志望動機の言い方←練習しなくていい【採用担当だった僕が解説】

blank
さるねずみ

志望動機の言い方をどうしたらいいか知りたいです。どんな言い方をしたら採用担当の方に響くのか、ポイントがあれば教えて欲しいです。

 

blank
さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

 

本記事で学べること

  • 志望動機の言い方よりも大切なもの
  • 採用担当が見ていることを理解しよう
  • どうしたら思いが伝わるのか

 

blank
さるたろ
ではいってみましょう
blank
さるねずみ
よろしくおねげーしやす

 

 

 

志望動機の言い方←練習しなくていい【もっと大切なものがあります】

blank

日本は新卒一括採用がメインですね。みんな一緒に就職活動をして、みんな同じ時期に入社する。

 

みんなが同時に就活するから、ライバルが沢山いて、選ばれることに必死になりますよね。

 

選ばれる為には、会社の採用担当に面接で自分をアピールする必要があります。

 

面接で必ず聞かれる内容は、志望動機です。「なぜその会社を選んだのか」これが一つのハードルになります。

 

みんな志望動機の言い方に気を付けたり、上手に伝えたいと思うし、必死で対策します

 

必死で練習している方に失礼かもしれない、それでも言いたいです→志望動機の言い方とか練習するのは止めましょう

 

志望動機の言い方に気を捉われないで欲しいです。もっと、もっと大切なことがあります。

 

blank
さるたろ
その大切なことを、解説します

 

採用担当の人に、認めてもらうために練習するのは大切だし、必要なことだと思います。

 

それでも練習するより、もっと大切なことがあるので最後まで見てくださいませ

 

 

僕は志望動機の言い方より、何を思っているかを見てました。

blank

僕は昔、採用担当として沢山の学生の面接に関わりました。

 

もちろん皆に志望動機を尋ねました。

 

そこで感じたのが、ほとんどの方が脳内になる台本を必死で読んでいるのがわかりました

 

予め用意していた志望動機をセリフのように言う。そして↓

 

  • セリフが飛んで真っ白になり、凹む
  • 途中で噛んでしまって、凹む
  • セリフを言いきることに必死になる

 

正直、セリフが飛ぼうが、途中で噛もうが、そんなことはどうだっていい事なんです。

 

 

採用担当としては、あなたが何を思っているかを見ています

 

志望動機の言い方を必死に考えて、本番で上手に完璧に言えたとします。

 

それも素晴らしいことですが、演技をする会社や、アナウンサーを採用している会社でない限り、上手に言えることが全てではない

 

志望動機の言い方よりも、あなたが何を考えているのかの方が大切です。

 

  • 何でこの会社を選んだのか→深い内容

 

これが重要であって言い方とか技術ではないです。

 

もちろん技術を否定しているわけではないですが、何を考えているのかの土台があって、技術です。

 

blank
さるたろ
大切なのは、何を考えているのかのほうです

 

採用担当としての僕は、志望動機が下手くそでも、途中で何を言ってるのか解らなくなっても、そんなこと気にしませんでした。

 

それより、どんな考えをする人なのか、今まで何を思ってきたのか、これからどんなことがしないのか内容の部分です。

 

内容が知りたいから、こちらから聞いていました。

 

もしも、志望動機の言い方が悪いという理由で落とされるのであれば、そんな会社入社しないほうがいい

 

表面的なことを大切にしている会社で、いい風土があるとは思えません。

 

志望動機を下手くそでも一生懸命伝えてくれる方に、耳を傾けてくれる会社は、風土もいい可能性がある。

 

 

上手な人より、本気の人のほうがいい

 

あなたも想像してください。

 

Aさん→めっちゃ上手に話せる。テクニックもあるし、言い方も面白い。しかし本心は適当な考え
Bさん→話すのが下手くそ、テクニックなどない。でも一生懸命に伝えよとしている。本心は本気で真剣な考え

 

Aさん、Bさんの話を、どっちを聞いてあげようと思いますか?

 

僕なら、下手でも必死に伝えようとしてくれるBさんの話を聞きます

 

なぜ必死に伝えようとしてくれるのか→本心が本気だし真剣だから

 

本気で考えてくれているから、必死になって一生懸命に伝えようとしてくれます。

 

blank
さるたろ
だから僕は話が上手な人よりも、本気の人がいいです

 

もちろん本気で、上手にこしたことはないけど、本気で真剣であることが土台です

 

 

 

志望動機の言い方よりも→なぜ選んだのか必死で考え抜くことが大切です

blank

言い方が上手な人よりも、本気で真剣で一生懸命のほうがいいです。

 

だからまずは、志望動機の言い方の練習よりも→なぜその会社を選んだのか必死で考えて自分と向き合うこと

 

本気で、真剣に、その会社や業界の事を考えることです

 

  • 何に魅力を感じたのか→それはなぜか
  • 入社したいと思った理由→具体的なシーンは
  • 自分はどんな人間なのか→それがどう活きるのか
  • 自分の良い面は〇〇で→それがどう活きるのか

 

自分に何度も何度も質問してみてください。

 

言い方の練習ではなく、自分に質問をする回数を増やすことが大切です。

 

 

面接本番より、日々の生活で何を考えているかです

 

面接本番に向けて、志望動機の言い方をひたすら練習をする人も多いと思います。

 

でも当日になったら緊張で頭が真っ白になります。極度の緊張状態になると何も考えることができません。

 

その時に無意識に出てくるのが、日々考えていることです

 

日々、考えていることや、やっていること→簡単にいうと癖が出ます

 

だから本番に向けて練習してもほとんど無駄なんです。日々何を考えて、何に意識を向けているかで決まります。

 

 

入社したい会社があれば、そこに意識を向け続ける

 

入社したい会社があるのであれば、選んでもらえるように練習するのではなく、

 

入社したい会社や業界のことに意識を向け続ける→考える時間を作ること。

 

ご飯を食べてる時、トイレに行ったとき、バスに乗っているとき、買い物をしているとき、

 

  • その会社になぜ入りたいのだろう
  • 説明会で、何がいいと感じたんだろう
  • 採用担当の発言のどの部分に魅力を感じたんだろう
  • この業界の将来はどうなっていくだろう
  • その会社が何をしたら将来輝くだろう
  • 自分は何を手伝うことができるだろう

 

こんな風に普段の生活の中で、その会社に意識を向けると考えることができます。

 

考える時間が増えることで、自分の身になっていきます。

 

面接の本番で頭が真っ白になっても、考える量が多ければ多いほど→自然に言葉が出てきます。

 

人間は凄い能力があります。自分を信じてみて、

 

表面的な練習をするより、入社したい会社のことを考えること、自分はどんな人間なのかを考えることです。

 

答えがすぐに出ないけど、諦めずに向き合ってみてください。

 

blank
さるたろ
その姿勢が大切なんです

 

今の自分に出せる答えでいい。背伸びしてかっこいい答えは自分ではないです。ありのままでいいんです

 

 

志望動機の言い方に捉われないこと→まとめ

 

採用担当者も人間です。真剣に考えて、一生懸命伝えようとしている方を見捨てません。

 

必死さ、真剣さが足りなければ人に伝えることなどできません

 

必死に考えること、真剣に自分や会社と向き合うことが最も大切なことです

 

2020年、21年は凄く厳しい時期です。

 

それでも今を大切に、真剣に取り組むこと、考えること、続けると未来は見えると思います。

 

他にも面接に関しては、下の記事で詳しく解説してます

 

 

頑張りましょう☆

 

 

関連記事

-LIFE, 人生
-, ,

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5