人間関係の悩み 部下/後輩指導のポイント

指示を理解できない部下【改善させる2つのステップ】

blank
とりたろ

部下に指示を出しても理解してくれない。理解できないのかもしれないです。こういった部下に対して、どう接したらいいのでしょうか。

blank
さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

本記事の内容

  • 指示を理解できないのはなぜ?
  • 改善するための2つのステップ
blank
さるたろ
ではいってみましょう
blank
とりたろ
よろしくお願いいたします。

 

この記事を書いてる人
blank

さるたろ(@ptsarutaro

この記事を書いてる僕は、個人でブログで発信をしながら人材育成に関わる仕事をしています。現場の課題に応じた研修も行っています→コチラ

 

 

指示を理解できない部下【改善させる2つのステップ】

blank

指示を理解できない部下って、結構いると思います。

 

1言って10理解する部下もいれば、10言って1しか理解できない部下もいます。

 

少ない指示でも、それ以上に理解してくれる部下

この違いは何でしょうか…。ここにヒントが隠されています。

 

原因の結論:全体像を理解できてなく、仕事を整理する能力が低いことが原因です

 

指示を理解できない部下に対しては、2つのステップが必要です

 

  1. 仕事を全体像を理解してもらう
  2. 仕事を整理してもらう

 

まずは仕事の全体像を理解してもらって、その後は仕事を整理する練習をする。この2ステップです。

 

blank
さるねずみ
でも、なぜこの2つが必要なの?

 

なぜ全体像の理解と、整理が必要なのか

この2つが必要な理由を説明するために、図にしてみます

 

まず全体像をザックリ表現するとこうなります↓↓

 

仕事の全体像、目的と仕事の違い

 

僕たちが仕事をする理由は、そこに仕事があるからではなくて、達成したい目的があるからですよね

 

大切なのは、その仕事をすることが、どう目的に繋がっているのかです。

 

ここが重要です

上司の指示は、「仕事」であることが多い

 

図にすると、

 

blank

 

こんな風に、仕事をやれと指示をします。

 

  • 何のためにやるのか、
  • なぜこの仕事が大切なのか、
  • なぜ自分がやる必要があるのか、

 

これを理解できてないから、指示を理解できないんです。

 

センスがある部下は、これを瞬時に理解して、仕事を整理します

 

そうなるためには、「仕事の全体像」と「仕事の整理」の2つのステップの理解が必要となります。

 

blank
さるたろ
この2つを深掘りしていきますね

 

 

1)指示を理解できない部下に、仕事の全体像を理解させよう

blank

 

まずは仕事の全体像を理解させることが必要です。抑えるのは下の3つです

 

  • 目的の理解
  • 目標の理解
  • 業務の理解

 

目的とは「何のために」やるかです。目標は「その為に何をするか」です。そして「実際にやること」が業務です。

 

目的と目標と、業務についての整理

 

部下は目の前の「業務」に焦点が当たりやすく、視野が狭くなります。

 

視野が狭くなると、「何のため」にやってるのか迷子になります。

 

ここ凄く重要です

人は簡単に「目的」を見失います。

 

 

仕事の全体像が見えないのは、業務に意識が向かうから

大袈裟じゃなくて明日になったら目的を忘れます。

 

理由は意識が目的に向かわずに、業務に向かっているからです

 

業務に意識が向かうと、目的を忘れてしまう

 

業務に意識が向かうと視野が狭くなり、目的を見失います。これが無意識の怖さです。

 

だから目的意識を持てと言われ続けてきたのですね

 

関連記事目的意識とは何? 詳しく解説【大袈裟じゃなく人生が変わります】

 

視野が狭くなるので、部下の、目を覚ましてあげる

ためにセンスがいい部下がいます。そういう部下は目的から意識をずらしません。

 

しかしながら、ほとんどの人は目的ではなくて、業務に目がいきます。

 

  • 目的よりも業務が大切
  • どうすれば業務が楽になるか

 

こんなことを考えて仕事をしていますので、目的なんて鼻くそみたいなものです。

 

blank
さるたろ
上司がやることは、全体像を何度も把握させることです

 

「なぜなのか理由を明確にして」あげよう。

 

  • 何のために仕事をしているのか
  • なぜこの目標が必要なのか、
  • この業務をやることで、どうなるのか

 

 

指示を出すにも、業務にフォーカスした指示出しではなくて、

 

しっかり目的、目標、そして業務の全体像が見えるような指示を出していくのがポイントです

 

 

 

2)指示を理解できない部下に、整理する能力を学ばせる

blank

全体像を把握することができるようになったら、次は業務の整理です。

 

ここを整理することが大切です

 

業務を整理することを学ぼう

 

指示を理解できない部下は、その業務が何のために行うのかの整理がつかないことが多いため、

 

その仕事を自分で整理できるようになれば、指示も理解できるようになります。

 

整理の仕方は無限にあるので、人それぞれだと思いますが、基本的には3つです。

 

  1. お客様のための仕事
  2. 会社のための仕事
  3. 社員のための社員

 

それぞれ箱を作って、そこに入れていくイメージです

 

与えられた業務のカテゴリーは何か、それが目的に、どう繋がるか

業務はたくさんあります。それをカテゴリー別に分けていくとわかり易くなります。

 

blank

 

この画像の人は、「会社全体の為になる仕事」を多くやっているのがわかります。

 

こんな風に、自分がやってる業務が何に当てはまるのか、整理をしていくと、自分の役割とかが明確になってきますよね。

 

この業務は会社の為になる仕事だ。会社のためになることで、目的を達成する手伝いをしたことになります。

 

こんな風に、業務を整理してそれが目的にどうつながるのかを理解していくことで、

 

指示されたことを自分なりに理解していくようになります。

 

関連記事なぜ優先順位がつけられないのか【原因&対策 / 詳しく解説】

 

まとめです時間がかかるので、諦めないこと

すぐに理解できる部下もいれば、そうではない部下もいます。

 

自分の価値基準で、これだけやったのにできないのは部下の能力が低いからだと決めつけるとそこで終わってしまいます。

 

時間がかかっても、ある時を境に一気に成長したりするので、根気強くかかわるのがポイントです。

 

  • 仕事の全体像をしっかり理解してもらい
  • 日常業務をカテゴリー別に整理して、目的に繋げる

 

この2点を根気強くやれば、少しは変化するはずです! 頑張りましょう

 

人気記事【転職なら】本気でおすすめできる転職サイト4選【満足度が高い】

人気記事【高待遇】IT業界・エンジニアに強いおすすめ転職サイト3社

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

2つのお知らせ

2月開催【夫婦関係】怒り、イライラから抜け出し関係を改善する3時間セミナー

2月開催【就活生向け】合格を勝ち取る3時間「面接対策」セミナー

竹内啓太の企業研修はこちら

blank

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

【TECH::EXPERT】 blank blank
blankblank
--------------------------------
レバテックキャリア blank blank
blankblank

--------------------------------

-人間関係の悩み, 部下/後輩指導のポイント

© 2021 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5