リーダーに必要なこと【AかBではなくCを発見する調整力】

blank
とりたろ

私、管理職として頑張ってはいるのですが、いまいちパッとしません。リーダーにとって必要なことって何でしょう。教えてください

blank
さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

 

本記事の内容

  • リーダーに必要なことは調整力
  • 調整力ってなに
  • 具体的に何をすればいいのか

 

blank
さるたろ
ではいってみましょう
blank
とりたろ
宜しくお願い致します

 

 

 

リーダーに必要なこと【AかBではなくCを発見する調整力】

blank

リーダーには沢山のスキルが必要なんですけど、

 

代表的にどんな力が必要かと言われたら:調整する力だと思います。

 

Aの意見と、Bの意見があったとして、AかBかの発想ではなく「C」という答えを出すこと

 

特にこれからのリーダーは調整力が大切ですし、調整力がないと組織運営が難しくなると思います。

 

産業医の大室正志氏がどこかの番組でお話されていた言葉を引用します。

産業医の役割の一つに「利害の調整」があります。産業医は、労働と健康という単位の違うものを調整することが必要ですし。同じ尺度で測れないものを同時に考えることが重要です。

善か悪かの2元論ではなくて、丁度いいバランス点を見つけることが大切になります。

 

 

僕はこのこれは今からのリーダーに一番必要なことだと思いました。

 

 

リーダーは様々なものを調整する

 

会社の考えと、自分の考えと、部下達の考え、そして顧客の期待を全て調整していきます。

 

これが良くて、これが悪いという安易な決断では組織的に成長はしません。

 

考えや、思いや、期待値を調整して、一番の答えを出すこと=調整力が必要ですよね

 

 

 

全然違うものを掛け合わせるセンス

 

大室氏の言葉の中に労働と健康の単位の違うものを調整する。があります。

 

今まではい1つの業界だけで成長してきていたけど、これからはそうはいきません。

 

どの業界も全然違うものを掛け合わせることで成長しようとしています。

 

  • 家電×本×コーヒー
  • 医療×住宅×商業

 

こんな風に、全然違うものを掛け合わせること。これには調整する力が必要です。

 

調整力って簡単に言いますけど、凄く難しいと思います。忍耐や柔軟な考え方、あらゆる力が必要になります。

 

 

 

リーダーに必要なことは、人の意見を受け入れる寛容さ

blank

調整力を発揮するには、人の意見を受け入れることができる寛容さが土台にないと無理です。

 

昔、僕が勤めていた会社は中小企業だったのですが

 

その時のトップは自分に自信があり、大成功をしてきた方なので自分のやり方が全てだと思っていました

 

人の意見より、自分の意見のほうが素晴らしいという雰囲気が漏れてました。

 

正直、意見を言っても受け入れてもらえない感覚があったので、意見を言うのも怖かったです

 

 

俺の意見が正しいと思った時点で終了

 

昔の会社の話ですが、これからの会社の為に社員が沢山の意見を上げていました。

 

  • AAAという提案
  • BBBという提案
  • CCCという提案

 

こんな風に意見を出てきても、トップの人の意見が絶対になります。

 

この時に調整力が必要だけど、大抵が良い悪いで判断します

 

  • やるかやらないか
  • 好きか嫌いか

 

人を率いる人間が、俺の考えが絶対だから人の提案なんてやらない。

 

俺が嫌いだと思う提案なんて却下だと決めていたら、成長なんてするわけがありません。

 

 

人の意見を受け入れる

 

俺が正しい、俺のやり方が全てだという気持ちでは、人の意見を受け入れられない。

 

受け入れることができないと、調整なんてできない。

 

俺の考える答えがベストという思考は捨てて、最高の答えを出すために、人の意見が最高の資源になるという考えが大切

 

 

 

リーダーに必要なことは、調整して最高の答えを生み出すこと

blank

 

リーダーに必要なことは調整力です。調整して最高の答えを見つけること。

 

 

多様化する人材の考えをAかBでは決めれない

 

これからの時代は、いろんな考えを持っている人が多くなります。

 

さらに昔より、意見を言いやすい環境になりました。

 

様々な意見に対して、AかBかでの判断は危険です。これをしていくと組織の考えに偏りが出てきます

 

さらにAかBの決断は、レベルの高い答えではないので成長がない

 

 

最高答えを生み出すための指標

 

調整するのは、今よりもよい答えを見つけるためです

 

自分の好き嫌いとか関係なく、脇に置くことが必要です

 

  • より納得感があり
  • より組織が成長できる
  • より未来に効果がある
  • より地域の人々に貢献できる

 

指標はリーダー自身の個人的な思考や感情は入っていません。

 

より誰かのためになる決断を、AかBではなくCを見つけること

 

blank

 

Aの考えと、Bの考えをぶつけて考えることでレベルの高い「C」という答えにいきつく。

 

調整力とは、よりレベルの高い答えを出すためにリーダーに必要な力だと思います。

 

 

バランス点を見つける方法は、複雑にすること

 

何かを決断する時って選択肢が少ないほうが決めやすいですよね。

 

組織で何かを決める時もそうで、意見が少ないほうが決めやすいです。

 

でもそれではバランス点を見つけることは逆に難しいです。

 

決めることができないくらい、複雑になれば自然にバランス点が浮き上がってくる。

 

Aの意見、Bの意見だけじゃなくて、もっと沢山の意見をぶつけ合うことが必要です。

 

 

人の意見を聞きすぎると決めれないはウソです

 

人の意見を聞きすぎるのはよくない、決まるものも決まらないという人がいます。

 

その人は沢山の意見を聞いた経験がないと思います

 

沢山の意見を聞きすぎるほど聞いたからこそ、よりレベルの高いバランス点が見るかるし、

 

バランス点は見つけようとして見るかるのではなく、意見のぶつかり合いの中から自然に見つかるものです

 

リーダーはより決断しやすいように、自分と似ている人を側におきます。

 

そして賛成してくれる人に意見を求めたりします。

 

僕がそうでした。こんなことをしている時はいい決断はできませんでした。より複雑にしてこそいい答えがでます

 

恐れずにぐちゃぐちゃにしてみるのも必要だと思います。

 

 

リーダーに必要なことは調整力:まとめ

 

いろんな人の意見を調整することは大変なことです。

 

よりより答えにいきつくために奮闘する姿が部下に信頼感を与えると思います。

 

自分の考えが全てと思う時代は終わったと思います。複雑なものの中から答えを見つけ出す調整力こそ必要なことだと思います

 

現在リーダーの方も、これからリーダーになる方も、バランス点を見つけること、

 

調整をし続けることが組織の活性化につながると思いますので、

 

頑張りましょう!

 

ではこの辺で

関連記事

-LIFE, リーダー, 仕事
-,

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5