プレゼンテーション

【プレゼンの内容が入ってこない…】話が上手い人のプレゼンはつまらない。

投稿日:2016-01-14 更新日:

話が上手い人や、得意な人のプレゼンは必ずしも引き込まれるものではない

ということで、さるたろだーーーー。今日もお疲れ様です。「プレゼン先生さるたろ」のブログに来て下さってありがとうございます。

今回の記事は、プレゼンが下手でも聞き手の心を引き込む事ができますよ!という話。

別に話が下手くそでもプレゼンはできます。下手でも一生懸命伝えることが重要なんです。いい事言ったって仕方がないんで、上手いプレゼンなんて目指さなくてもいいよ。心に響くプレゼンを目指すべきだと思います。

仕事・人生の中で一番使われる手法、それはプレゼン能力だと思うんです。やっぱり人に伝えるのってプレゼン能力が必要ですし、人間ならではのスキルだと思います。

 

今回もいつもの様に、プレゼン先生とパワポ君に協力してもらいましょーーー

プレゼン先生

パワポ君はプレゼンテーションは得意ですか?それとも苦手ですか?

パワポ君

うーん。。プレゼンテーションは得意ではないですね、ハイ

プレゼン先生

プレゼンが苦手で嫌いなんだね?それはどうして?

パワポ君

だって。。僕は話しが上手くないから!表現も下手だし。スラスラ話せないし・・・。プレゼンなんて苦手だよ。嫌だよ。やりたくねーよ

 

プレゼン先生

そうなのか。パワポ君が思う話が上手い人って、人よりもフレーズが多い。人よりも言葉の引き出しが多いって人だよね?

パワポ君

そうそう!そうなんだよ。話が上手い人ってプレゼンも得意そうじゃんか!!

 

プレゼン先生

いいかい?それもとても重要なプレゼン能力なんだけどね、プレゼン能力は『ただ話すのが上手い』では通用しない!って事を覚えておいて!!!

パワポ君

話すのが上手いでは通用しない?どういう事?説明してよ

プレゼン先生

じゃあ、わかりやすく説明していくね

 

話が上手でも相手に『影響』を与えないと意味がない。

photo-1415931633537-351070d20b81

プレゼン先生

ここで重要な事は、プレゼンでは影響を与えないと意味がないってこと。話すのが上手いから影響を与えられるとは結びつかないってこと

プレゼン先生

『影響』とはプレゼンの効果によって、相手の心に伝わり行動を起こすということ。プレゼンが得意な人って確かに話が上手いと思います。もしくは、話が上手いから、プレゼンが得意と思っているだけなんです。本当に影響を与えられているのかって事が重要なことなんです

パワポ君

話が上手い=プレゼンで影響を与えるではないんだね

 

プレゼン先生

ただ上手いと影響を与えたは全く別です。話が上手いという人は、良い表現をして話の展開が上手いから一見凄く素晴らしいプレゼンに見えます。でも表面的になったらダメ!!

プレゼン先生

話が上手な表面的なプレゼンでは人間の心には響かないし残らない!って事なんだよ。また、人間は忘れる生き物なんだよ!良いプレゼンをしても、何となくのイメージしか覚えていません。だからこそ、プレゼンは心に伝えないと意味がないってことなんだ!!

パワポ君

そうなのか…。じゃあ話が下手な僕でも、影響を与えることが出来たらプレゼンが上手くいくの?

プレゼン先生

もちろん。話が上手い人が30分間、完璧で綺麗なプレゼンをしても、下手でも情熱を持って伝える10秒には勝てないって事だよ

パワポ君

おお!!そうか!下手くそでも気持ちでプレゼンはなんとかなるってことだね?

 

プレゼン先生

その通り!!

 

 

『影響』を与えるには観客の心をさぐる。

photo-1448518184296-a22facb4446f

プレゼン先生

プレゼンで影響を与えるにも、ただ情熱だけじゃ上手くいかないから注意してね。

パワポ君

プレゼンは元気だけじゃダメか~。

プレゼン先生

プレゼンで影響されるってことは、聞き手がプレゼンによって心に響いて、プレゼンの内容によって『よし。明日から動き出そう!』思えるかってこと

パワポ君

プレゼンによって、聞き手が、心を射抜かれて、そんでもって、むむ、むむむ、難しいぞ・・・

プレゼン先生

要は、パワポ君がプレゼンをした相手がパワポ君のプレゼンによって、影響を受けて「行動を起こす」って事。その気持ちにさせるには、聞き手の心の状態を理解できるように、聞き手の事を考えるところから始めるんだ

 

プレゼン先生

こんな感じで聞き手の事を深く考えてみよ

  • 観客がどういう気持ちで参加をしているのか?
  • 観客が何を得ようとしているのか?
  • 観客がどんな言葉を欲しているのか?
  • 観客が家に帰ってどういう行動をするだろう?
  • 観客が明日から行動できることはなんだろう?
  • 観客がどんな未来を歩みたいと思っているのか?

プレゼン先生

 

観客の事をとにかく考えるんだよ!?そして届ける言葉をじっくり考える!!プレゼンで「どんな言葉をかけよう」か、「どんなストーリーにしよう」か沢山考える

パワポ君

そうか・・。プレゼンの準備で聞き手の事をそこまで考えた事なかったよ。とにかく考える・・・。それならできそうだよ!

 

プレゼン先生

プレゼンで影響を与える為には、「その人の気持ちになり」「共感できる話をし」「明日から動き出したいと思う話をして」あげる。ただ上手い話しを見せつける場所じゃない!聞き手の気持ちを代弁してあげる。

 

プレゼン先生

プレゼンは資料を準備する時間よりも、聞き手の事を考えることに時間を使ったほうがいいんだよ

パワポ君

そうなんだ・・・。プレゼンでいい事を言おうって思ってたけど聞き手の事を良く考えて、聞き手の心に響く「メッセージ」を送ることが一番大切なんだね。プレゼンテーションは技術だけじゃなく、心が大切なんだね?

プレゼン先生

その通りだよ!聞き手の事を第一に考えて、気持ちを込めた「メッセージ」を届ける。そしたら聞き手は「影響」を受けるはず。話が上手いからって、素晴らしいプレゼンが出来るってことは間違ってるでしょ?

パワポ君

そうだね。僕も影響を与えるプレゼンを目指して、しっかり考えるところからスタートしてみるよ。ありがとうプレゼン先生

 

プレゼンの後に必ず反省すること

 

プレゼンで影響を与えるってハッキリいって難しいと思う。スティーブ・ジョブズさんとか、メッチャ影響を与えますよね?あの人は、テクニックうんぬんではなく、純粋に「完璧な商品を作った自信」から、影響を与えるプレゼンが出来たと思う。

 

僕たち一般人には、難しすぎる

 

でも何回もプレゼンすると「何かが見えてくる」もの。その何かを見つけるためには、必ず反省すること。

 

プレゼン中に聞き手の態度はどうだったか?

 

しっかり準備して臨んだプレゼン。聞いている聞き手の態度はどうだったか?ってこと。

 

●影響を受けている人は目と目があったり、スライドをしっかり見て「共感」しています。

●影響を受けていない、まったく心に響いていないと下を向いていたり、明らかに聞いていない雰囲気が出ています。

 

自分のプレゼンで聞き手がどうなっているのかを、プレゼン中、プレゼンの後、いつでもいいからしっかり反省をすることが大切です。

 

反省して細かく変更して『自分のスタイル』を築く

 

反省したら、とにかく細かく変更を加えることです。

 

修正するポイントはこんな感じ↓↓

 

●自分が伝えたい事と、聞き手が欲している事にズレがないか
●プレゼン全体のストーリーが解りにくくないか
●自分の「メッセージ」が弱くないか
●プレゼンのする自分に何か問題がないか
●自信をもって伝えられているか

 

 

反省したら、細かく変更して変更した内容で次に臨むこと!!

 

これを繰り返すうちに、「自分のスタイル」を築き上げることができます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?話が上手い人が、必ずしもプレゼンが上手いってことではないんです。上手くても仕方ない。影響を与えるプレゼンを目指すべきなんです。

 

プレゼンはとにかく、沢山考えて準備して、そして反省して、変更してを繰り返す。いつか自分の最強のプレゼンスタイルを見つけてみませんか?よし。ではでは今日はこの辺にしてトイレにいってからゆっくり休むとします!!!

 

ではでは、また。

じゃっ(^_-)-☆

 

プレゼンのご相談ならこちら

おすすめ転職サイト

日本最大級転職サイト

スピード転職なら

関連記事

-プレゼンテーション
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© プレゼン先生さるたろ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.