人生お先真っ暗で逃げ出したい【過去も未来もない今に集中!】

blank
とりたろ

私は不幸です。何をしても上手くいきませんし、何の取り柄もございません。正直このまま生きていても良いことなんてないと思います。お先真っ暗な状態で、今すぐ逃げ出したいのです。

blank
さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

 

本記事の内容

  • 過去も未来も見ないこと、今に集中するだけです

 

blank
さるたろ
ではいってみましょう
blank
とりたろ
よろしくお願い致します

 

 

人生お先真っ暗で逃げ出したい【過去も未来もない今に集中】

blank

人生お先真っ暗で今すぐ逃げたい。生きていても楽しくないって方へ、

 

結論ですが:過去や未来とか見ないこと。今に集中して生きることが凄く大切だと思います。

 

 

今の僕達は、過去の体験の集合体によってできています。

 

過去の記憶を全てなくしてしまったとしたら、今の自分ではなくなってしまいます。

 

だから僕達はいつでも過去と共に生きてます。気が付かないけど、僕達はいつでも過去にとらわれて生きてます

 

 

 

なぜお先が真っ暗だと思うのか

 

未来なんて誰も解らないのに、なぜ真っ暗だと思うのでしょうか。

 

その原因は過去にあります。僕達はいつでも過去と共に生きていますね。

 

過去の出来事を寄せ集めて、いろいろ総評した結果→おそらく未来は○○になると決めつけています

 

 

俺は○○で何度も失敗してきた、だからこれから先もおそらく失敗するだろう。

 

こんな感じで、過去を見て、未来を決定する→だから今が苦しいんです

 

 

 

 

僕は人生で2回、お先が真っ暗で生きるのが辛かった

blank

僕は人生で2回、お先真っ暗を経験しました。

 

最初は中学の時です。約1年くらい学校に行くのが嫌で登校拒否をしていました。

 

登校拒否から脱出したことはコチラの記事で紹介しています

 

2回目は、社会人になり数年に一度襲ってくる殺人的な頭痛で群発頭痛というものがあります→詳しはこちらの記事にて

 

blank
さるたろ
この痛みが尋常ではなく、別名自殺頭痛と呼ばれています

 

中学で登校拒否をしている時は、このまま生きるのが凄く辛く、明るい未来を想像することができませんでした。

 

また社会人になってから、原因不明の群発頭痛に襲われた時、

 

座っていることも、寝ていることも、立っていることもできないほど激痛で、いつ襲ってくるか解らない激痛に怯える生活です

 

 

こんな爆弾を抱えて俺はどうやって生きていけばいいのか…。

 

凄く苦しんだこともあります。

 

 

今があるのは、どん底の状況でコツコツ今を生きたから

 

中学時代の時、登校拒否で学校にいきたくないと毎日、泣いていました。

 

それでも母は大丈夫だからと、僕を励まして家の外に毎日連れだしてくれました。

 

嫌でも毎日、家をでました。

 

 

群発頭痛で激痛でも痛みと向き合い、食事や生活にも気を配りました。

 

いろんな薬を試したり、いろんな病院や整体や鍼灸院にも行きました。

 

できることは全てやりました。そして何とか仕事にも行きましたし、できることをやり続けました

 

 

お先真っ暗だと思っているどん底の時は、何も見えなくなっています。

 

それでも今日生きること。今日何かをすること。その繰り返しが現在の僕を作ってくれました。

 

後になって見えることが沢山あるので、今日1日をしっかり生きることが凄く大切だと勉強しました

 

 

 

 

人生お先真っ暗だと思う経験こそ、財産だと思います。

blank

 

人生お先真っ暗だと思う時は、どん底の時ですよね。

 

  • すごく辛いことがあった
  • 失敗しまくって自信をなくした
  • 信頼している人に裏切られた
  • 大切な人を失った

 

 

本当に辛いことがあってどん底だから、未来が暗くなって見えてしまうんですよね。

 

blank
さるたろ
この経験こそ、財産だと思うんです。

 

どん底だから前に進むしかなくて、何も考えられなくても、生きていかないといけないわけです。

 

命を落とされる方がいることが凄く残念ですが…。生きていることが何よりも大切だと思います。

 

毎日、毎日、ただ生きるだけでもいいんです。そして1年後、2年後に振り返った時に、凄い気づきがあります

 

 

どん底な状況を生きてきた日々に価値がある。

 

大変だったけど、俺は何とか生きてきたし、生活した。この気持ちになった時にどん底の経験こそ、財産だと感じることができる

 

どん底で辛い経験があったからこそ、これからの人生を強く生きようと思えるし、

 

どん底で辛い経験を超えてきたからこそ、違う誰かを助けてあげられることができる。

 

 

1日の価値を理解できれば、明るい未来を作れる

 

どん底で辛い経験があるからこそ、1日の大切さに気づくことができます。

 

何も考えずに生きると1日の価値に気づけません。

 

明るい未来をつくれるのは、今現在の1日を大切に生きた人だと思います。

 

過去も未来も関係なく、今を大切に生きた結果が明るい未来だと思うので、

 

いかに今に集中できるかが大切になるってことですよね。

 

凄く辛くてどん底でも、今を生きること、生き続けること、それこそが価値だと思います。

 

 

いくら先が見れなくても、今日頑張ろう

 

先が見えなくて、真っ暗でも、大切なのは生きていくこと。

 

過去や未来は関係なく、今日を頑張っていくこと、その積み上げが凄く大切です

 

先が真っ暗になると、やる気がなくなります。

 

それでも頑張って今を生きること、何かを残すこと、それを繰り返す。

 

頑張りましょう。そして後から良かったと思いましょう!

 

 

 

人生お先真っ暗で逃げ出したい:まとめ

 

すごく辛いときは、何もかも嫌になって、落ち込むと思います。

 

そんな時はただ今日を生きる。今日1日を大切にする。目の前のことに集中する。小さい事でも何かを残す。

 

アレコレ考えず、今を生きていればきっと明るくなる。

 

過去でも未来でもない、今だと思います。

 

今回はこの辺で失礼しますね。ではまた!!

 

 

関連記事

-LIFE, 人生
-, ,

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5