人間関係の悩み 部下/後輩指導のポイント

先輩社員の心構え【特に大切な、5つのポイントを解説】

さるねずみ

先輩社員としての、心構えで大切なことって何ですか? 教えてください。

さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

本記事の内容

  • 先輩社員の心構え:5つのポイント
さるたろ
ではいってみましょう
さるねずみ
宜しくお願いします

 

 

先輩社員の心構え【特に大切な、5つのポイントを解説】

新入社員や後輩が入社してきて、自分が先輩社員となる。

 

先輩社員として、どんな心構えが必要なのか、今回の記事はそれについて解説していきます。

 

先輩社員としての心構えで、大切なことは「5つ」ポイントがあります

 

  1. 後輩より、勉強すること
  2. 相手の価値観を理解しようと努力すること
  3. 諦めずに関わること
  4. 昔の自分だと思って接すること
  5. 相手を通じて、自分を理解すること

 

この5つのポイントが、先輩社員になった時に必要となるものです。

 

さるたろ
ってことで解説していきます

 

本題に入る前に、おすすめツールを紹介します。上下関係を診断できるツール

 

ミイダスで診断した、僕の結果です

 

ミイダスでタイプ診断をしてみる

 

 

さるたろ
では具体的に5つのポイントを紹介していきます

 

 

先輩社員の心構え:5つのポイントを具体的に解説

 

先輩社員は心構えが大切だ!! ←こんな風なことを言われたことありませんか?

 

正直、心構えってなんだよって思いますよね。ざっくりと心構えが大切だと言われても

 

心構えの中身を具体的に教えてもらうことがないと思うので、ここから5つのポイントに分けて解説します

 

後輩と関わるために、まずは自分を客観的に知っておくことが必要。その為にリクナビNEXTが運営している グッドポイント診断 がおすすめです。

 

自分の強みや特徴を客観的に分析できます

 

リクナビNEXTに無料登録して、強み診断を受けてみる

 

 

先輩社員の心構え、ポイント➀後輩よりも、圧倒的に勉強する

 

後輩はもちろん勉強するけど、それ以上に自分が勉強することです。

 

 

これは何となくのイメージですが、後輩の勉強量が3くらいなら、先輩社員は7くらい勉強しないといけません。

 

何故なら指導をする側は、「何となく知ってる」では済まされないからです

 

まあ、別に何となくくらいでいいや。と思った時点で勉強しなくなります。

 

さるたろ
そして後輩からバカにされます。

 

教える前に準備して、教えた後にも間違ってないか確認する。それを繰り返すことで血肉となります。

 

新人の頃は1つのことを、1つの方向からしか見てなかったかもしれません。

 

先輩社員になったら別の角度からも見て、自分なりに理解を深め、人に教えるようにならないといけません。

 

ぶうたろ
圧倒的に勉強することが必要だな

 

先輩社員の心構え、ポイント②相手の価値観を理解する

先輩社員となれば、何かと教えないといけませんね。

 

会社のルールや流れ、業務について、時には人間として、指導をすることになります

 

指導をする中で、言ったことやらないってことが起きてきます

 

その時に、あいつはやる気がないとレッテルを貼るのは簡単ですが、

 

  • 自分の教え方が悪いのか、考える
  • できない理由があるのか、考える
  • 相手のことを、考える

 

こんな風に、やらないのは相手のやる気の問題だと片づけるのではなく、

 

相手の価値観にまで意識を向けてみる。そうすることで、ただやらないのではなくて、

 

できない理由や、大切にしていることに気づけたりします。そこから指導方法を変えてみるってことができるようになります。

 

関連記事人間関係がうまくいかない理由【あなたの価値観が原因です】

 

 

先輩社員の心構え、ポイント③諦めずに関わること

何よりも、これが大切だったりしますが。指導して直ぐにできる人もいれば、そうでない人もいます。

 

僕が大切にしていることがあって、紹介しますね

 

すべての人に可能性があって、人は「きっかけ」一つで変わることができる

さるたろ先輩のお言葉

 

大切なことは他人と比べないことです。前に指導した後輩は3ヶ月でものになったのに、

 

今教えている奴は3ヶ月たっても全くできない。あいつはやる気がない

 

大切なのは「きっかけ」です。3ヶ月ではその「きっかけ」がなかっただけなので、

 

6ヶ月くらい諦めずに関わり続けると、いきなり爆発的に成長したりします。

 

これは本人にも解からないことで、教えた積み重ねでいきなり伸びます。だから諦めないこと。

 

関連記事新人の指導が苦手…【確実に新人がついてくる指導法‐完全版】

 

 

先輩社員の心構え、ポイント④昔の自分だと思って接すること

後輩は他人ではなくて、過去の自分だと思って接すること。

 

1年目の時に、困ったことや、悩んだことなど、色んな経験をして先輩社員となりました。

 

昔の自分がいると思って、手を差し伸べる。自分に持っているものを惜しげなく与える

 

これをしていくことで、後輩は一気に成長するし、自分にとっても成長になります。

 

与えた人間は、与えられます。だから教えること、向き合うことから逃げず、全力でやってみる!

 

 

先輩社員の心構え、ポイント⑤相手を通じて、自分を理解すること

先輩社員は後輩に教えるのではなく、後輩から教えてもらうものです。

 

後輩を指導していると、感情が揺さぶられることが増えます

 

  • イライラしたり
  • 悲しくなったり
  • 嬉しくなったり
  • キレたり

 

いろんな感情が出てきます。それは後輩という人間が、自分に教えてくれているからです。

 

さるたろ
一人で感情が揺さぶられることは、ほぼありませんよね。

 

自分以外の誰かがいるから、その人を通じて自分が学んでいます。

 

なぜイライラするのか、なぜ嬉しいのか、なぜ悲しくなるのか、なぜキレてしまったのか

 

感情を揺さぶるベースとなるのが、自分が大切にしていることです。

 

感情を揺さぶられることで、自分が何を大切にしていたのが気づくことができます。

 

後輩を通じて、自分を理解する。理解することで成長することができます。

 

関連記事イライラを抑える為には…【2つ、スキルが必要です】

 

 

先輩社員は凄く大変です。だから心構えが大切です

5つのポイントを紹介してきました。

 

なぜそこまで心構えが必要なのかというと、先輩社員は物凄く大変だからです

 

人を教えるとなると、自分の時間が圧倒的になくなります。

 

さるたろ
時間も無くなるし、精神的にも追い詰まります。

 

誰かと向きあうというのは、すごく大変なことです。

 

だから心構えがないと迷ってしまったり諦めたりします。

 

どうせ後輩を指導するのであれば、お互いが成長できるような良い関係を築きたいですよね。

 

心構えをしっかり持ち、しっかり関わる。これが大切ですね

 

まとめです未来の自分の為に、教えよう

指導することは、後輩のためでもありますが、一番は自分の未来のためです。

 

誰かと向き合い、誰かを助けることは、全てが自分に繋がります。

 

大変だけど、頑張ってみる。そして諦めないこと。そうすることで未来は明るいです。

 

まずは自分に合う上司部下のタイプが診断できるツールで診断してみましょう内容は有料レベルなのに無料なので驚きます!

ちなみに僕の診断結果

自分に合う上司、あわない部下が明確になります

 

ミイダスに無料登録して、上下関係診断をしてみる

-人間関係の悩み, 部下/後輩指導のポイント
-,