【勘違いです】サラリーマンのメリットは、安定した給料ではない話

2017-09-04

ほとんどの人がサラリーマンになる道を選びます。僕もそうでした

 

そんで1年経ち、3年、10年とずっとサラリーマンとして生きていく人がほとんどです。

 

誰かに雇ってもらい、働いて給料をもらって生活をする

 

  • 安定した生活をおくるため、サラリーマンになった
  • サラリーマンのメリットは安定した給料があることだ

 

これが勘違いでした。

 

 

 

【勘違いです】サラリーマンのメリットは、安定した給料ではない話

サラリーマンのメリットは安定して給料をもらえることだと思っていました。

 

でもそれは勘違いだと思いました。

 

サラリーマンは色んな弊害があります

 

誰かに雇われている時点で「自由」はありません。変な奴もいるし、ムカつく上司も選べない、仕事しない奴もいる

職場の先輩うざい【こんな先輩がいたら、全力で逃げてください】

続きを見る

 

サラリーマンは自分を犠牲にして上手に共存しないといけない。

 

精神も体力も犠牲にして。とても辛いです。

 

その辛さに見合った給料が払われているか疑問です。年収400万とか500万とは安いです

 

メリットでもなんでもないよね。

 

安定して給料もらえることがメリットだと勘違いして頑張りました。

 

  • 人生のほとんど会社に捧げて、得られる給料としては少なすぎる

 

 

サラリーマンのメリットは給料ではなく他にあります

 

サラリーマンのメリットは、給料が保障されているから…。

 

安定してお金が入ってくるからどんなに嫌でもサラリーマン生活を送るという人がほとんどです。

 

安定した給料」はメリットじゃなくてデメリットです

 

安定した給料という勘違いした保証を手にしたことによって「自由」を奪われます

 

自分が成長することや、挑戦することへの足かせとなっています

 

給料があるから安心ではなく、給料があるから挑戦しない

 

今の時代、サラリーマンの給料は安定している保証はどこにもないです。

 

本当にずっと安定しているか疑問です。永遠に給料をもらえる保証などありません。

 

コロナショックなど信じられないタイミングで会社は倒産します

 

会社に必死にしがみつくことはデメリットです。沈没したら一緒に沈没します。

 

その時に、どうやって給料を稼ぎますか? サラリーマン=安定した給料なんて勘違いです

 

給料に依存せずに、自らお金を生み出すことをしていかないと、一気にバカを見ることになります…。

 

僕はブログ運営を実施して5年で月に10万円まで収入を伸ばしました

 

サラリーマンでいることに恐怖を感じた瞬間から、自分で生きる力を身につけないとと思いました。

 

何度も言いますが、安定なんてあり得ません。毎月、同じ給料をもらえていた時代はとっくの昔に終わりました。

 

サラリーマンの給料はどんだけ頑張っても月に5,000円とか10,000円です。

 

少ない給料で、永遠と働かされているということに気が付いたら、ゾッとしました。

 

 

サラリーマンのメリット=給料ではないと気が付いた時に変われます

blank

サラリーマンで働くということは、安心だと思っていました。

 

しかし今の時代、本当に何があるかわからないです。僕も20代後半の頃、先輩社員が出向という名の戦力外通告を受ける様を見てきました。

 

スキルがない人間、組織から嫌われた人間は、捨てられます

 

コロナのようなことがあったり、世界規模で何が起こるかわかりませんし、人類が進化しすぎてサービスが目まぐるしく変化します

 

サービスが生まれることで、廃れるサービスが出ます。時代の変化に敏感にならないと、安定はありません。

 

 

会社に依存すると、本当の成長はありません。

 

僕は会社から安定した給料がもらえるが故に、会社を信じて、会社に依存して、「お金」を生み出す努力をしていなかった。

 

しかし会社は無情です。社員の今後の人生なんて1ミリも考えていません。自分しか守る人いません

 

安定した給料に騙されて、自分の「生み出す」思考を忘れてしまっている人、沢山いると思う。

 

マジで自分の人生。自分で勝ち残るほかにないですよね。

 

僕はサラリーマンのメリット=お金ではないと思った時から、お金を生み出すこと考えてきました。

 

安定した給料をもらうことで、自分で「生み出す」努力を怠っています。

 

永遠に会社に依存することになり、色々吸い取られたうえに、会社から必要ないと言われたり、会社が傾いたら、そこで終了です。

 

安定した給料はメリットではありません。

 

 

 

 

サラリーマンの本当のメリットは、「環境」が用意されること

blank

サラリーマンでいることのメリットは環境が与えられることです

 

必要とされるポジションが与えられます。どんな人間にも役割が勝手に与えれます。

 

必要とされるポディションがあり、いるだけで存在価値まで考えてもらえます

 

どんな仕事でも必要とされる

 

どんな会社に入社しようが、どんな仕事をしようが、どれだけ仕事ができなくても…。

 

どんな状況だって、サラリーマンは、スタッフやお客様から必要とされます

 

入社した瞬間から、必要だから雇われます。手が回らないから雇われます。事業を拡大していきたいから雇われます。

 

いくら自分が仕事できなくてもポディションが与えられます。その時点で「誰か」から必要とされています。

 

凄く恵まれた環境ですよね。

 

 

誰からも必要とされないことが一番辛い

 

 

人は誰かに必要とされることで、強く生きていけます。

 

誰からも必要とされないとか。そんなことあったら生きていけません。「あの人の為に」というのがあるからこそ、

 

どんな辛いことがあっても乗り越えていけます。

 

 

給料がそこそこもらえていても、別に何もしなくていいから、座ってるだけでいい。お前のこと別に必要としてないから。でも給料はあげるからね…。

 

と言われたらどう思いますか? ラッキーと思いますか?

 

僕なら3日もすれば、誰からも必要とされないという現実から逃げたくなります。

 

給料ではありません。必要とされるかどうかが大切です。給料が少ないとか言ってないで精一杯がんばったほうがいいです

 

自分を認めてくれる人がいるからこそ、頑張れるものです。誰からも必要とされないけど給料は貰えるって状況は耐えられないですよね

 

 

 

サラリーマンのメリットは与えてもらえる環境で、フリーランスは自分で作るしかない

blank

サラリーマンは、自動的に「必要とされる」場所が与えてもらえます。

 

どれだけサボっても、仕事が雑でも、ポディションがもらえます。

 

フリーランスは自分で作るしかありません。凄く厳しい環境ですね

 

 

。自動的に必要とされるステージなんて、誰も与えてくれません。自分が本気で頑張らないと、与えられません。

 

 

必要とされる物を作って、販売して、考えて考えて。価値を出していかないと。必要とされることなんて難しいです。

 

僕の妻は独立して頑張ってます。僕はそれを一緒に運営していますが。そんな妻がたまに呟くことがあります。

 

「本当に必要とされているのか…。」と、

 

その言葉には、重みがあります。全てを与えられるサラリーマンとは違い必要とされるステージは自分で作らないといけない苦しさ。

 

凄く重たい言葉だな…と感じます。自分が必死になって「生み出す」ことをしないと、「無」が待っているんだなって思い知らされます。

 

人から必要とされるというのは、凄く大切だし難しいことなんだと思います。

 

自動的にポディションがが与えられ、居るだけで「誰か」から必要とされるサラリーマンというのは、すごく幸せです

 

お金では買えない立場があります。サラリーマンのメリットは「必要とされる」ことなんだと強く感じます。

 

 

 

サラリーマンのメリットは、安定した給料ではない話→まとめ

サラリーマンのメリットは「必要とされる」環境があることです

 

給料を貰えることもいいことですが、それをメリットと考えていると、いざという時に路頭に迷う事になります。

 

自分で自分の身を守り、自分でお金を作り出す方向にいかないと、これからの不透明な時代、勝ち残れないと感じています。

 

サラリーマンは環境を利用して成長するために日々頑張ることで未来は明るいと思います。

 

努力して、どんな時代になっても生きていける強さやスキルを身につけていきたいですね。

 

僕はこれからも挑戦して頑張っていきたいと思います。

 

 

じゃっ(^_-)-☆

 

blankblank

関連記事

-LIFE, 人生
-, , , ,

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5