組織を変えるために必要なこと【社員を否定し、傷つける覚悟】

blank
ぶうたろ

今の会社はこのままではダメだ。変革の時だと思う。本格的に組織改革を進めていこうと思う。参考までに何か気を付けることなどあれば教えてくれ。

 

blank
さるたろ
こういった課題に答えようと思います。

 

本記事で学べること

  • 組織を変えるために必要な心構え

 

blank
さるたろ
では解説していきます
blank
ぶうたろ
宜しく頼むわ

 

 

 

組織を変えるために必要なこと【社員を否定し、傷つける覚悟】

blank

時代は常に変化しているのに、ずーっと変わらない組織なんてあり得ませんね。

 

組織は変えるもので、その為に必要なことは沢山の人を否定して、傷つけることを理解しておくこと

 

常に時代に合わせて組織も柔軟に変化し続けていかなければ、衰退する一方です。だから変えるんです。

 

blank
さるたろ
でも変えるときに、めっちゃ多くの社員を否定して傷つけます

 

僕も少なからず経験して、一番必要なのは勇気だと思いました。

 

組織を変える時の、簡単な疑問です

 

  • 誰が変えるのか
  • どのように変えるのか
  • どうやって変えていくのか

 

こんな感じが大まかなものです。

 

じゃあ自分が組織を変えるとします。そして組織をどのような組織にするのかのゴールを描きます。

 

そこに行くためには、どんな策を講じるのかの具体的な推進方法を模索します。

 

昔の僕も、組織の問題点を出して理想を掲げて、そこに向かって突っ走るだけでした

 

僕は色んな社員を否定することになって、更に傷つけるってことになることに目を向けてませんでした。

 

 

 

組織を変えるために努力しても、多くの人は価値に気が付かない

blank

昔、僕が勤めていた会社の話です。僕はその会社や社員の人達が大好きでした。

 

いい会社にしたかったし、組織を整えて多くの社員に働きやすい環境や、遣り甲斐を与えたかった。

 

だから僕は必死で頑張りました。自分でいいのもアレですが、マジで誰よりも頑張ったと思います

 

業界の未来を必死で考えましたし、その未来に適応するために会社の課題など沢山あぶり出しました。

 

僕はマジでした。僕としては自分の利益とかより、会社全体やそこで働く人の未来も考えたつもりです。

 

blank
さるたろ
ありとあらゆる策を考えて計画書など作りました

 

3年くらいかけていろいろ進めてきましたが、ある時に気が付きました

 

 

多くの社員は、どうして変えないといけないのか理解できない

 

多くの社員は、未来を描いているわけではない。だから変えることに疑問を持つのは当然です。

 

未来を僕が勝手に描いて、その為に必要なものを勝手に考えていましたが、それは僕のエゴでした

 

まず丁寧に一人一人が解るように説明をしないといけません。それはマジで大切なことです

 

説明しないと理解なんて得られるはずもない。あらゆる手段を用いて説明することを大切にしてきました。

 

そこで壁にぶち当たりました

 

  • 全社員に説明する時間がなかったこと
  • 説明しても、歪んで伝わるということ
  • 説明しても、理解できない人もいる

 

現実的な問題でした。ほとんどの人が良かれと思ってやっているのに、

 

未来は〇〇になるから、今変えないといけないといったところで難しいです。

 

理解できない人もいるし、そもそも理解しようとしない人も多くいます

 

理解できない社員や、理解しようともしない社員に怒りを覚えて、イラつきました。

 

  • マジで何のために働いてんだよ
  • 給料高いくせに、ちんたら仕事すんなよ
  • やる気ないなら、会社やめろよ

 

こんな風に思って、理解できない、理解しない社員が悪だと思っていたし、

 

変わらない、変わろうとしない社員を「変えてやりたい」と強く思いました

 

後で気が付きましたが、「理解しろ」と相手を変えるのは無理でした。

 

人は変わらないです。

 

本気で組織を変えたいなら、変わらない人がいることを受け入れたうえで、叩かれたりすることも承知でやらないといけない。

 

自分が変わること。そして理不尽なことでも受け入れること。これらが大切だと勉強しました

 

 

組織を変えるには誰かを否定し、傷つけることになる←これを受け入れて進む

blank

自分がやりたいこと、成し遂げたい何かがあった時、説明するのは大切なことです。

 

大切だけど、全部理解しろってのは難しいです。ほぼ理解できないと思って進めるしかない

 

 

組織を変える意味は、

 

  • 誰かが大切だと思ってることを否定する。
  • 誰かができないことを、代わりにやって傷つける

 

 

これが絶対にでてきます。

 

 

誰かを否定して、前に進める

 

誰かが大切だと思ってやっていることが、時代の流れで不必要なことに変わります。

 

10年前はそれでよかったけど、今から先は無駄でしかない。

 

それを大切だと信じている人に、説明しても理解できない+理解しようともしない

 

 

心を鬼にして、その人を否定しないと前に進めないんです。

 

僕はこれが難しかったです。多くの人を否定し続けることで胸が痛みました。でも必要だからやるしかない。

 

組織を変えるには、否定しながら進む勇気が何より大切だと学びました。

 

 

誰かが出来なかったことを、代わりに実現する

 

組織を変えるには、色んな策を進める必要があります。

 

いろんな部署があって、いろんな担当がいます。やって欲しいことを、あまりやってない社員もいます。

 

その人がやり続けることによって実現しないことがでてきます

 

 

組織を変えるためには、誰かがその領域の仕事をやらないといけない。

 

別の人に仕事を任せたり、自分自らやるケースもあります。

 

結局、お前が実力不足で、実現が無理だから、別の人に実現してもらったぞ

 

 

こんな風になります。現実問題、必ずなります。

 

実力がない社員が悪いといったら、それまでですが。傷つけることに変わりはありません。

 

それをも受け入れたうえで、組織の為に進めないといけないんですね。

 

 

誰かを否定し傷つける。だから健全な目的の為に進めないといけない

 

組織を変えるにも、健全な目的ではないと、

 

ただ社員を否定して、傷つけることで終わってしまいます。

 

  • 自分がやりにくいから変える
  • 自分に利益がくるように変える

 

 

こんな風に自己都合で組織を変える場合は、否定された社員は浮かばれません。

 

何のために組織を変えるのか「健全さ」が重要になります。

 

 

否定されて傷ついたけど、良い未来がくれば納得する

 

今この瞬間は、否定されて嫌な気持ちになるかもしれませn。

 

でも目的が健全であれば、否定された社員も後から理解してくれるはずなんです。

 

後から見えること、理解できることって沢山あります。

 

組織を変える人は、健全な目的のために進めて、後で証明すればいいってことですね。

 

 

まとめ→組織を変えるのは、後からみんなを幸せにすること

 

組織を変えるとなると、理解してもらえないことばかりです。

 

変えるための行動には、誰かを否定して、傷つけることが含まれます

 

途中で諦めないのは、後でその人達も幸せになると確信できるからですよね。

 

  • 今は否定してるけど、将来理解できるはず
  • 傷つけてしまったけど、後の結果で解ってくれる

 

こんな感じで組織を変えるってことは、後からみんなを幸せにすることです。

 

気付いてもらえないと諦めないで、将来のために進むしかない。

 

僕は沢山のことを前の会社で学びました。ほんと感謝ですね。

 

組織を変えようとしている人に響けば嬉しいです。

 

では!!

 

 

関連記事

-LIFE, 仕事
-, ,

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5