LIFE 自己啓発

プライドを捨てる方法を1つ紹介【あなたは、ただのオッサンだ】

blank
ぶうたろ

プライドを捨てる方法とかあるのか? 俺はプライドが高くて、ちょっと困ってんだわ…。もっと素直になりたいんやけど、プライドが邪魔すんだよな…。何とかしてくれ…。

blank
さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

本記事の内容

  • プライドを捨てる方法は、ただ1つです
  • いろいろ捨てて、ただのオッサンになろう

 

blank
さるたろ
ではいってみましょう
blank
ぶうたろ
宜しく頼む

 

 

プライドを捨てる方法を1つ紹介【あなたは、ただのオッサンだ】

blank

プライドは自分の成長を妨げるもので、高ければ高いほど頑固になりますよね。

 

人の意見を聞けなくなり、新しい価値観を受け入れられなくなります。

 

古いやり方に固執してしまい、環境の変化に順応できなくなってしまう…。

 

blank
さるたろ
そして滅びてしまう
blank
ぶうたろ
ほ、ほろびるだって?

 

関連記事【悲報】勝ちパターンを作ったら終わり【それ、もう古いです】

 

無駄なプライドはどんどん捨てたほうがいいけど、なかなか捨てることができない。

 

どうすれていいのでしょう…。

 

プライドを捨てる方法はただ1つ隠したい人に、正体を明かす

これです。正体とは自分を偽ってないありのままの姿のことです。

 

プライドは何のために出来るのかは、自分を良く見せたいという心理が働くわけです

 

真実の自分を隠して、良い自分を見せたがる

 

こんな風に、自分を良く見せたい相手がいた場合、その人には自分を2段階くらいUPさせて見せます

 

  • 会社で頼られてないのに、頼られてる感じを出す
  • 平社員なのに、課長職となっている
  • 上手くいってないのに、成功したようになる

 

良く見せたい相手には、自分を偽ります。

 

真実の自分を隠したい相手に、正体を明かせば、プライドなんて粉々になって消滅します

 

 

偽りの姿を消して、真実の姿を見せるとスッキリする

 

これが出来たら一発でプライドなんてなくなります。

 

blank
さるたろ
持つ必要がなくなるからですね

 

何のためにプライドを持つのでしょうか。自分を良く見せたい、人に負けたくない、誰かに認めて欲しい。

 

それを満たすために、真実の自分を押し殺して、理想の自分を作り上げるってことですね

 

正直、疲れませんかね? 少し前までの僕がそうでした。

 

ちょっと僕の事例を元に解説していきますね

 

 

【実体験】僕はプライドを捨てました。

blank

僕は何を隠そう、人に良く見られたい病でございました。

 

物知りでいたいし、仕事も柔軟にこなせて、後輩から頼られ、先輩や上司からも一目置かれる存在。←これが理想

 

理想の自分になるため、必死で努力しました。ある種、プライドを持つことは成長につながるのは事実です

 

blank
さるたろ
ただただ疲れました。

 

僕の両親の前では、仕事を真面目にやっている子でいたいし、妻の両親の前では、妻を幸せにしている、スーパー会社員でいたいわけです。

 

 

プライドを捨てるきっかけ僕が無職になった時期の話

僕は無職になった時がありました。失業手当をもらっていた時、ただの無職のオッサンです。

 

妻は独立をしていて、そんな妻の仕事は絶好調でした

 

妻は、僕が前職でもらっていた年収を遥かに超えてしまい、僕のプライドはズタボロです…。

 

僕は失業手当をもらい、妻に養ってもらってました。

 

僕の中にあった価値観は、男は仕事をバリバリして、妻を養うもの。そしてスーツをパリっと着こなして、

 

いい鞄をもち、いい時計をして、沢山に人達に必要とされる存在です。

 

そのイメージが崩壊ですよ。仕事はない、妻に養ってもらう、よれよれのパジャマで過ごし、裸足だし、誰からも必要とされない髭ぼーぼーのオッサンです

 

プライドの欠片もなくなったオッサン。

 

 

プライドを捨てる瞬間御父さんに正体を打ち明けた

妻を幸せにしますと、僕は御父さんに頭を下げました。御父さんは僕が妻を養っていると思っていたでしょう。

 

僕も御父さんと会話をする時は、できるビジネスマン風に演じていたし、

 

仕事も役職が与えられ、プロジェクトを任されて…的な話をしていました。←ちょっと盛ってました

 

そんな今は、無職でパジャマのオッサンです

 

妻がお風呂に入ってる時に、御父さんと2人でお酒を飲みながら会話をしていました。

 

その時、御父さんが「最近、仕事の方は順調かね?」と聞いてきたわけです…

 

blank
さるたろ
やべえ

 

妻も風呂に入ってることだし、ウソついてしまえと一瞬思ってしまいました…。でも出来ませんでした。

 

妻が仕事を必死に頑張って僕を応援してくれていたので、そんな妻のことを考えるとウソが言えませんでした。

 

実は御父さん。僕は仕事を辞めました。今無職です。ちなみに妻に養ってもらってます。心配かけてすみません

 

御父さんは「・・・・・」でした…。

 

・・・・の後に、何か考えがあってのことだろうから、自分の人生だし、好きにやればいいじゃないか!

 

と神様かと思うような言葉を頂きました。

 

 

一番隠したかった人に正体を明かすと晴やかか気持ちで、性格が明るくなった

御父さんには、無職の自分を明かしたくなくて数ヶ月黙ってました。

 

でもあの時、僕は無職の人間だと本当の姿を明かしたことで、

 

今まで自分が大切にしてきたもの「プライド」なんてどうでもよくなりました。

 

何をそんなに大切にしてたんだろう。ちょっぴりウソまでついて自分を大きく見せて、逆に格好悪い。

 

何の隠し事もない、会社や役職や名誉に囚われてない、ありのままの自分になった時、

 

晴やかな気持ちと共に、偽らなくていい開放感があり、そこからというもの性格が明るくなったと思います。

 

 

会社や役職は、あなたじゃない! 中身はただのオッサン

blank

僕も皆さんもただのオッサンであり、ただの人間です。

 

名の知れた会社に勤めている自分。部長やマネージャーなどと役職をもらった自分。

 

会社や役職は自分ではない。辞めたらただのオッサンです

 

ただのオッサンでいいと思いませんか? なにをそんなにしがみ付く必要があるのでしょうか。

 

  • 名の知れた会社
  • 部長になれた
  • 沢山の部下に好かれている
  • いい時計、いい鞄、いいスーツ、いいシューズ
  • いい車に載っている

 

これら全て自分ではなくて、自分をよく見せるためのただの素材です。

 

これを全て捨てた時、信じられないくらい楽になりました。

 

格好つけなくてもいいと思いました。

 

一度プライドを捨てたとき、今まで自分がしがみついていたものがバカバカしく思えます。

 

 

いろいろ捨てると楽になる

一度捨てると自分が大切にしてしてたものって、ちっぽけなものだと気づきます。

 

僕が会社を辞めるまでは、自分がやってる仕事は凄く大きなもので、俺はマジで凄い奴だと思ってました

 

辞めて、振り返ってみた時、全然大したことしてないじゃないかと思いました。

 

そう思ったとき、なんか笑えました。俺は〇〇でなければならない。〇〇であるべきだ!!

 

こんな風にがんじがらめに生きてきましたが、一度捨ててみると信じられないほど楽になりました。

 

 

まとめ:必要以上に自分を偽ることない

プライドを持つことは、成長するために必要なことだと思います。

 

でもそれが自分を苦しめる原因になったりします。必要以上に自分を大きく見せる必要なんてないと思います。

 

もっとシンプルに、もっと自由になっていいし、もっと楽に生きてもいいじゃないですか

 

今、必死で隠したい相手がいるなら、思い切って「俺はただのオッサンだ!」と正体を明かしてみると、スッキリします。

 

すごく楽になりますよ!

 

人気記事【転職なら】本気でおすすめできる転職サイト4選【満足度が高い】

人気記事【高待遇】IT業界・エンジニアに強いおすすめ転職サイト3社

-LIFE, 自己啓発
-, ,

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5