プレゼン用←おすすめのリモコン【コクヨ・フィンガープレゼンター】

2016-10-31

プレゼンのリモコンを探しているなら、今回おすすめするものがあります

 

 

プレゼン用←おすすめのリモコン【コクヨ・フィンガープレゼンター】

20161031_185146

これ激熱商品だと思います

 

小型化されたポインターが指輪型になっていて、それを指にはめて使用するタイプのリモコンです。

 

これで両手を自由に使えて、パワーポイントのスライドを進める事ができます

 

blank
さるたろ
凄く使いやすくておすすめ

 

僕はこの商品を使って感動しましたよ。プレゼンをする機会が多い方は必須アイテムだと思います。

 

使い勝手が良くて、かなり安いです。5年使用してますが問題なく使えてます。

プレゼンをする回数が多い方は1個は必ず購入しておいた方がいい。

 

それでは、実際にコクヨ(フィンガープレゼンター)を細かく紹介していくよ。

 

 

プレゼン用のリモコン→コクヨ(フィンガープレゼンター)について

20161031_185742

 

これががフィンガープレゼンター

 

  • 対応OS:WindowsXP/Vista/7/8 MacOS 10.5/10.6/10.7/10.8(Intel社製プロセッサ搭載のMac)
  • 対応ソフト:Windows:Microsoft/PowerPoint2003/2007/2010/2013 Mac:Microsoft PowerPoint2008 for Mac/PowerPoint for Mac 2011/Apple keynote?08/?09
  • 必要装備:USBポート

 

 

プレゼン用のリモコン→コクヨ(フィンガープレゼンター)の中身を紹介

 

20161031_190016

 

こんな感じでパーツがいろいろ入っています。

 

blank
さるたろ
準備していきましょう

 

 

電池をセットします

 

20161031_185506

 

 

操作盤をカチっとはめます

20161031_185917

 

スイッチを入れます

 

20161031_191312

赤いランプが付いたらOKです。

 

電池が無くなってくると点滅するよ。(※30秒に1回押す計算でMAX15時間もつらしい)

 

 

 

パソコンにUSBをいれます

20161031_211338

 

このUSBがリモコンの受信器になっています。1.5メートルは感知すると書いてますが、

 

blank
さるたろ
実際に使ってみると、2メートルとか、もっと離れても使えました

 

USBを入れて、リモコンのスイッチ入れたらすぐ使えます

 

 

 

プレゼン用のリモコン→シンプルで簡単なほうがいい

 

jijiksi

操作は簡単です。真ん中のNEXTボタンでスライドが進みます。凄く簡単

 

休憩中はブラックアウトボタンで背景を暗くもできる。

 

blank
さるたろ
ヤバい画像が出た時など、ブラックアウトボタンで隠せるよ
blank
ぶうたろ
どんなプレゼンする気だよ

 

 

プレゼン用のリモコンは指だけではなく、指示棒などにも付けれる

20161031_185834

 

こんな感じで、サイズが2種類ありますので、色んな用途に使えます

 

1つは指にはめて使います

 

20161031_191441

 

こんな感じ

 

blank
ぶうたろ
かっこいいな

 

 

もう1つは、指示棒にはめて使います

20161031_191020

 

指示棒やレーザーポインターに装着して使えますよね。

 

blank
さるねずみ
ライトセーバーみたいだ

 

 

収納も簡単です

20161031_191651

 

USBが命だからね

 

これを無くさないように、指用の部品に穴があるでしょ、そこに入れるだけ

 

 

20161031_191207

 

こんな感じ。この状態で付属の袋にいれて持ちあるく。

 

 

これマジで凄いぞっ

 

 

プレゼン用のリモコンを使用するメリット

 

プレゼン用のリモコン、フィンガープレゼンターを使用するメリットは3つあります。

 

プレゼン用のリモコンを使うメリット①:『目線』が下がらない

 

プレゼンでは、目線が凄く重要です。聞いている人の表情を見ながらプレゼンすることで、良いプレゼンができます

 

リモコンなしでプレゼンした場合、パワポの資料で次のスライドに進める時→PCの「Enter」キーを押すか、「→」を押すことになります

 

 

パワポスライドが30枚あったとして、さらにスライドにアニメーション効果を入れていた場合は、

 

blank
さるたろ
50回とか100回近く「Enter」キーを押す事になるぞ

 

スライドを進める度に、プレゼンターの『目線』が下がりますいちいちPCのキーボードを見ないといけなくなります。

 

本来は顔を上げて、姿勢を正して、目線を観客に向けるべき。

 

しかしスライドを進めるのに、下を向いていたら観客とアイコンタクト取りにくいです。

 

プレゼン用のリモコン、フィンガープレゼンターを指に装着していたら、絶対に目線は下がりません。

 

常に観客と、スクリーンに目を向ける事ができので、これは物凄い効果があるよ。

 

プレゼン用のリモコンを使うメリット②:『テンポ』が良くなる

 

プレゼンで重要なのはテンポです。リズミカルにストーリーが進むと聞いているほうも飽きません

パワポのスライドにアニメーション効果を盛り沢山にしていたら、

 

話す→PC「Enter]クリック→アニメーション

 

 

こんな感じで「Enter」をクリックするのに動作が大きくテンポが悪くなります。

 

無駄な動きが多すぎて聞いているほうも疲れてきます。

 

フィンガープレゼンターを使用すると指のボタンを押すだけ、スクリーンを見ながらボタンを押せばNEXTになる。

 

 

「Enter」を押す時間、指のリモコンボタンでスライドを進められるので、テンポ良く進めることができます

 

プレゼン用のリモコンを使うメリット③:『動ける』(1.5mちょっとの範囲は自由)

 

プレゼンでの『動き』って相手に印象をつけられます。ジェスチャーって凄い効果があります。

 

その場に突っ立っているより、少し動きを加えて自由に話したほうが相手に響くプレゼンができます。

 

「Enter」を押さなければならない、PCの前から動けない、PCの前に棒立ちになる

 

でもフィンガープレゼンターを指に付けておけば、自由に動くことができます

 

1.5以上動くプレゼンって、あんまりないと思うから十分広い範囲です。

 

自由に動きを付けながらプレゼンをすることができる。かなり効果的です。

 

 

プレゼン用のリモコンなら→フィンガープレゼンターがおすすめ:まとめ

 

いかがでしたか?

 

このフィンガープレゼンターを使う事でプレゼンが断然良くなるってこと。

 

これで3,000円ちょっとで購入できるから本気で安いと思う。

 

プレゼンをする回数が多い人は武器として1個購入して使ってみることを強く、強くオススメします。

 

ではでは

 

じゃっ(^_-)-☆

 

 

blankblank

関連記事

-LIFE, プレゼンテーション
-, , , ,

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5