メンタルを鍛える方法【逃げたい状況でも、用意したことをやり抜く】

ぶうたろ

僕ね、メンタルが凄く弱くて、プレッシャーのかかる仕事に向かないんです。挑戦するのも怖いですし…。出来ることならメンタルを強くしたいです。どうすればメンタルを鍛えることができるでしょう。

 

blank
さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

 

本記事の内容

  • メンタルを鍛える方法について
  • 具体的にどんな状況の時に、メンタルが強くなるか

 

blank
さるたろ
ではいってみましょう
blank
さるねずみ
よろすくおねがいしやす

 

 

メンタルを鍛える方法【逃げたい状況でも、用意したことをやり抜く】

blank

メンタルを鍛える方法についてですが。

 

メンタルを鍛えるのはテクニックとかそういう話ではなく、荒療治が必要だと思います。

 

正直、甘えてたってメンタルなど鍛えることはできないと思います。

 

メンタルを鍛える方法は→逃げ出したい状況でも、予定通り用意したことをやり抜くこと

 

僕は今までの経験から、この方法が一番メンタルを鍛える方法だと確信しています。

 

メンタルが鍛えられる時は、自分に負けそうな状況で、負けずにその感情を圧倒した時だと思います。

 

テクニックではなく、戦場で鍛えるしか方法はないと痛感してきました。

 

blank
さるたろ
甘えた状況でメンタルを鍛えることなど、できないと思います

 

 

きっかけは、戦場に出ること

 

戦場に出ないことには、メンタルを鍛えるもクソもないです。

 

メンタルは、逃げ出したい状況の中から鍛えられることなので、逃げ出したい状況を作る必要がある。

 

blank
さるたろ
戦場に出ること、その為に戦場に出る予定を作る必要がある

 

戦場に出なければ、何も起こらない。

 

戦場以外でメンタルを鍛えようとしても、絶対に、絶対に、絶対に鍛えることなどできません。

 

きっかけは戦場です。予定を作らないかぎり一向に鍛えられません。

 

 

僕がメンタルを鍛える方法に気づいたのは、講演会で逃げたくなったから

blank

メンタルを鍛える方法の結論は、逃げ出したい状況でも、用意したことをやり抜くことです。

 

僕の経験でこれを一番痛感したのが、大学で行った講演会の仕事です。

 

その時の環境は以下の通りです

 

  • 学生は50名くらい
  • 講演時間は50分
  • 開始時間は15時から、最後の授業の1コマ
  • 真夏のコロナで、窓開けっぱなし
  • さらに全員マスク着用

 

こんな状況です。学生は最後の授業なのでみんな疲れていました。

 

それに真夏で、コロナ渦なので窓を開けっぱなしです。頭がボーっとするくらい暑かったわけです。

 

blank
さるたろ
正直、みんな話を聞くのは嫌だろうな…。と思ったわけです

 

暑いし、疲れてるし、説教じみた暑苦しい話なんて聞きたくないですよね…。

 

 

それでも講演はしなければ…。

 

僕の正直な気持ちは、講演しても誰も聞いてくれないだろうな…。

 

てか聞きたくないだろうな、今すぐにでも帰りたいだろうな…。

 

この状況でもプラスの感情になってもらえなければ、プロとして失格だと思いました。

 

僕は立ち上がり、学生の前で講演をスタートさせました。

 

 

僕の目の前には、疲れ切った学生の姿

 

講演をスタートさせましたが、みんな疲れているんだろうな…。という姿です

 

それでも頑張って目を開けてくれようとしてくれていることに感謝です。

 

さらにマスクも着用していたので、学生の感情が読み取りにくく、やりにくいのなんのって…。

 

僕は講演の途中で、以下のような感情に襲われてました

 

  • みんな疲れているから、講演から逃げたいな…。
  • 用意していた内容を進めると、余計疲れるかもしれない
  • 内容飛ばして、早く終わろうかな…

 

講演の途中で、僕は逃げることを考えていました。

 

用意している内容を進めるのは、リスクがあるし、怖い。

 

学生は僕の話す内容を知らない、ある程度飛ばしてもわからない…。

 

blank
さるたろ
逃げたい。今すぐ止めたい。

 

この状況こそが、メンタルが鍛えられる場面です

 

 

逃げようと思えば逃げれる。それでも負けずにやり抜きました

 

これがメンタルを鍛える方法だと痛感しました。

 

僕は講演会の時、逃げようと思えば逃げれる状況でした。

 

講演内容をとばして短くしたり、話す内容に感情をいれずに、さらっと流すことも可能です。

 

blank
さるたろ
僕は本番中に逃げたくて、逃げる選択をしかけました

 

それでも自分を奮い立たせて、用意したことを自信もって、全力でやり抜こうと決意しました

 

用意したことをやり抜くのは勇気がいりました。

 

やってみんながドン引きしたらどうしよう…。とか思いました。

 

でも用意したことをやり抜く。みんながどう思っても全力でやるんだと決めてやり抜きました。

 

自分に負けませんでした

 

 

講演終了時に、自分に負けずにやり抜いたことが自信になってました

 

逃げたいと思った時に、逃げる選択肢を選んだ場合

 

僕は崖っぷちになったら逃げる奴なんだと、自分にレッテルを貼ってたと思います

 

僕は講演途中、ドン引きされるかもしらない恐怖と戦っていました。

 

その恐怖を退けて、用意したことをやり抜く。恐怖に打ち勝つことで僕のメンタルは鍛えられました。

 

blank
さるたろ
マズい状況でも、やり抜ける自分というレッテルを貼れたら強いです。

 

緊張する場面、怖い場面、様々な崖っぷち場面を乗り越えることが、

 

現実的にメンタルを鍛える方法ではないかと、思いました。

 

 

 

メンタルを鍛える方法は、自分の選択

blank

メンタルを鍛える方法は、自分の選択です

 

逃げられない環境に身を置いたとしても、僕たちはいつでも逃げることができます。

 

自分の意思ひとつで、全力でやるか、手を抜くか選べますよね

 

メンタルは自分の選択ひとつで鍛えることができる。

 

  • やり抜かず逃げるか
  • ふんばってやり抜くか

 

自分の意思で選んでやり抜く経験が大切で、誰かに強制的にやらるのではない。

 

自分の内面で逃げたい感情に負けずに、打ち勝つ経験こそ最強にメンタルを鍛える方法です

 

自分の意思でやり抜く選択をし続けている人は、鋼鉄のメンタルになっていると思います

 

 

メンタルが強くなる=自信がつく

 

メンタルが強くなるのと、自信がつくのは比例していると思います。

 

逃げれる場面で、いつも逃げるから自分に自信がつかなくなります

 

blank
さるたろ
逃げれる場面なのに、逃げない選択をする自分こそ、自信です

 

そんな自分を褒めてあげたくなります。頑張った自分が好きになります。

 

メンタルも強くなるのと、同時に自分に自信がついてきました。

 

メンタルを鍛えるのはすごく大切なことだと気づかされました

 

 

 

メンタルを鍛える方法:まとめ

 

僕たちはいつでも逃げれる状況で生きています。

 

自分の選択ひとつで人生が変わると思ってます。

 

逃げる選択をするのか、逃げない選択をするのか…。

 

僕は講演会以来、どんな状況でもやり抜けるというメンタルの強さがあります。

 

その強さが自信になっています。

 

これを読んでくださっている方も、逃げれるときに、逃げずにやる抜く選択をして欲しいと思ってます。

 

頑張りましょう☆

 

では!

 

関連記事

-LIFE, 人生, 仕事
-, ,

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5