仕事ができる人になる 仕事の悩み

仕事でミスばかりする【解決策を、FAXも送れない僕が解説】

blank
さるねずみ

仕事でミスばかりします。ミスする自分が嫌になってきます。なんとかならないかな…。

blank
さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

本記事の内容

  • 僕のミスした体験を紹介
  • 短所の克服では、ミスばかりします
  • 長所を伸ばすことで、セルフイメージを上げる
  • すべて自分の思い込みが原因です
blank
さるたろ
では、いってみましょう
blank
さるねずみ
宜しくお願いします

 

この記事を書いてる人
blank

さるたろ(@ptsarutaro

この記事を書いてる僕は、個人でブログで発信をしながら人材育成に関わる仕事をしています。現場の課題に応じた研修も行っています→コチラ

 

仕事でミスばかりする【解決策を、FAXも送れない僕が解説】

blank

仕事ではミスが付き物です。ミスしない人間なんているはずがありませんよね。

 

そんな中でもミスが多い人と、少ない人に分かれます。

 

ちなみに僕はというと、ミスばかりして、とにかく仕事ができない人間です。今でもミスばかりしています

 

社会人になったばかりの頃はFAXの使い方がわからず苦労しました。(今は送れます)

 

やっと使い方を理解しても、送り先の番号を間違えて別の会社にFAXしたり、それが何度もです。

 

ほかにも沢山のミスをし続けました

 

仕事でミスばかりする僕、日に日に自信が失われました

僕は事務仕事が苦手で、今でもミスをしますが少なくなったほうです。

 

blank
さるたろ
当時の僕はほぼ100%、ミスをしていました

 

契約書には、名前や印鑑、添付書類など用意する必要があったりしますよね。

 

僕は毎回です。毎回、名前は書いているけど印鑑を押し忘れます。またそれ以外にも必要添付書類を忘れたりします

 

印鑑を押し忘れて提出するので、ほぼ毎回、「印」の部分に付箋紙を張られて送り返されました

 

blank

 

毎回ですよ。ホントに毎回、印鑑を押し忘れるんです。

 

だから僕は1度で契約できたことがありませんでした。

 

 

僕は仕事でミスばかりでした。とても辛かった

blank

僕は、仕事でミスをするのが当たり前でした。

 

それもとても簡単な仕事でのミスですので、すごく凹みました。

 

誰もが簡単だと思う仕事でもミスばかりしてました

契約書の印鑑を忘れるのは、当たり前でした。

 

ほかにも人が簡単だと思うような仕事で、僕はミスを連発していました

 

WEBから申込手続きをしたつもりで、してないことが何度もあったり、

 

会社の勤怠システムの入力も間違えて、管理部に何度もられたり、

 

飲み会の幹事をした時に、回収する金額を間違えてお金が足りなかったり、

 

飲み会の案内メールで、全然違う別のお店のURLを送って大混乱になったり、

 

何かで集めたお金を落としてしまって、自腹を切ったり…。

 

弁当を注文して、取りに行ったがお店が見つからず半日、道に迷ったり…。

 

関連記事【実体験】新入社員はみんな失敗します【この記事みて安心してね】

 

これはほんの一部です。とにかく僕は簡単な仕事ができませんでした。

 

ミスをすると自分のダメさ加減に嫌気がさして、どんどん自信をなくしていきました。

 

自信がなくなると仕事をするのが恐怖でした。

 

仕事でミスばかりする原因は、ミスに焦点があたっていたから

blank

僕はミスをするのがこわくなってしまい、ミスをしないように意識して仕事しました。

 

僕は「仕事ができる人間になりたい」と願っていました。

 

  • もっとスマートに仕事がしたい
  • 難しい仕事をまわして、できる人間になりたい
  • 誰かも指摘を受けない人間になりたい

 

こんな風に「仕事ができる人間になりたい」と日々、願って仕事をしていました。

 

そんなとき、ある本を読んでいた時に、これにピッタリ当てはまる内容を見つけました。

 

 

この本の中に書かれていること、一部引用します

 

当時の私の意識は「成功したい」「みんなに愛されたい」「有能な人間になりたい」と強く願っていましたが、それは未来の自分に対する思いだったのです。一方、無意識がとらえている「いま・ここ」にある自分とは「何をやってもダメな私」だったのです。

つまり、当時の私の無意識は「何をやってもダメな私」という、「いま・ここ」にある自分を実現しつづけていたのです。

願いが叶うNLPより引用

 

なりたい自分を強く願うことで、ダメな自分を実感していました。

 

つまり焦点を「ミスする自分に」当てていたってことです

 

ミスをしない人は、ミスすることを考えてない

ミスをしない人は、できて当然だと思っているのでミスをしません。

 

 

ミスしないように、ミスしないようにと考えながら仕事をしてませんよね。

 

でも僕は逆でした。ミスを避けようといつも考えています。

 

要するに僕は自分のことを「ミスをする人間」だと思い込んでいたことになります。

 

ミスする人間だから、ミスしない行動をしよう

 

ミスする人間だから、もっとしっかりしないとダメだ。

 

こんな風にダメな自分をイメージして、それを克服するようにしていましたが、これが間違っていました

 

短所を克服するのではなく長所を伸ばしていく

たいてい、自分の短所を克服しようとします。

 

僕は特に事務仕事でミスを連発するから、事務仕事でミスをしない人間になりたいと、ダメな自分を否定して、何かを求めます。

 

ミスをしないような、自分になりたい。と思えば思うほど、ミスをしないように頑張ります。よってミスに焦点が当たることになりますね。

 

これをすると負のスパイラルになります。

 

ミスすることを考えないようにする。その為に自分が得意とするものに焦点を当てる

 

そしてそれを最大限に活かそうと考える。長所をもっと伸ばすことを考えると「ミスする自分」をイメージしません。

 

長所を伸ばすことで、小さな成功体験を積み上げる

長所を伸ばすということは、出来て当然だと思っているので、成功しますよね。

 

料理が得意な人が、料理を作るとなれば「成功する、出来て当然」だと思って取り組みます。

 

料理が苦手な人が、うまい料理を作りたいと頑張れば「失敗しないぞ」と思って取り組むことになり、失敗します

 

こんな風に「出来て当然だ」と思えるものに、どんどん挑戦して、自分を伸ばしていくことで、成功する確率が上がります。

 

どんな小さな成功体験でもいいので、それを積み上げることで、「自分はできる人間」だと信じることができます。

 

関連記事【経験談】継続することで、自分を好きになれました。

 

「ミスするダメな自分」から「自分はできる人間」にセルフイメージが変われば、

 

自然とミスがなくなります。←←ミスをイメージしなくなるからですね。

 

噓みたいな話だと思うかもしれませんが、人間はイメージで生きていて、自分たちが思っている以上に、イメージに左右されているんです。

 

もし仕事でミスばかり連発しているのであれば、一度ミスから離れてみることをお勧めします。

 

「ミスをしない」ではなく、「できることをやる」に切り替えるだけで、変わります

 

まとめです全部、思い込みです

ダメな自分、ミスばかりする自分、何をやっても上手くいかない自分、

 

ミスしないことも沢山あったのに、ミスする自分ばかりイメージしてしまっています

 

これらはすべて自分が思い込んだものです。

 

どうせ思い込むなら、できる自分に切り替えてしまって、頑張ったほうがいいですよね。

 

ってことで、まずは長所を伸ばして頑張りましょう!

 

正直、日本は先行きが不透明です

 

だからこそ安定的に稼ぐスキルを身に付けておくべき時代になってきています。作業した分だけ、自分の身になります。

 

3分程度で無料登録できて、リスクがないので全部登録して、未来を変えていきましょう

 

【日本最大級‐クライドサービス】

【スキルの販売、購入なら】

blank

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

2つのお知らせ

2月開催【夫婦関係】怒り、イライラから抜け出し関係を改善する3時間セミナー

2月開催【就活生向け】合格を勝ち取る3時間「面接対策」セミナー

竹内啓太の企業研修はこちら

blank

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

【TECH::EXPERT】 blank blank
blankblank
--------------------------------
レバテックキャリア blank blank
blankblank

--------------------------------

-仕事ができる人になる, 仕事の悩み

© 2021 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5