【対策】面接で気をつけること【マナーばかり気にしてない?】

2018-05-21

春は面接シーズンだ!

 

偉そうな人事の奴らと面接しないといけない就活生や求職者は大変だっ!

 

1次面接にはじまり、最終役員面接まで複数回ある。しんどいよねーー。

 

blank
さるたろ
今回の記事はリアルな「面接対策」を紹介していくよっ!!

 

 

【対策】面接で気をつけること【マナーばかり気にしてない?】

 

面接の対策をする場合、抑えるポイントが変わっていくので、まず最初にそれを抑えましょう

 

面接は1次面接~最終面接まで複数回あります。

 

 

それぞれで、見られるポイントなども変わってくるので、細かく下で説明します。

 

 

面接の超基本はこちら↓

参考

 面接とは? 基本を抑えて就活しよう

 

blank
ぶうたろ
一次面接、二次面接、役員面接…。なげーなー

 

 

 

一次面接で気をつけること⇒接遇、マナー、雰囲気重視の対策

blank

一次面接での対策を具体的に紹介していきます。

 

1次面接は書類選考を通過している状態もあれば、書類選考と一次面接が同時というパターンもあると思います。

 

この時点で一番気を付けるべきことは、接遇やマナーといった雰囲気的な部分になってきます。

 

blank
さるたろ
印象第一だから身だしなみとか気を付けろ

 

 

単純に一次面接は応募者が多い

 

基本的に一次面接は応募者が多いです。

 

対応する人事の方は1人でやってる企業もあります。

 

会社によっては2人、3人とか更に多くの人数で対応している会社もあるけど、基本的に忙しい。

 

blank
さるたろ
1次面接は応募人数が多いから、面接する側が大変
blank
ぶうたろ
クソ忙しい時に、沢山の応募者が来るから正直見てらんねーよ

 

でもみんな同じような志望動機を話すもんだからね、ハッキリ言って皆一緒にしか思えない。

 

そんな見極めることができない状態の中で、ちょっと接遇やマナーが悪い奴いたら内容とか経験とかを見る前に落とします。

 

 

一次面接の志望動機は、下手でも自分の言葉で話すように気を付ける

 

面接の質問で一番多いのが志望動機です

 

就活生も志望動機をしっかり考えて、一語一句間違うことないように頑張って覚えますよね。

 

多くの就活生が勘違いしているのは、志望動機を上手く言えるかどうかってことに執着しすぎなんです。

 

blank
さるたろ
上手に言えるかどうかなんてどうでもいいこと
blank
ぶうたろ
志望動機を上手く言おう大会みないになってるな。

 

別に詰っても、噛んでもいいでしょ。

 

本当にその会社に入社したいという強い気持ちと動機があれば、気持ちを伝えたらいいだけです。

 

入社したい気持ちがないのなら、それは面接以前の問題です。選考をやめたほうがいいでしょう

 

面接に臨むのであれば、自分はなぜその会社に入社したいのかを深く考えたほうがいい。

 

もし入社したい理由があるのであれば、その理由を自分の言葉で話してくれたほうが、採用担当の立場からするとありがたい。

 

blank
さるたろ
みんな、ネットで検索してきたような理由だし。
blank
ぶうたろ
御社の理念に共感してとか、噓つけよ。バレバレやわ

 

リアルに入社したいと思っている人の志望理由は、人を引き付けるものがあります。

 

 

面接マナーも意識しすぎるのは超逆効果だから、気をつけること!

 

就活生はマナーも意識することでしょう。

 

ちょっとした動作でもマナー違反となり不合格になるのではないか…

 

一つ一つが不安になり慎重になり、過度なマナーが目立つようになる。

 

blank
さるたろ
普通にね。丁寧すぎると嫌だよね。
blank
ぶうたろ
自然に、ちゃんとしてればいいんだ!

 

面接官も人間です。マナーが完璧な人よりも、「ちゃんとしている人」を求めています。

 

演劇をする様な会社ではないのだから、そこまでマナー演技する必要がない。普通の企業なら、挨拶と笑顔とお辞儀で大丈夫です。

 

自分の対応が過剰すぎないかは、人に見てもらってもいいと思う。

 

基本的には、名前を名乗る、笑顔で挨拶する(自然に)、ちゃんとお辞儀する。

 

これさえ抑えておけばあとは自然体でいることを意識したほうがいいでしょう。

 

 

 

二次面接で気をつけること:実績やスキルなどを意識した対策

blank

 

二次面接に進んだら特に意識したいポイントは自分の「やってきた事」になる。

 

自分の武器を提示して企業にアピールする面接になってきます

 

 

自分の実績やスキルを勘違いしないこと。

 

俺は野球で4番バッターで甲子園に行きました。

生徒会の会長をやってました。

 

いや。だからなんだよ!

 

 

ハッキリ言って、そんな実績くらいで「どーよ俺」みたいになってないですか?

 

無理無理。そんな奴いらねーよ。

 

大切なのは、実績(結果)に対して自分に身についた「スキル」を伝えないといけない。

 

 

例えば生徒会の会長をしてました。

 

会長の役割で〇〇をしてましたが、◆◆という課題がありました。それを改善する為に△△を実施しました。

それによって自分には★★というスキルが身につきました。

しかもそのスキルが御社の●●に貢献できると思うんだけど…。

 

だから僕を採用したほうがいいんと違うか? まで話を展開させないと意味がない。

 

blank
ぶうたろ
ただコレができます。アレができますというアピールじゃ意味ない。
blank
さるたろ
大切なのは具体的なスキルが対象企業にどう活きてくるかが大切。

 

 

華やかな実績がないです←別にどんな内容でもいい

 

  • 僕は凡人で何もありません
  • 輝かしい実績や成果がありません
  • アピールできるほどのスキルがありません

 

凄い実績や凄いスキルに越したことはないけど、大切なのは具体性です。

 

甲子園の4番バッターじゃなくても、ベンチで分析したりサポートしてきたり、場の空気を和ましてきた具体性があるでしょう。

 

自分という人間に向き合って「自分とは」なんだと深く分析してみてください。

 

必ず自分なりの良い部分「スキル」があるはずです。

 

自分なりオリジナリティを出していきましょう!

 

 

 

三次以降の面接で気をつけること:3年、5年、10年などの将来ビジョンなどの対策

blank

三次面接いこうは、将来をちゃんと見越しているのかどうかがポイントになります。

 

よく言います。3年後なんて入ってもないのにわからないと…。

 

その通りなんですが自分なりに仮設を立てるくらいはできるでしょう。

 

自分が入社を考えてる業界がどうなっていくのか勉強したら何となく理解できると思います。

 

 

ちゃんと勉強して、それに対しての自分の意見をもつこと

 

別に素晴らしい見解を求めていません。

 

将来を見ているのかどうかが大切なんです。将来を自分で勉強してそれに対し、自分はどのようになっていきたいのか。

 

会社での自分のビジョンと、私生活でのビジョン。先を見ているのかどうかが凄く大切なことです。

 

blank
さるたろ
5年後、どうなっていたいですか? 

 

の質問に、

 

blank
ぶうたろ
考えていません。
blank
とりたろ
こ、後輩から信頼してもらえる先輩になりますぅ

 

↑↑明らかに勉強していない回答では他の人と差別化できません。

 

自分なりの答えを持つことを心掛けてください。

 

 

 

面接で気をつけること→まとめ

いかがでしょうか。今回は面接対策について書きました。

 

面接はしっかり自分自身と向き合うことからはじめないと、対策できません。

 

小手先のテクニックだけで乗り越えられるほど甘くありません。しっかりポイントを抑えて対策をとるべきです。

 

最後に…。面接のポイントはキャッチボールを意識すること。

 

キャッチボールは投げる→受ける→投げ返す。この一連をやってこそ成立するもの。

 

ボールを受ける。で止まったらダメだよ。

 

例えば…。

blank
さるたろ
高校の時の部活動は?
blank
ぶうたろ
はい。野球をやっておりました。

 

ではなくて。

blank
さるたろ
高校の時の部活動は?
blank
ぶうたろ
はい。野球です。キャッチャーをやってました。

とか

blank
ぶうたろ
はい。野球です。小学校からなので約10年間やってます。

 

キャッチボールは聞かれたことをYES・NOだけで返答するのではなく、必ずなにかを添えることで、会話の展開が望めます。

 

ボールを投げ返すイメージです。

 

これで面接対策もバッチリだねっ!!

 

面接の基本を解説している記事です↓↓

 

blank
なぜ面接に受からないのか【面接とは何かを理解していないから】

続きを見る

 

頑張ってくださいー

 

blankblank

関連記事

-LIFE, 人生
-, , ,

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5