転職した職場に上手く馴染めない【昔の会社から抜け出せてないから】

blank
さるねずみ

転職して新しい職場に就職したんだけど、なんか馴染めない。どうしたらいいんでしょう。解決策があれば教えてください

blank
さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

 

本記事の内容

  • 転職して職場に馴染めない理由
  • 事例を元に解説します
  • 職場に馴染むために必要なこと
blank
さるたろ
ではいってみましょう
blank
さるねずみ
宜しくお願いしやす

 

 

 

転職した職場に上手く馴染めない【昔の会社から抜け出せてないから】

blank

転職した職場に、どうしても馴染めない…。その理由は昔の会社から抜け出せてないからです。

 

新しい会社には、その会社の空気があります

 

  • 社風
  • 勤務している人達の価値観
  • ルール

 

会社そのものに意識があって、生きています。会社それぞれの空気感(社風)があって、

 

勤務している人達の価値観もなんとなく似てきます。そしてルールも会社ならではのものが存在します。

 

馴染めないのではなく、馴染まないといけないんです

 

会社そのものが、僕たちに合わせることなんてあり得ません。

 

自分が柔軟性を発揮して合わせるしかありません。

 

blank
さるねずみ
でも、会社がおかしいって時もあるでしょ

 

いや俺は合わせることができない。←もしそう思うのであれば独立するしかありません。

 

自分中心に世界が回ることはなくて、世界に自分が適応していく術を身につけないと、

 

一生、どこにも適応できない人間になっちゃうので、大切なのは柔軟性です。

 

転職した職場に馴染めない理由は、昔の会社と同一化しているからです。こんな感じ

 

blank

 

昔の会社の感覚のまま、今の会社にいるのであれば馴染めるわけがありません。

 

僕も昔、この状態で転職して馴染むのに苦労したことがあります

 

 

 

僕は転職しても、昔の会社と同一化してました←馴染めなかった

blank

僕自身が経験したことです。昔僕はベンチャー企業に4年くらい勤務してました。

 

その時の環境は↓↓

 

  • 平均年齢が若い。20代ばっかり
  • 意思決定がはやい。スピード感がある
  • アイディアが飛び交う会社
  • 柔軟性があって、頑固な人が少ない
  • フラットな組織で、上下関係がゆるい
  • 若い人でもチャレンジできる
  • イケイケドンドン

 

こんな環境で4年くらい勤務すると、その社風、価値観、ルールに染まります。

 

僕はこの雰囲気が凄く好きでしたし、この環境があったからこそ成長できました。

 

この会社で勤務した自分に誇りを持っていました。

 

そんな僕も色んな事情もあって、転職しました。転職したけど会社と同一化して転職しました

blank

 

こんな感じでベンチャー企業と同一化して、中小企業に転職しました。

 

中小企業の特徴は、ベンチャとは真逆です

 

  • 平均年齢が高い。
  • 意思決定が社長の都合になる
  • 上司の顔色を伺うので、アイディアが出にくい
  • 柔軟性がなく、頑固な人も多い
  • フラットな組織ではなく、上下関係がちゃんとある
  • 若い人でもチャレンジできるけど、表面だけ
  • 保守的な文化がある

 

ベンチャーの社風と、中小企業の社風は全然違いました。

 

どちらの社風がいいとか悪いとかではなく、どちらも良い面、悪い面があります。

 

重要なのは中小企業の社風や価値観やルールに自分から適応する必要があります

 

blank
さるたろ
僕はそれができなかったんです

 

 

昔の会社と同一化して転職する=自分じゃない

 

ここ凄く大切です。同一化して転職すること↓↓

 

blank

 

こうですね。僕はベンチャー企業に同一化して転職しました。

 

つまりは、こういうことです↓↓↓

 

blank

 

ベンチャー企業が中小企業に転職していました、自分自身が転職しているわけじゃなかったんです

 

blank
さるたろ
ベンチャー企業が転職しているの? 自分が転職しているの?

 

自分が転職しているつもりでしたが、僕の場合はベンチャー企業が転職してました

 

ベンチャー企業が中小企業に転職しているので、馴染むわけがないですよね。

 

  • 古臭いルールが多いな
  • 意思決定がいちいち遅いな
  • 新しいことを取り入れない、頑固な人多いな
  • 会議がアイディア議論じゃなく、報告ばかりだな
  • →→馴染めないな…。

 

ベンチャー企業として転職しているので、いちいち疑問が浮かびました。

 

中小企業で頑張って働いている人達のことを曲がった目線で見ていたので、

 

ここで働いている人がおかしいと思ってました。でも実際には見ている僕の方がおかしいかったんです

 

 

 

転職先の会社は悪くない、馴染めない自分が悪い

 

転職先は、昔から社風を作って、価値観を築いてきて、ルールも作ってきました。

 

その会社は全然悪くありません。悪いのは昔の会社のまま転職して色々ケチつけていた僕です

 

blank
さるたろ
馴染むことができない僕が悪い

 

ベンチャー企業のルールを振りかざしたり、価値観を強要したり、社風を変えようとするのは大きな間違いです。

 

今までは、今までで、今その環境に適応することが大切なんだと気がづきました

 

 

 

転職して職場に馴染むためには、ありのままの自分として接する努力です。

blank

 

マジで大切なのは、ありのままの自分として転職することです。

 

転職する時は、実績や自分の武器をPRするでしょう。それは凄く大切です。

 

でも入社することが決まったら、一度過去の会社から抜け出してフラットな状態になる必要があります

 

blank
さるたろ
脱出して、入社すること

 

blank

 

何度も言いますが、馴染めないのではなく馴染まないといけません。

 

なんでもそうですが、結婚だってあいてに合わせることも必要だし、お客さんにも合わせることは必要です。

 

自分が全て正しいではなく、まずは相手に合わせてみる←凄く大切です。

 

 

過去の会社を活かすのは、今の会社に適応した後

 

過去の会社に同一化したまま、入社すると馴染めるわけがありません。

 

一度、過去の会社から抜け出して、フラットな気持ちで入社すること。

 

どんなに変だなと思っても新しい会社の社風、価値観、ルールに適応することだけ考える。半年くらいはかかるでしょう

 

blank

 

会社の雰囲気が悪いとか、価値観が古いとか、ルールが変だとか言うのではなくて、

 

その会社が正しいと思っていることに、まずは適応することだけ意識して勤務することが大切です。

 

blank
さるたろ
適応した後に、過去の会社を適応していく

 

blank

 

ベンチャー企業は過去の会社です。いくらいいルールでも、今の会社に適応するのはエゴです。

 

ベンチャーの記憶から離れて、フラットな自分で入社して今の会社にしっかり適応すること。

 

中小企業の社風、価値観、ルールにしっかり馴染んで肌で感じることがマジで大切です。

 

しっかり自分が馴染んだうえで、昔の会社のルールを適応すると、

 

中小企業にとってベンチャーの新しいルールが未来に向けて必要なことも多々あります。

 

最初からベンチャー企業の自分として転職していたから失敗しましたけど、中小企業の自分になってから、昔のルールを適応する上手くいきました。

 

なんでもそうですが、特に職場となると、

 

こういった当たり前のことができなくなります。昔の会社から抜け出せないまま転職するので、

 

多くの人は馴染めないの一言で片付けてしまいますが、馴染めないのは自分が悪いだけなんです

 

一度昔の自分から抜け出して考えてみることを、おすすめしたいです

 

 

転職した職場に馴染めない理由→まとめ

 

馴染めないではなく、馴染まないといけないんです。

 

どんな環境でもまずは柔軟性を持って馴染んでいく努力は決して無駄にはなりません。

 

柔軟性を持つためは、過去勤務していた会社から抜け出す必要があります

 

あなたが転職したわけであって、昔の会社が転職したわけじゃないです。

 

馴染めなくて苦しんでいるのであれば、今の会社は悪いわけではないので一度馴染む努力をすることを、

 

苦しくても、この方法を強くおすすめしたいです。変わる努力は未来にとって必要な力ですので!!

 

blank
さるたろ
頑張って適応していきましょう

 

関連記事

-LIFE, 仕事
-, ,

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5