

 

最後のタイミングで人に任せるな!

 

 

blank
さるたろ
は、はい。

 

そうか僕は100%ではなかった。最後のところを人に委ねていた。重要な仕事を、自分自身の手で行っていなかった。

 

それから僕は大切なタイミングでの書類や、重要な契約書類関係は、全て人に任せず、自分自身の手で確実に実行するか目で確かめるようにした。

 

 

 

仕事をする上で大事なこと→まとめ

いかがでしたか?

 

僕は上司から凄く大事なものを教えて頂いたと思っています。仕事をする上での在り方、生きて行く上での在り方って凄く大切だと思っています

 

仕事はノウハウではなく、どういう気持ちで取り組むか、何を大切に仕事するか、どんな生き方をするかが大事だと思う

 

昔の上司にいつかお礼がしたいなと思います

 

ではでは、またね

 

 

blankblank

関連記事

-LIFE, 仕事
-, , ,

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5