将来に対する悩み 後悔しない生き方

充実した1日の過ごし方【やって欲しい5のこと】

とりたろ

充実した1日を過ごしたいんだけど、気がついたら1日が終わってしまって後悔するってことが多いんです。どうすれば充実した1日を過ごすことができるでしょう。

さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

本記事の内容

  • 充実した1日の過ごすポイントを5つ紹介

では解説していきますね

 

 

充実した1日の過ごし方【やって欲しい5のこと】

充実した1日を過ごしたいと思う人は多いけど、実際はなかなか充実させるのは難しいです。

 

さるたろ
なぜかというと人間は甘えた生き物だからです

 

甘えを捨てて、習慣を作っていくと充実していくようになります。まず押さえておくべきことを先に言っておきます

 

重要です

充実感は後から出てくる感情なので、やる前ややっている時に感じることはほとんどありません

 

1日が終わるころに「今日は充実してたなーー」と実感できるかどうかです。

 

今回は1日が終わるころに充実感を味わえるようにするには、どんなころに注意して行動していけばいいのかを解説します

 

 

充実した1 日の過ごし方→5つを深掘りして解説

さて実際に充実するかどうかは、人それぞれポイントがありますので複数紹介していきます。

 

充実した1日の過ごし方:ポイント➀後回しにしていることをやる

やらなきゃいけないけど、今やらなくてもいいことってありますよね。

 

例えば大掃除とか、いつかは提出しないといけないものとか、いつかは打ち明けないといけないこととか…。要はめんどくさくて重たいことです

 

人はめんどくさいことは、今やらなくていいことから逃げて楽しいことをやりがちです。

 

気がついたら「やるやる」いうて半年くらい過ぎてしまって、いよいよ超絶めんどくさいことになってきます。

 

ぶうたろ
だるいわー、しんどいわー、めんどくさいわー

 

いくら楽しいことに逃げても無意識のどこかで「やらないといけないなぁ…」と感じているので100%楽しむことができません

 

モヤモヤと共に生きているみたいなものです。充実した1日を過ごすためには、まず後回しにしてることをやりましょう

 

後回しにしていることをやり遂げると、終わったときに「スッキリ」します。そしてやって良かったという感情があふれますこれが充実感です。

 

さるたろ
後回しにしていることがあるなら、まずそれを片付けてみましょう

 

 

充実した1日の過ごし方:ポイント②強制的に納期を決めて行動する

人は頑張ろうと決めても頑張れない生き物です。今年こそ資格をとるぞって決意したのに3日後には忘れてます。

 

さるたろ
決めても出来ないし、やらないのが人間です。

 

だからライザップみたいな三日坊主ビジネスが流行ったんでしょうね。

 

決めたことを実行に動かすには、強制力が必要です。それを作り上げるには「納期」を決めてしまうことです。

 

やらざるを得ない状況がないと人はやりません。

 

僕の例ですが、僕はフリーランスなので自分のペースで働くことができます。強い意思がないとダレてしまいます。

 

そんな時によくやる方法が「強制的に納期を決める」ことです

 

例えば提案するものが出てきた時に、2日後の19時までに提出しますと先に言ってしまいます

 

すると2日後までに資料を作成して提出しないといけません。納期があるから人はやりますね。

 

結果的に大変な作業でも2日で仕上げて提出することができます。そうすると1日1日が充実してきます

 

さるたろ
現実的に不可能な納期を設定するのはダメですよ

 

 

充実した1日の過ごし方:ポイント③頭で描いている計画を実際にやってみる

僕たちは頭であれこれ計画を立てるのは意外と簡単にできちゃうものです。

 

  • ○○をやればビジネスチャンスがあるかも
  • あの会社に提案すれば受注できるかも

 

仕事でも人生でも頭でイメージするけど、実際に行動に動かすことができませんね。

 

さるたろ
人間「やってみる」ことが苦手です

 

まず頭で考えたことをやってみないと始まりません

 

実際にやってみると世界が広がっていったりします。1本電話を入れてみるとか、メール送ってみるとか、

 

実際の行動が人生を変えてくれるものなので、まずやってみると充実した1日を過ごすことができると思います

 

 

充実した1日の過ごし方:ポイント④苦手でやりたくないことをやってみる

上で紹介した後回しにしていることと似ていますが、これはもっと嫌なことを指してます。

 

イメージしてみてください。

苦手でやりたくないことをやってみて、それをクリアできたらどんな気持ちになるでしょうか?

 

圧倒的に成長した実感を得られるし、よくやったと自分を褒めることができるでしょう。

 

大人になるといつの間にか、好きなことや、得意なことばかりやっています。

 

苦手でやりたくないことは「失敗」が伴うので、逃げ回ってやらずに終わるってことが多いはずです

 

僕も逃げ回ってきた人生でしたが、フリーランスとなり仕事を選んでいる場合ではなくなりました。

 

苦手でやりたくないこともやらざるを得なくなった時、「必死」になります

 

必死で頑張って、それをクリアした時はとてつもない充実感を味わうことが出来ましたし、

 

驚いたのが苦手でやりたくないことが、得意な分野に変わったってことです。必死にやり続けると成長するものだと実感しました

 

 

充実した1日の過ごし方:ポイント⑤頭や体にいいことをする

これは30代後半になってきて実感することなんですが、やっぱり勉強と健康は重要です。

 

20代のころはあまり考えて生活してなかったので、休みになったらギャンブルして、昼にラーメン食べて、また夜もラーメンみたいな生活してました

 

今、暴飲暴食した時は後悔します。

 

充実した1日を過ごすためには、頭と体にいいことをしてあげると満たされた感覚になります

 

朝起きて運動して汗かいて、本を読んで知識を増やして、サラダや魚を食べる。あまり脂っこいものを取らずに過ごす

 

これをするだけで後ろめたさが軽減されて、充実度が上がってきます。

 

やっぱり良いことをすれば、良い気持ちになれますね

 

 

充実した1 日の過ごし方は「朝の時間」が重要

とにかく何をするにも昼過ぎまで寝るなんて生活してたら、それだけで後悔します。

 

仕事をしていても寝坊して、ギリギリに出社しているようでは、それだけで出遅れた感じになります。

 

大切なのは「朝」の時間をどれだけ意識するかです。

 

大切ってことは理解できていても、実際に大切にしている人は少ないと思います

 

充実した1日を過ごしたいなら、朝の時間を大切にすることからはじめてみるのがいいと思います。

 

こちらの記事を参考にしてみてください

 

朝活ができない人へ【明日から出来る、3つのポイントを紹介】

続きを見る

 

 

まとめです

充実した1日を過ごすことができたら、充実した1ヶ月となり、充実した1年になり、充実した人生になると思います

 

積み重ねが人生だと思いますので、まず1日を大切にすることで、その中でも朝の時間を大切にすること

 

まずはできることからスタートさせて充実した生活をしてみましょう!!

 

-将来に対する悩み, 後悔しない生き方