何かに迷った時の決め方【長い目で見て健全かどうか】

blank
さるねずみ

迷った時にどうやって決めたらいいか教えてくださいませ。迷ってしまって永遠に決められないんです。

blank
さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

 

本記事の内容

  • 迷った時の判断軸について

 

blank
さるたろ
ではいってみましょう
blank
さるねずみ
お願いしまっす

 

 

何かに迷った時の決め方【長い目で見て健全かどうか】

blank

悩んだ時の決め方について解説します。

 

まずは結論から:長い目で見て「より健全であること」、「自分にとっても周りにとっても健全であること」で決めること

 

長い目で見て健全であるものを選択することが、どういうことなのか解説します。

 

blank
さるたろ
そのためには悩みの正体を簡単に説明しながら、進めていきます

 

僕たちは何気ない生活をしていますが、多くの決断をしながら生きています。

 

ランチは何を食べようか、飲み物は何にしようか、ボーナスを何に使おうか、いろんな物事を決めながら生きてます

 

毎日毎日、沢山の決断をしているけど、そこまで悩んで決断するってことはありませんよね。

 

blank
さるたろ
実は生活しているときの決断のほとんどが無意識に決めています

 

何を飲むか、何を食べるかなど迷っているようで、深いところでは決めているんです。

 

 

僕たちは2人の自分が同居している

 

僕たちの中には2人の自分がいます。2人の自分を感じられる瞬間は、負荷のかかることなどを実行する時などです

 

例えば会社が苦しくて転職を考えている時はどうでしょう。

 

  1. 会社を辞めて、別の業界に転職したい
  2. まだやり残したことがあるし、転職せず頑張るべきだ

 

こんな感じで、会社を辞めたい自分と、辞めない方がいいと思う自分と2人が同時に存在しています。

 

  • 欲しいけど、欲しくない
  • やりたいけど、やらないほうがいい
  • 帰りたいけど、帰らないほうがいい
  • 人前に出たいけど、緊張するから出たくない

 

みんなこんな複雑な状況で生きています。

 

迷いの正体とは2人の自分が同時にいるからです

 

 

大きな迷いがない時は、2人うち1人が眠っている

 

焼肉か、寿司かで悩むときってそこまで悩まないと思います。

 

逆に会社を辞めるか、辞めないかで悩むときは凄く悩むと思います。

 

その違いは2人の自分のうち1人が眠っているか、起きているかです

 

焼肉を食うべきか、寿司を食うべきかで悩んでいるときは1人は眠っているので決断が簡単です。

 

会社を辞めるか、辞めないかの時は、もう一人が目を覚ましています。

 

 

よく眠っている方は、長い目線で見ている

 

いつも起きている方は、短い目線で見ているので「すぐ」したいタイプです。

 

  • すぐ欲しい
  • すぐやりたい
  • すぐやめたい
  • すぐ食べたい

 

こんな感じとは真逆で、いつも眠っている方は、長い目線で物事を見ています。

 

車が欲しいと思った時とか、もう一人が目を覚まします

 

  • すぐに欲しい。スポーツカーが欲しい。
  • 本当に今すぐ必要なのか? 今ではない気がする

 

こんな風に、大きな決断の時には目をさますので迷いが生じるってことです。

 

では迷った時の決め方はどうするのか→長い目で見て健全かどうかで決めることです

 

 

 

迷った時の決め方について具体的に解説します

blank

僕たちがなぜ迷うのかを説明してきました。2人の自分が同時に存在している時が悩む時です。

 

blank
さるたろ
悩んだ時の決め方をどうすればいいのかを具体的に解説します

 

悩んでいる時は2人がいますね

 

  1. 「すぐ」のタイプ
  2. 長い目で見ようタイプ

 

大きな悩みの時はまず、長い目線で見ようとするタイプを主に考えることです。

 

長い目線を主にするとは、逆にすぐに欲しい。今すぐ逃げたい。すぐしたい。→こちらの自分を抑えることです

 

「すぐ」の自分を抑えることが必要です

 

  • 車が欲しい
  • 上司が嫌だからやめたい
  • 苦しいから逃げたい
  • 嫌いな奴に、暴言を吐きたい

 

これらは欲望とも言えるものです、一時的な感情とも言えます。

 

まずはそれを抑えて、長い目で見ようと思っている自分で考えることが凄く大切です

 

 

迷った時の決め方で一番重要なのは健全さ

 

健全って言葉は人それぞれだと思いますが、

 

  • 自分が成長できる
  • 周りの人が成長できる
  • 自分にウソをつかない
  • 周りにウソをつかない
  • 周りの人が傷つかない
  • 会社が成長できる

 

など健全さって、より多くの人が幸せになる方向だと思います。

 

今すぐはしんどいかもしれないけど、長い目で見た時に幸せになる決断をすべきだと思います。

 

自分だけが幸せになって、周りの人が傷ついてしまうような決断は健全とは言いません

 

だからこそ決断をするのには、長い目で客観的に見る自分が必要ってことです。

 

 

どんな決断にも、プラス面もマイナス面もある

 

決断する時に悩むことの一つに、プラス面とマイナス面があります

 

  • こっちを選択したら、あいつが傷つく
  • あっちを選択したら、あの人が傷つく

 

こんな風に決断をする時に、どっちを選んでも傷つく人達がいることに気が付きます。

 

ここで大切なのは、どんな決断をしても傷つく人がいるってこと

 

blank
さるたろ
僕の事例を紹介します。

 

昔勤務していた会社で、やる気のない社員がいました。年齢もそこそこです。

 

逆にすごくやる気がある人も沢山いました。年齢が若くてこれからの人材です。

 

決断を迫られました。

 

  • Aという決断は→やる気のない先輩が傷つくが、やる気のある人達が頑張れる
  • Bという決断は→やる気のない先輩は守られるが、やる気のある人達が辞めていく

 

長い目で見た時に会社にとって健全なことは、やる気のある人達が頑張れること、そして会社が発展すること

 

どっちを先輩しても、傷つく人はいます。

 

だから長い目で見た時により健全であるほうを選ぶことが必要なんです。

 

 

マイナス面も知ったうえで決断する。

 

長い目で見た時に健全である方を決断することで、よりよいものになると思います。

 

それでも傷つく人はいます。そのマイナス面も知ったうえで決断をすることが大切だと思います

 

傷つく人のことも考えて、より影響がないように努力をすること、

 

またその人が活躍できる場を考えたりすること。マイナス面を知らなければフォローすることもできません。

 

決断にはマイナスが生じます。だからフォローしながら決断することが必要になります。

 

 

何かに迷った時の決め方→まとめ

 

迷うときは2人の自分がいる証拠です。

 

もう一人の長期的に見ることのできる自分で物事を考えること。

 

そして決断にはプラスもマイナスもありますが、より健全であるほうを選択する。

 

そしてマイナス面をできる限りフォローをすること。

 

これが決め方の極意だと思っています。

 

長くなりましたが、この辺で失礼しやす!!

 

 

関連記事

-LIFE, 人生, 仕事
-,

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5