みなし残業っておかしい?【効率よく仕事をすれば、むしろ得です】

とりたろ

みなし残業っておかしくないですか?

どれだけ仕事しても、残業代が固定だなんて!

やってられません

blank
さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

 

本記事の内容

  • みなし残業制度とは
  • みなし残業のメリットを利用しよう
  • 残業を減らして、効率よく仕事しよう

 

この記事を書いている僕はITベンチャー企業で、みなし残業で勤務していました。

 

残業時間が100時間を超えるときもありました。←こういう状況だと、正直みなし残業は割に合いません。

 

効率よく仕事すれば、むしろ得なので考え方を変えて仕事するほうがいいと思います。

 

 

みなし残業っておかしい?【効率よく仕事をすれば、むしろ得です】

blank

みなし残業はおかしい? 結論として別におかしくはないです。法律でも決められているちゃんとした制度です。

 

僕も実際にみなし残業の会社で勤務していましたけど、自分次第ってところが大きいので人によっては、得だと感じると思います。

 

その前に、残業について説明します

 

 

『みなし残業』『固定残業』『定額残業』について

 

残業に関していろんな名称で呼ばれています。よく聞くのが、みなし残業代固定残業代定額残業代だと思います。

 

簡単に言うとこれらは全部一緒。ちょっと解説すると、

 

『みなし残業』とは? 2種類の考え方があります

 

残業は『みなし残業』に全て統一されているんだけども、この『みなし残業』は2種類に分類される。

 

これね↓↓

 

  • 月に40時間は残業するだろうと「みなして」給料に〇万円、含める
  • 月に5万円分の残業代を手当として給料に含める

 

 

どちらも、みなし残業です。さらに内容を説明すると、

 

どうせ残業するでしょ。とみなして設定したもの

 

これを適用されている職種は、実労働時間の把握が難しいとされている職業の方。

 

  • システムエンジニア
  • コンサルタント
  • 研究員

 

などです。実際に労働しているかの把握が難しい場合、予め予測される残業時間を決めて運用したほうが解りやすいのが理由(労使協定を結ぶ)

 

おそらく、1日2時間くらいの残業はあるだろう。月でみると40時間は残業だろうってことで

 

じゃこれが契約ね↓↓

 

月額:30万(うち40時間分の残業代を含んでいます)

 

 

 

 月5万と決める「固定残業」と「定額残業」は一緒の表現

 

固定残業と定額残業ってのは一緒のこと。

 

これは残業代からあらかじめ「いくら」ってのが固定されている意味。それで名前が固定残業代と定額残業代となります

 

↓こんな感じ

 

・基本給:13万 ・残業手当:5万 ・職務手当:2万

 

会社によっては残業手当は上記5万に全て含まれているよ。固定されているよ。定額だよって意味です

 

それはどういうことなのか‥‥。

 

残業は5万円分としてみなしていますので給料に含めていますってことです

 

 

この場合2通りの考え方ができる↓

 

  1. めっちゃサボっても残業代がもらえるラッキー
  2. 残業続きであきらかに定められている金額より多くの時間を費やす←最悪

 

この固定残業代と、うたってる企業に関しては残業は必須と考えたほうがいいから、②に該当する人が増えるってことね。

 

でも、これって法律的にはいいの?

 

企業で決めた制度にすぎませんので、法律では請求できる

 

40時間分としてみなして残業代を固定されている場合で、就業規則で決まっていない場合は、

 

残業が40時間に満たなくても基本的には、40時間分のみなし残業代が支払われます。

 

これ→40時間を超えた分は、会社は別途残業代を上乗せして支給する義務がある。

 

 

みなし残業はおかしいでしょうか?

 

  • 残業時間に満たない場合でも固定の給料がもらえる
  • 時間を超過した場合でも、会社は上乗せして支給する義務がある

 

 

みなし残業制度は、労働者側にとってもメリットは大きい制度ですよね。

 

働かなくても固定残業代がもらえて、働きすぎた場合でも請求できるわけです。

 

 

なぜ、みなし残業制度がおかしいと、言われるのか

blank

残業時間に満たなくても、固定給がもらえる。超過した場合は企業側に支払う義務があります。

 

正直、メリットしかないと思いますよね。

 

超過した場合は企業側に支払う義務があります。←ここに穴があります

 

 

支払う義務があるだけなので、労働者が支払い請求をしないかぎり企業側は払いません。

 

正直、僕は40時間を超えて50時間はたらきました。よって10時間分を払ってくださいって、毎月、毎月、言えませんよね。

 

めんどくさいし、もめたくないし、お金のことを毎月、言うのってちょっと感じ悪いなって思ってしますので、

 

いちいち言わなくていいかなーって、ほとんどの人が請求してないのが現状です。

 

 

ブラックな会社は、みなし残業を勘違いして悪用する←おかしいことになる

 

改めて、みなし残業はこうですね

 

  • 月に40時間は残業するだろうと「みなして」給料に〇万円、含める
  • 月に5万円分の残業代を手当として給料に含める

 

 

みなし残業代として5万円(40時間)分を払っているから、社員に働いてもらわないと困る。100時間つかったら得やないか

 

こんな感じでブラック企業は勘違いしているか、社員が知らないと思って、

 

固定の5万で、どんだけでも働かせてやる←こんな会社の場合は、最悪な制度となります

 

 

※法律では超過分に関しては、企業側は支払う義務があります。

 

労働者は超過分をもらえますが、会社がこわくて請求できませんよね。これがおかしいって言われる原因ですね。

 

退職するときに、遡って請求するって人もいますが、ほぼ関わりたくないので、泣き寝入りしますね。

 

 

みなし残業は、運営する会社によって「おかしい制度」になる。→解決策を2つ

 

みなし残業は運営する会社のモラルが問われます。みなし残業制度をしっかり理解したうえで、解決策を2つ提案しますね。

 

  1. みなし残業を利用するブラック企業は「すぐ退職するべき」
  2. 普通の会社の場合は、仕事効率を上げて早く家に帰

 

 

みなし残業制度は、残業時間が満たなくても固定給がもらえます。時間を超えた場合は企業は支払い義務がある。

 

あきらかにモラルの低い会社の場合は、すっぱり退職した方がいいです。すべてを消耗するのがオチです。

 

ブラック企業ではない場合は、いかに残業時間を減らせるかが勝負です。効率よく働いて固定給をうまく利用すればいいです。

 

 

だらだら残業せずに、効率よく仕事して、しっかり成果を上げていれば、何の問題もありません。

 

労働者にとっては、効率よく仕事して残業しなくても固定給がもらえるので、メリットしかないですよね。

 

 

 

効率よく仕事して残業時間を減らそう! そこまで働いてますか?

blank

日本人って働きすぎ、残業しすぎじゃないのかって言われますよね。←でもこれ本当に働いているのか疑問ですよね

 

僕は、正直に言うと会社勤めの時は、100%本気で働いているワケじゃありませんでした。(勿論働いてる人もいるよ)

 

 

働きすぎじゃなく、会社に居るだけになっていませんか?

 

残業、残業といって、ただ会社に残ってるだけの人が多いと思います。

 

1日8時間の勤務で、そして残業が3時間で、20時くらいに帰宅する人がほとんどですよね。

 

僕は、休憩入れて11時間を、マジで仕事をしてるかって言われると→していませんと答えます

 

 

全ての時間をフルマックスで仕事してないでしょ?

 

しんどいでしょ。毎日頑張るって、そこまで無理ですもの。

 

でも、1日8時間を週に5日間。めっちゃ集中してやれば、残業なんて発生しないかもしれません。

 

ぐだぐだ無駄話したり、アイコスとか吸って無駄話をする。だったらさはやく帰ろ。会社から出よ。

 

効率よく仕事して、みなし残業を利用しようよ。そして成果を上げて会社に還元すれば文句言われない

 

 

 

 

みんな【帰るタイミングを見計らってる残業】が発生してる

 

残業している人の中で、めっちゃ仕事してる人はほんの一部だと思います。

 

パソコン見てるだけの人は、意外と多いと思います。

 

大半が帰るタイミングを見計らって残業が発生しています

 

きっとこんな感じ↓↓

 

17:30:俺は仕事終わっていつでも帰れる
17:45:でも上司が仕事している風だし、帰れねえ
18:00:まだ上司が仕事しているな
18:30:はやく仕事終わってくんないかな
19:00:「お先に失礼します」って言いにくいよ
19:30:俺、今月売上悪いしな…。早く帰れねえよな
20:00:ん~、ちょっと仕事してるフリすんの疲れたなあ
20:15:なげえな…
20:30:くそ上司!!はよ帰れや
21:00:いつまでやってんだよ!ふざけんな!!
21:15:おっ、パソコン閉じそうだぞ…
21:30:席をたったぜえ。帰れるぞ~
21:45:リンリン♪(上司の携帯が鳴る)「ゲッ!д゚)」
22:00:クッソ~電話なげえって!
22:30:やっと終わったぜ!帰宅!

 

はいっ、残業。残業確定。これぞ、帰るタイミング計った残業。

 

blank
ぶうたろ
なんじゃこれ

 

 

無駄だ。無駄だ。はっきり言って無駄ですよね

 

帰ろうと思えば帰れるけど、

 

  • 帰ったら何か言われようだ
  • 仕事してないって思われる
  • 売上悪い時は帰りずらい

 

 

結局、自分がどうしたいかですよね。周りの目を気にしていると残業を抑えることはできませんよね。

 

 

みなし残業は、自分の意志を貫けない弱さが問題

blank

 

僕もハッキリ言って弱い人間です。

 

せっかく早く帰れるのに、帰りずらい環境だから、残って仕事をする事が多かったです。

 

帰るタイミング探しが仕事になって残業増えるし、もう最悪です。悪いサイクルをひたすら繰り返す。

 

それでも環境を優先する。自分よりも会社環境を優先する。

 

だって会社内でうまくやっていきたいから。なんか文句言われるんなら残業してたほうが楽です。

 

 

みなし残業を上手に利用するには、周りからどう思われても、効率よく仕事して、成果だして、はやく家に帰る。

 

結局、自分次第で世界を変えることができるので、意思を貫く勇気と行動力が必要となります。

 

 

早く帰ろうが、売上は変わらない

 

僕は、以前働いてた会社で、売上が悪かった時がありました。

 

その時に早く帰ろうもんなら、コレよ

 

あいつ、売上悪いくせに早く帰ってやがるよ。だからダメなんだよなー。普通帰るかねー。

 

 

うっせえ。だまらっしゃい。←言いたい

 

残業したら売上が上がるんか。ひたすら残業して、会社に残って売上が上がるんか。

 

blank
さるたろ
あがりません

 

そうじゃないのよ。何もしてないワケじゃないのよ。みんなちゃんと働いてるワケよ。

 

毎日、早く帰ってるワケじゃないし、たまたま早く帰ろうとしただけだから。仕事量=成果って精神論を追求しても仕方ないでしょ。

 

だからブラック企業ってのが存在しているんだ。残業が多い国になってんだよ。

 

精神論で片付ける時代は終わりました。根本的に売上が上がらない何かを見つけて時間内に集中する事が大切ですよね

 

会社に残っている事が正義ではないです。残らなくても、本気で売上があがる施策を考えることですよね。

 

早く帰ったせいで売上が下がることはあり得ません。

 

これが、まかり通ったら日本中の人が、ずーーーーっと会社に残らないといけない状況になるよ?

 

 

 

本質をみて行動するのが大切

 

会社に残る事で仕事をしている感じになっているだけ。この状況は本質的ではない。

 

本質は目標を達成するかどうかで、その為に出来ることを時間内で行うことです。だらだら会社にいても仕方がありません。

 

限られた時間でやるべき行動を100%やる。そして15時にやるべき事が終われば、本来は帰っていいんですよね

 

 

会社に残ることが正義になっているから、無駄な残業になるんだよね。

 

ルールは守らないといけないけど

 

就業規則はルールです。確かにそれに則った行動をしないといけないです。ルールなので

 

8時ー17時で会社にいたら、別に仕事せずサボってても給料もらえます←悪くないです。ルールだから

 

 

さらに、帰りにくいから残業が含まれると、8時-20時ってことになります。その時間、全然働かなくても問題ないわけです。

 

一方で、8時-15時の間に本質的な行動をして、めっちゃ仕事頑張って、17時ピッタリに帰宅した人→なんとなく責められる雰囲気がある

 

この雰囲気が異常なんです。効率よく仕事して、早く帰りましょうよ。

 

会社にいる時間=仕事ではないですよね。

 

 

結果ではわからない事が多い

 

営業や販売って数字に現れます。だから定時に帰っても数字上げてたらOKですね。

 

売上上がってねえ奴は残業してでも仕事すべきだ。

 

こんな雰囲気がありますが、数字があがる要素は精神論ではないです

 

  • 担当した得意先が大手ならラッキーで売上が上がります
  • 前任者が頑張っていたものが、自分が担当になったタイミングで開花する
  • 逆に、難しいエリアや得意先を持ったら、努力ではどうしようもない場合もある

 

 

こんな感じで、営業には環境要因も大きく影響するので、精神論だけではどうしようもありません。

 

だから残業をして、会社に残っている事が正義じゃないです。残って仕事している雰囲気を出している人が本当に仕事しているワケじゃないです。

 

みんなで、この雰囲気を変えていきたいですよね。やることやって早く変える環境にして、みなし残業を利用しましょうよ

 

 

 

残業を無くすために、中途半端なルールを決めても意味がない

 

会社の残業をなくすために、「NO残業day」の施策をうつ会社って多いですよね

 

だいたい水曜日が「NO残業day」になることが多いのです。さらに朝礼時に自分の帰る時間を宣言するって策もあります。

 

残念ながら、こんなことをしても意味はないです。

 

やることが中途半端なんです。だいたい残業って事がおかしいの。就業規則で18時って決めたんなら、シャッターしめればいい。

 

それをやる勇気がないから、みんなダラダラ残ってんです。やるんなら思い切ってやるんだ

 

中途半端に週1回とかやるから、そもそも根本が解決しない。毎日18時に終わるようにしたらいい。

 

18時に終わるように根本を解決するように動いていくべきである。

 

 

やっぱリーダーは早く帰ったほうがいいよ

 

組織のリーダーが部下に仕事をしているところを見せすぎています。

 

みんなそんなの期待してはいません

 

リーダーは部下の生活を守ることも仕事ですが、早く帰ってあげることも仕事です

大半のリーダーは残業する事が仕事になっています。

 

あいつ仕事してないよねって言われるのが怖いから残ってるだけです。

 

早く帰っても、チームの売上が達成するように組織を作るのが本当のリーダーの仕事です

俺は仕事している、俺いろいろは大変なんだと、やってる感じを出すのではなくて、やる事やって早く帰る。

 

リーダーは大きくかまえて、すべてをマネジメントする気持ちが大切だと思います

 

 

みなし残業っておかしい?【効率よく仕事をすれば、むしろ得です】⇒まとめ

みなし残業制度を理解して、自分の力で効率よく仕事して、早く変える。

 

これが出来ればみなし残業は、メリットしかありません。みなし残業制度を悪用するブラック企業の場合は、モラルの問題なので、

 

そういった会社の場合は一刻も早く退職した方がいいいいです。

 

無駄に残業せず、勇気をもって、帰るようにする。そしてしっかり成果を上げる。これで問題はないと思います。

 

頑張りましょう!! もしあなたの上司がだらだら仕事していたら、言ってやりましょう

 

 

おい、パソコン見ているフリしてねえで、はよ帰れや

 

 

って一度でいいから言ってみたいね?

 

ではっ(^_-)-☆

 

関連記事

-LIFE, 仕事
-, , , , ,

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5