プレゼンテーション

【プレゼンで絶対必要!!】フィンガープレゼンターが凄すぎて泣きそうになる!!コクヨ(KOKUYO)の商品で決まり!!

投稿日:2016-10-31 更新日:

プレゼン先生さるたろだーーーーー

今回はプレゼンの最大の武器「フィンガープレゼンタ―」の紹介

20161031_185146

これ激熱商品だと思う

 

これは小型化されたポインターを指輪型になっていて、それを指にはめて使用するタイプ。これで両手を自由に使えて、パワーポイントのスライドを進める事ができる。

僕はこの商品を使って感動しましたよ。この商品はプレゼンを行うのに必須アイテムだと思う。使い勝手が良くて、しかも安い。
プレゼンをする回数が多い方は1個は必ず購入しておいた方がいい。コレ本気で使って欲しい。

 

それでは、実際にコクヨ(フィンガープレゼンター)を細かく紹介していくよ。

 

 

プレゼンの武器:コクヨ(フィンガープレゼンター)について

 

20161031_185742

 

コレがフィンガープレゼンター

 

※使用できるパソコン(ほとんど大丈夫!!)

対応OS…WindowsXP/Vista/7/8
MacOS 10.5/10.6/10.7/10.8(Intel社製プロセッサ搭載のMac)

対応ソフト…Windows:Microsoft/PowerPoint2003/2007/2010/2013
Mac:Microsoft PowerPoint2008 for Mac/PowerPoint for Mac 2011/Apple keynote?08/?09

必要装備…USBポート

 

 

コクヨ(フィンガープレゼンター)の中身を紹介

 

20161031_190016

いろいろ入っているね。

 

じゃっ準備していこう

 

まず、指にはめる部品に電池を入れる

20161031_185506

 

そして操作盤をカチっとはめる

20161031_185917

 

スイッチをONにする

20161031_191312

赤いランプが付いたらOK!

電池が無くなってくると点滅するよ。(※30秒に1回押す計算でMAX15時間もつらしい)

 

パソコンにUSBをはめる

20161031_211338

USBから1.5mは感知するよっ!

 

これで完了。もう使えるぞ

 

フィンガープレゼンターの操作は簡単!!

 

jijiksi

 

NEXTのボタンでスライドを進めるだけ。

休憩中はブラックアウトボタンで背景を暗くできる!!

 

部品が2つある

20161031_185834

指にはめる部品が2つあるね

 

1つは指用

20161031_191441

こんな感じ

 

カッコイイーーー

 

 

もう一つは指示棒用

20161031_191020

指示棒やレーザーポインターに装着して使えるよっ

ライトセーバーみたいね

 

収納も簡単

20161031_191651

USBが命だからね

これを無くさないように、指用の部品に穴があるでしょ、そこに入れるだけ

 

20161031_191207

 

こんな感じ。この状態で付属の袋にいれて持ちあるく。

 

 

これマジで凄いぞっ

 

 

フィンガープレゼンターをプレゼンで使用するメリットは?

 

プレゼンで使用するメリットは3つあります。フィンガープレゼンターを使用することで、一気にプレゼンがやり易くなります。

メリット①:『目線』が下がらない

 

プレゼンで『目線』って凄く重要なんです。観客の目の周辺を見ながらプレゼンするのは物凄く大切。
PCのみでプレゼンを実施した場合、パワーポイント資料を次のスライドに進める時は、PCの「Enter」キーを押す、もしくは「>」。

パワーポイントのスライドが30枚あったとします。さらにアニメーション効果を入れていた場合。50回とか100回近く「Enter」キーを押す事になる。スライドを進める度に『目線』が下がります。いちいちPCのキーボードを見ないといけない。

 

本来は顔を上げて、姿勢を正して、目線を観客に向けるべき。しかしスライドを進めるのに、
下を向いていたら観客とアイコンタクト取りにくいですよね。

 

でもフィンガープレゼンターを指に装着していたら、絶対に下を向かなくて大丈夫。

 

常に観客とスクリーンに目を向ける事ができる。

 

これは物凄い効果があるよ。

 

メリット②:『テンポ』が良くなる

 

プレゼンで重要なのはテンポです。リズミカルにストーリーが進むと聞いているほうも飽きない。
パワーポイントのスライドにアニメーション効果を盛り沢山にしていたら、

話す⇒PC「Enter]クリック⇒アニメーション

ってな感じでPC「Enter」をクリックするのに動作が大きくテンポが悪くなります。
無駄な動きが多すぎて聞いているほうも疲れてきます。

フィンガープレゼンターを使用すると指のボタンを押すだけ、スクリーンを見ながらボタンを押せばNEXTになる。
PC「Enter」を押す時間を、指のボタンでスライドを進められるのでテンポよく進めることができる。

 

メリット③:『動ける』(1.5mの範囲は自由)

 

プレゼンでの『動き』って相手に印象をつけられます。ジェスチャーって凄い効果があります。

その場に突っ立っているより、少し動きを加えて自由に話したほうが相手に響くプレゼンができます。
PC「Enter」を押すためにPCの前から動けません。PCの前に棒立ち。

でもフィンガープレゼンターを指に付けておけば、センサーが感知するので1.5mの範囲なら動かすことができる。

1.5以上動くプレゼンって、あんまりないと思うから十分広い範囲です。
自由に動きを付けながらプレゼンをすることができる。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

このフィンガープレゼンターを使う事でプレゼンが断然良くなるってこと。これで3,000円ちょっとで購入できるから本気で安いと思う。

プレゼンをする回数が多い人は武器として1個購入して使ってみることを強く、強くオススメします。

ではでは

今日はこれで失礼します。

じゃっ(^_-)-☆

 

プレゼンのご相談ならこちら

 

 

 

プレゼンに関するおすすめコンテンツ

▪プレゼンテーションのコツ

 

おすすめ転職サイト

関連記事

-プレゼンテーション
-, , , ,

Copyright© プレゼン先生さるたろ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.