仕事ノウハウ系

マジでどうすればいいの?一瞬で人生の答えを見つける方法「正負の法則」を紹介!!

投稿日:2017-03-01 更新日:

本気で人生悩んでいる人へ、僕の人生を変えてくれた本を紹介する!!全てを円滑にするために必要な考え方って話ですが、

何をしても上手くいかない。会社で人間関係が何となく上手くいかない。家庭でも何となくギクシャクする。自分自身の気持ちも不安定。

 

いや~なんか上手くいかない。

 

そんな時ありませんか?上手くいかない時期って何をしてもダメダメ。しかも不運な事ばかり押し寄せてくる感じ。そんで占いとか、風水的な事を気にしだす。

 

 

「ああ…やっぱりねっ。今年は駄目な年って言ってたし」

 

 

だって占いで書いてあったもの…。

 

だからなんだよ?!

 

 

これは違うと思うよ。確かに風水的に運気の流れはあると思います。でも1つ駄目な事があったからって、占いで書いてあったからって、1年全部諦めるのは、おかしいでしょ。そんなものに振り回されず自分自身でコントロールしていくべきだと思うんです。

 

結論から言いますと「全てはバランスである」という事。

 

「正」と「負」は必ず一定である。

 

今回は、何か上手くいかないって方の為に「バランスを意識する」という考え方について書きます。

 

 

ある「本」が僕の人生を大きく変えてくれた

 

僕は漫画が好きで「本」が嫌いです。同じような考え方の人沢山いると思います。知ってますよ。「本」読めば何となく成長するし、成長したような気分になることくらい。

 

でもなかなか「本」をガッツリ読むのは難しいです。だから僕は「本」が嫌いなんです。

 

そんな僕も、人生でとにかく悩んだ時がありました。まあ、今も悩んでいるけど…。

 

結婚して家族を持った。仕事は何となく平凡。別に活躍してるわけでもなく、輝いているわけでもない。お金も生活費くらい。とりあえず僕の人生の先が予測できた。予測できた瞬間に、

 

なんて、つまらん人生だ。

 

と物凄い不安感に襲われた。このモヤモヤした期間が6年。この6年何にもせずただ毎日が過ぎるだけだった。なんかこのまま生きていくのは、生き地獄だ。この現状を何とかして変えなければ…。

 

そこで嫌いだった「本」を読みまくってやると決意し。当時カフェと本が一緒になってるお店でコーヒー買えば好きな「本」読み放題って何とも嬉しいサービスがあったので、

 

土、日で5冊を目標にコーヒー1杯で粘った。それを半年くらい繰り返した。←迷惑な客(笑)

 

人間本気になると変われるものだと思う。本が嫌いでも何とかなるもの。そして僕はある「本」に出会いました。僕にとっては人生に影響を与えてくれた本で、今でも読んだりしている。

この本が言いたいこと、それは、

「この世はバランスで出来てるよ」という事。

 

物事すべてにバランスがあり、バランスを意識することによって自分自身をコントロールできるって事。だからプラスでも、マイナスでもなく。常に「0」にいることが大切。

 

人生のある一部分ーーー経済面、仕事、人間関係ーーーでうぬぼれていい気になったその瞬間、謙虚にならざるを得ない事態が発生したことがありませんか?
出典:正負の法則 (P78より引用)

 

プラス方向に行けば、プラスに行ったと同時に「マイナス」が生じているよって事。地球に存在している以上、「バランス」からは逃れられない。

 

負よりも多くの正を感じるときには、正よりも多くの負を感じる状況を引き寄せて、バランスを取り戻すのです。
出典:正負の法則(P78より引用)

 

この考え方は生活でいろんな場面で役に立ちます。人生のいろんな場面で役に立ちます。
この「本」に凄く感謝しています。

 

この本で紹介されている「バランス」を紹介

世の中は正と負です。プラスとマイナスがしっかりと一定でバランスを保っている。
それは、自分自身の中にも存在している。自分にとってプラス面もマイナス面も、認めないといけないって事。

 

喜び・悲しみ

負よりも正のほうが多いと思うとき、あなたは自らの体験の半分を否定して、その側面を認めていないのです。

皮肉なことに、自分にあると認めないものが何であれ、あなたはそれを何らかのかたちで自らの人生の中に招いているのです。

自分が否定した部分を持つ人と結婚したり、ビジネスパートナーにしたり、顧客や友人として引き寄せたりします。

 

出典:正負の法則(P80、81より引用)

 

実際に凄く納得した部分である。自分が否定しているものは、すべて自分が引き寄せている。けっこうこんな事ありますよね…。全てに感謝して、すべてを愛することによって「バランス」が生まれ。すべてが満たされるという考え方。

 

存在の半分を否定すると、満たされることは不可能だからです。一方の面だけでは半分しか満たされません。

出典:正負の法則(P81より引用)

 

苦痛・快楽

私たちはみな楽しさと苦しさの両方の感情を感じます。苦しさよりも楽しさが多いと思っているときは、あなたは幻想の世界に生きているということです。

楽しさよりも苦しさの方が多い、自分はたったいま苦しんでいる、と思う時は必ず錯覚なのです。

出典:正負の法則(P81、82より引用)

 

 

自分は楽しい。とにかく満たされている。俺って人生の勝ち組だよね!!

 

と勘違いをしている人、これは幻想の世界にいるってこと。幻想の世界でいきていくと。大きな落とし穴があるよってこと。
すごい有名になった人で一世を風靡した人でも、幻想の世界に入ってしまって一気に転落していく様をTVやNEWSで目にしていると思います。

 

また悲劇のヒロインみたいに、僕は今世界一悲劇な人間だあああーーー。俺は誰よりも辛いし、仕事もスッゲー頑張ってるのに、だれも評価してくれない。

なんてことだあああーーー

 

これは錯覚しているよってことで。世の中上には上がいて、アナタよりも努力して辛い状況の人はいるよってこと。
冷静になってごらんなさいよってこと。

 

正と負は完全な両面

コインには表と裏の両面があります。あなたは正である表面だけを求めて負である裏面は欲しくないと思うかもしれません。しかし正だけを求めて負を避けようとすると、自尊心を育むために必要なコインは手に入れることはできません。

出典:正負の法則(P83より引用)

 

人間って快楽を求めて生きていくほうが楽ですし、苦痛なんて嫌です。

だから俺は楽して金稼ぐ!!

この考えが普通だと思う。だって苦痛は嫌だしね。

苦痛も快楽も両方を同じくらい受け入れるよ!両方を受け入れながら自分の目標をクリアしていくって人は殆どいないですよね。

 

 

あの車/家/仕事/恋人を手に入れたら人生はもっとよくなるに違いない、と考えたことはありますか?何か新しいものを手に入れたら人生が良くなると考えますが、そのような考え方は、正と負を別のかたちに変換するだけ。

欲しいと思っているものを手にしても、予想外の事態や問題点に出くわすことでしょう。

苦のない楽を得ようと考えながら人生を送ると、避けようとしている苦そのものに自分自身を追い込むことになります。

出典:正負の法則(P84より引用)

この世はバランスです。

 

避けようとしたら、逆に自分を追い込んでいるものなんですよ!

絶対に何かの反動があります。すっげ辛いわーーーと思っていても錯覚だし。すっげーー楽だわーーーって思っていても幻想。
すべては両側面がバランスよく存在していることを理解してすべてをしっかりと受け入れて感謝することが大切。

 

 

僕の人生が変わったのは、「目の前の現実」に集中したから!

 

正と負の自動誘導装置が与えられているのです。宇宙のこのすばらしい仕組みを認めて心を開くと、感謝の念が沸いてきます。感謝は心の扉を開く鍵であり、愛という統一場理論があなたの人生を満たします。

感謝は何をしているときでも、あなたを「いま、ここ」に集中させるのです。

出典:正負の法則(P81より引用)

 

この考え方を理解することが大切なんだと感じた。

楽はプラス面。苦はマイナス面。どっちかに偏ると振り子のように戻される!どっちかに意識的に偏るとダメだってこと。

 

楽」や「苦」の両側面をしっかり理解して、それを全て受け入れることができたら、「幻想」や「錯覚」が消える。そうすることで、ハッキリと見えてくるものがある。

 

目の前にある現実です。

 

現実がハッキリと見えます。「幻想」や「錯覚」に惑わされず。目の前の現実を受けりれ、「ココに集中」することが可能になる。集中をすることによって、自分が満たされ、そして得られるものが何杯も違ってくる。

 

一番大切なのは、楽しくても、苦しくても自分を見失うことなく、現実世界を集中して生きろってことなんですね。

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

この記事では、正と負の法則のほんの一部ですが、確実に自分自身に足りない何かを明確にしてくれる本だと思います。

何となく上手くいかない

俺は不幸すぎる

俺はイケすぎてる

と思っているのなら、それは「幻想」や「錯覚」を起こしているだけ。現実が見えていない証拠なんだ。嫌な事も、楽しい事も、全てに感謝して受け入れて、自分を見失しなわないこと。

この考え方によって物事の本質が見えてきて、惑わされることなく現実世界を集中して生きていく事が可能になる。ということです。

 

ということで

 

かなり久しぶりに記事を書いたと思えば真面目腐った事を書きやがって。

 

気持ち悪いんだよ。とか言わないでねえええ

 

 

じゃっ(^_-)-☆

おすすめ転職サイト

日本最大級転職サイト

スピード転職なら

関連記事

-仕事ノウハウ系
-, , ,

Copyright© プレゼン先生さるたろ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.