自分のために頑張れないなら【誰かの為に頑張るだけでいい】

blank
さるねずみ

僕は、家族とか友達の為なら頑張れるだけど、自分のために頑張るのが苦手です。やる気がでません。自分のために頑張る方法とかってありませんか?

blank
さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

 

本記事の内容

  • 自分のために頑張れないなら、誰かの為に生きたらいい
  • 誰かの為=自分のためだと知ること

 

blank
さるたろ
ではいってみましょう
blank
さるねずみ
よろすくおねがいしやす

 

 

 

自分のために頑張れない【誰かの為に頑張るだけでいい】

blank

自分のために頑張れない…。僕も同じです。めんどくさいしやる気がでない。

 

自分のために頑張れないなら、誰かの為に頑張ればいいと思います

 

自分ではなく、家族のため、友達のため、先輩のため、後輩のために全力になってあげたらいいと思います。

 

自分のまわりに助けてあげないといけない人がいるなら、その人のために全力になればいい。

 

blank
さるたろ
わかってても、なぜ悩むんでしょう

 

誰かのために頑張っても、あまり自分にメリットがないからです。←僕はこう思ってました

 

 

誰かのために必死になったところで、その人は幸せになるかもしれないけど僕にメリットがないような気がする…。

 

誰かのために使う力を、全部自分のために使った方がいいのではないか…。←こんな風に考えました。

 

 

自分のために頑張れば利益は全て僕のものだ

 

他人に使っていた時間の能力を、すべて自分のために使った方が利益があるし幸せだ。

 

自分のために時間を使って、自分のために能力を使いつくす。その方がメリットがあると思っていました。

 

思っていましたが、全然自分のために頑張ることが出来ませんでした

 

自分のために頑張ろうと思っても、やる気がでません。

 

  • 時間の制約がない
  • 失敗しても誰にも文句言われない
  • 疲れたらサボってもいい

 

 

自分のために頑張れるということは、自分自身がお客さんだということ

 

自分自身ほど甘やかす存在はいませんよね。しんどかったら明日でいいや。失敗しても大丈夫、次があるでしょ。

 

 

こんな感じで、甘やかしてくるいいお客さんなので、プレッシャーが皆無なんですよね。

 

自分の為に100%の力を注ぎたいと思っていたけど、10%も発揮できない経験がありました。

 

 

自分のために頑張れないのは、誰かの力を借りて頑張っていたから

blank

僕は自分のために頑張ろうとして、頑張れませんでした。

 

それを通して気が付いたことがあります。僕は今まで他人の力を借りて頑張ってたんだと。

 

 

当時僕が勤務していた会社には、沢山の仲間と後輩がいました。

 

ありがたい話、僕には沢山の相談事が来ていました。毎日、毎日、相談にのってました。

 

  • 人間関係の相談
  • 仕事のことで相談
  • プロジェクトのことで相談
  • 人生についての相談

 

 

中には複雑な問題を抱えている人もいたり、仕事で大変な状況になっている人もいました。

 

 

誰かが困っているから、なんとかしないといけない

 

いろんな人からの相談によって、課題を共有することになりました。

 

困っているから、その人の課題を一緒に乗り越えないといけない。その人の人生が掛かってたりします。

 

  • 中途半端なことはできない
  • 失敗すると迷惑がかかる
  • 疲れたからといってサボれない

 

 

誰かのために頑張れるのは、ある一定の制限が自分にかかるからです。

 

目の前の仲間や後輩が悩んで困っているからこそ、その期待に応えるように僕は必死になりました。

 

必死になるからこそ、普段出せない力を出すことができました。自分でも驚くような力がでたし、成果も出ました。

 

 

その力は自分が出したのではなくて、僕の仲間や後輩達が引き出してくれたんだと思いました。

 

blank
さるたろ
僕は、他人の力を利用して頑張っていたんだと気付きました

 

 

 

自分のために頑張れないなら、誰かの為に頑張ればいい→それが自分のためになる

blank

普段、誰かのために頑張っていた時間と能力を、自分のためだけに使いたい。

 

これはおそらく誰もが考えることです。実際に僕もそう考えて失敗しました。

 

僕は誰かが困っていて、それを助けるために頑張ってきたからです。誰かの力を借りて僕は頑張れました

 

 

能力が出せたのは、誰かが引き出してくれたからで、そのスーパーマンの自分は自分だけでは出せません。

 

 

スーパーマンになるには、困っている人がいないと実現しない

 

ほんとその通りで、困っている家族や仲間や後輩がいるから、全力になれました。

 

自分の為にその力を出そうと思っても出せませんでした。自分が困っていても力がでませんでした。

 

自分が困っていたら、誰かが助けてくれるからです

 

 

人間って面白いと思いました。僕が本気で困っていたら家族、仲間、後輩が声を掛けてくれました。

 

blank
さるたろ
僕にとっては、その人がスーパーマンです。

 

自分のためだけに能力はでないことが、よーーーくわかりました。

 

 

誰かの為に全力になることで、結果的に自分のためになっている

 

人間は誰かを助けたら、助けてもらえるように、不思議な何かがあると思います。

 

それ以上に、誰かが困っていて、その人を助けるとなると自分に制限がかかります

 

  • 失敗したら傷つける
  • ダラダラしたらダメだ
  • 迷惑はかけれない
  • 責任を持たなければ

 

困っている人を助けようと決めると、マジで制限が掛かります。プレッシャーです。

 

このプレッシャーがかかるからこそ、普段出せない力がでます。

 

だから僕は困っている人を救っているようで、自分を成長させていたんだと思いました。

 

プレッシャーを自分にかけてくれるから、頑張って成長できる。

 

自分のために頑張ろうとしても、自分にプレッシャーをかけることができない。

 

結果的にダラダラして、成長しない。

 

誰かのために頑張ることは、自分のためになるってこと。だったら誰かのために生きたらいいんだ!!

誰かがいてくれるから、成長できてたんだと思いました。

 

blank
さるたろ
自分一人では無理ですね

 

 

自分のために頑張れない:まとめ

 

自分のために頑張れない人は、頑張らなくていいと思います。むしろ頑張れないと思う。

 

身の回りにいる誰かのために、無心で全力になることが、

 

僕たちの能力の拡大につながるし、結果的に自分の成長につながるので、アレコレ考えずに誰かのために生きた方がいいと思う

 

自分以外の誰かの存在ってマジで大きいと思います。

 

大切に生きなければ…。

 

 

関連記事

-LIFE, 人生
-,

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5