プレゼンテーション

心を掴んで惹きつける4つの「プレゼンのコツ」【心の状態を常に意識したプレゼンSTEP】

投稿日:2016-10-14 更新日:

さるたろです。

今回は久しぶりにプレゼンテーションの記事を書いてみようと思います。
プレゼンを成功させる為には、相手の心を惹きつける必要があります!

プレゼンで相手の心をどうやったら掴むことができるのか?ってことを書きます!!

 

勘違いしないで欲しいのが、、、

面白い事を言ってウケを狙うとか、、気の利いた事を言ってやろうとか、、、

パワーポイントの資料をバッチリ作りこんで、魅了してやろうとか、、、、

 

そういった事で、、心を惹きつけるには限界があるのと、、、なかなか心は動かないって事なんです。

沢山手段はあるんですが、、今回は、、心を惹きつけて、心を掴む為には、、
しっかりとしたステップを踏まないと成功しないってことなんです!!

そのステップを簡単に紹介していこうと思います。

意識するだけで、、、あなたのプレゼンもグッと良くなるはずですよ?

 

プレゼンで成功するステップとは?

 

プレゼンで成功させるためには、どんなステップを踏んでいけばいいのか?!

聞き手の心の状態を変化させていく必要があるんです!!では、、どのように心の状態を変化させていくのか?ってことなんですが、、

 

こちらです↓↓

 

①共感してもらう。
②信頼してもらう。
③リードしてあげる。
④尊敬してもらう。

 

共感⇒信頼⇒リード⇒尊敬

 

まずこの4つのステップを意識してみてください!!

 

ステップ①:「共感してもらう」

 

プレゼンで一番最初に必要な事は、聞き手に共感してもらう事が大切なんです。
これを無視したら、、次のステップの信頼を得るまでもっていけません。

共感してもらう。

これを意識してください。

必ずプレゼンを進めるまえに、、、共感を得てからスタートしてください。

共感を得るためには、大きく2つあります!

共感を得るために必要なことってなんでしょう?
人と仲良くなるステップとよく似ています。

 

共通点を見つけるって事。

 

初めまして!!って人でも、その人がたまたま同じ学校を卒業した!!
って解ったとたんに、、、

「ええええ!!マジっすか?」

ってなんか他人には思えなくなるものです。

共通点があれば人は近づきます。

 

二つ目は、相手の気持ちをわかってあげた時。

 

相手の感情を読み取り、思っている感情を理解してあげたときに、、

同じ気持ちなんだ。っと共感がうまれます。

 

極端な例を出すと、、、ラーメンはスープから飲む派だという人に。。。

「僕はね、、ラーメンはスープから飲むのが当たり前だ!って思う!」

っていったら、、、

「いや~そうなんだよ~!!!」

っと気持ちが惹きつけられるって事。

まあ、極端ですがそういうこと。理解してもらえた!って時に人は惹きつけられるって事です。

 

共感を得るために、聞き手の情報をしっかり調べておく!

 

僕たちは、メンタリストではないから聞き手の心を読み取る技術はないです。
だからこそ、、しっかり調べること。考えることが大切になります。

僕のプレゼンを聞きにくる人はどんな人達で、どんな気持ちできているのか?
ってことを考えてみたら、その時の聞き手の気持ちもなんとなく見えてくるものです。

その気持ちを代弁してあげることができたら、、そこに共感がうまれます!

ちゃんと調べて、考えて、相手の気持ちを理解してあげなければ共感を得ることはできません!!

 

相手の、、気持ちは沢山あって、、、苦しいのか、、楽しいのか、、、何に苦労してて、、、どうなりたいのか。

 

その気持ち、聞き手の立場に立てない人間に共感を作り出すことは不可能です!!

 

ステップ②:「信頼してもらう」

 

共感を得るまでがかなり大変でしたが、、、共感を得ることができたら、、、
自然にその人物のことを、、、、「悪い人間ではない!」と認識します。

同じタイプの人間。
感性、価値観が一緒。

要は、、害がない人間ってことになります。でも、、信頼まではしてない。

 

ここまで、もってくることが出来たら、、それを強くして「信頼してもらう!」ってことに意識していきます。

共感をしてもらったら、、、聞き手は、「話をきく状態」にあります!

ここからが、、、勝負でよ!!

 

情報を正確に誠意をもって真面目に一生懸命プレゼンする

 

簡単にいうと、、、親しき中にも礼儀あり!!ってこと。。
仲良くなっても、、急にタメ口になったり、態度が悪くなったりしたら、、信頼できなくなります。

仲良くなってからが、、勝負です。
自分の持っている情報を丁寧に、一生懸命プレゼンするんです。

プレゼンがうまくても、、いい加減にやられたら心が離れます!!

誠意です!情熱です!!人間の信頼を得るには基本的なことを、全力でやり通すしかないんです!!

 

一生懸命なプレゼンを聞くと、、信頼するようになります。

 

「この人の言ってる内容は、信用してもいいんだ!!」

 

と安心してくれるようになります!! この状態までもってくるには、いい加減にプレゼンしてたら不可能!!

簡単に信頼を得るなんて無理と思ってください!!

手を抜いたらバレますよ!!

 

ステップ③:「リードしてあげる」

 

共感を得ることができて、、、更に信頼まで得ることができた。これで終わると、、ただの良い人です!!
ここから、相手をリードしていく。モチベーションを引き上げていく事が必要になります。

しっかりとリードできると印象に残ります!!

ただの信頼できる人だと印象に残りません!!そこで終わり。

ガッチリ心を掴んでリードしていきましょう!!!

リードする為に重要な事が2つあります!!

 

新しい気付き(考え方)を与える。

 

ああ、、、そうか!!そういう考え方があるのか!!

確かに、、、そうすれば良かったのかあ~!!

って思った瞬間に。

 

「この人凄い!!!」

 

と認識します。

 

いい事言っても無理です。リードする為には新しい何かを発見してもらったり、、何かを得ないと人はリードしてもらえたと感じません。

しっかり考えるんです!!

聞き手が何に悩んでいるのか?何を欲しているのか?しっかり分析して、自分なりに考えたらいいんです。

決して凄い人間にならなくてもいい!!

相手に少しでも情報を提供して、新しい何かを見つけてもらえばいい!!

 

危機感を与える。

 

人間は、危機を感じると頼りたくなるもの!!
しかも、人間は都合が悪いことから目を背けるので、危機感を感じることって、そうそうないんですね。

今、アナタはいい状態ではないよ?

ってことを理解してもらうと、、「じゃあ、、どうすればいいの?」

っと答えを求めてきます。

その答えを知りたいって思う状況になれば、リードしている状態になります。

大切なのは、、、「答え」です。

聞き手が感じている、あるべき姿を想像してリードしてあげたらいいんですね!!

 

 

ステップ④:「尊敬してもらう」

 

最後です。これで完了!!

共感を得て、信頼に変わり、、、リードしてあげる。

そして、、最後に尊敬してもらう!!

 

これは、、テクニックとかではなく「生き様」そのもの「雰囲気」です!

プレゼンをするっていうのは、、ただ説明して終わりではなく。

相手に影響を与えて、心を動かし、、相手が行動を起こす!!ってことが重要なんです。

リードして、、その人のことを人として尊敬できたら、、人は信じて動き出すと思います。

最後のステップは、日々の行動が出ると思います。
相手を動かすのはテクニックだと思っているのは大きな間違いです!!

 

プレゼンの究極は、、尊敬だと思います。

 

誰よりも努力して、勉強して、一生懸命に頑張る!!それがすべて「雰囲気」として聞き手に伝わると思っています。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

心を掴むプレゼン、、惹きつけるプレゼンは、

 

①共感してもらう。
②信頼してもらう。
③リードしてあげる。
④尊敬してもらう。

 

共感⇒信頼⇒リード⇒尊敬!!

 

このステップを意識することが大切です!!

自分に自信があって、「俺のプレゼン凄い!!」って思っている人は、、、一気に相手をリードしたがります!!

人は、、信頼している人にしかついていきません。

しっかりステップを踏んでいくことが必要なんです!!人間の心はデリケートです!
すぐ嫌われます。慎重に慎重に進めていくのがポイントですね☆

ってことで!!

今回は真面目な記事でした!!プレゼンネタは気を使いますわぁーーーー!!

ではでは。

じゃっ(^_-)-☆

 

プレゼンのご相談ならこちら

 

プレゼンに関するおすすめコンテンツ

プレゼンテーションの応用

おすすめ転職サイト

関連記事

-プレゼンテーション
-, , , , ,

Copyright© プレゼン先生さるたろ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.