就職・転職

自分の長所がわからない。だから面接が不安【解決します】

blank
おさるこ

自分の長所が何かわかりません。面接でも聞かれるし、いろいろ考えてはみたけど、自分には良い面なんてないのかな…。何か対策ありますか?

blank
さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

本記事の内容

  • 長所と短所は思い込み
  • 長所と短所の関係
  • 短所の裏側は長所です
  • 短所が酷いなら、短所を活かす
blank
さるたろ
ではいってみましょう
blank
おさるこ
よろしくお願いします

 

 

自分の長所がわからない。だから面接が不安【解決します】

blank

自分には長所なんてない、短所ばっかりだ。って人がいます。

 

最初に言っておきますが、長所がない人なんて存在しません。また短所ばっかりという人もいません。

 

長所もあるし、短所もあります。それは同じくらい均等にもっています。

 

 

長所も短所も自分が決めたイメージ

長所だと思っていることも、短所だと思っていることも、全部自分が決めたイメージです。

 

例えば「心配性」が短所だと思っている方がいますね。

 

自分の心配性と世間の印象を照らし合わせます

 

世間の印象と照らし合わせて、自分の短所を決める

 

世間から見たら、「心配性」は短所だ。短所に決まってますわーー

 

と勝手に自分で決めつけて短所BOXに保管しているだけです。

 

まずは今まで勝手に短所BOXに入れてきたものを、引っ張り出して短所リストを作ります。書き出してみてください

 

自分が短所だと思うものを、出来るだけ多く紙に書きます

 

自分の短所を書きだす

 

自分が、勝手に入れてきた短所BOXが空になるまで出してください

 

blank
さるたろ
そのメモはのちに使います

 

では話を進めていきます

 

自分の長所がわからない人は、自分は短所が多いと思い込んでるだけ

長所がわからないって方は、短所が多いと思い込んでいます。

 

それは短所ではなくて、思い込んでいるものです

 

自分の短所は、自分の思い込みです

 

紙に書き出したもの全て、自分が短所だと思い込んでいるものです。

 

自分の長所がわからない人は短所の別の面を見てみよう

全てに表と裏があります。コインと一緒です。

 

100%、物事には良い面と悪い面がセットになって存在してます。

 

表が長所で、裏側が短所です。

 

長所と短所はコインの裏表

 

こんな感じで物事には良い面と悪い面がセットになって存在していて、長所と短所も同じように存在してます。

 

例えば「心配性」がありますね。同じ心配性でも長所側から見てるのか、短所側から見てるのかで変わってきます

 

心配性を長所側から見るのか、短所側から見るかで印象が変わる

 

心配性を短所だと思っている人は、短所側からソレを見ているだけなので、

 

短所の違う面を見に行けばいいわけです

 

心配性を短所側から見てるなら、長所側に立って見てみよう

 

こんな感じで短所側から見ているかぎり、短所しか見えてきません。

 

その反対側の面が長所ですので、それを見ようと意識することが必要となるわけですね

 

自分の長所がわからない人は短所を長所に書き換えてみる

長所と短所はセットで存在しているのに、自分が勝手に世間のイメージと照らし合わせ「短所」だと決めつけてるだけです

 

だから短所の裏側にある長所側を見て、書き換えてみましょう

 

短所の裏は長所です。長所を書き出してみよう

 

こんな風に短所だと思っていることの裏側には、長所な面があります。

 

逆もそうで、長所だと思っていることの裏側には短所な面があります。

 

  • 長所にも短所がある
  • 短所にも長所がある

 

ただそれだけなので、長所がわからないって人は短所を書き換えてみましょう。

 

それでも私の短所は絶対に短所だ。長所面なんてない。って方もいると思います。

 

短所側が強烈で、面接が怖いという方もいると思いますので、解説しますね

 

 

あたなの短所を必要としている会社はあります

blank

長所と短所はセットですが、短所面が強くて自信がないって人がいます。

 

短所が強烈なら、その短所を否定するのではなく、短所を活かせばいいんです

 

私は人の顔色を伺いすぎて、何も行動できない。なら顔色を伺う仕事を探してみればいいんです。

 

自分がダメだと思っていることでも、第三者からみたら必要ってことがあります

 

blank
さるたろ
人の顔色を伺うことが短所だと思っていたとします

 

自分の短所は、誰かの長所の可能性がある

 

短所を長所に変えることが難しいのであれば、自分の短所の良い面を見てくれる人や会社を探せばいいんです

 

短所=ダメではなく、短所=必要な会社はあるです!!

 

同じ営業でも業界によっては、ゴリゴリするのはダメだってこともあります。

 

業界の特性とかがあるので、気軽に聞いてみるのがいいと思います。

 

転職サイトの方はいろんな業界の特徴など抑えているので、

 

自分の短所を活かせる仕事はないかと聞いてみるのもありだと思います

blank
【完全無料】20代/第二新卒に強い、おすすめ転職サイト3社

続きを見る

blank
【転職なら】本気でおすすめできる転職サイト4選【満足度が高い】

続きを見る

 

 

長所も短所も、全てが自分の武器。だから前に進もう

blank

長所だと思っていることが、短所だったり、短所だと思っていることが、長所だったりします。

 

結局はイメージです。同じものを自分と他人が見たら、まったく違う印象になりますよね

 

捉え方の問題です。

 

自分が短所だと思っていても、誰かにとっては長所に感じてくれて、必要としてくれます

 

僕も顔色を伺って、人に気を使いすぎて、八方美人になってしまうところが超短所だと思ってました

 

営業をしてる時は、なかなか押せなくてしんどかったです。

 

でも人事部の採用担当になってからは、自分の短所が超長所に変わりました。

 

沢山の人の顔色の変化を掴んで、人に気を遣って、沢山の方と話しをするために八方美人が必要でした

 

こんな風に、いつか短所が長所に変わるときもあります。

 

そして大切な考え方は、長所とか短所とか分けて考えないこと。

 

超重要なポイント

長所も短所もすべてが自分の武器です

自分の武器は、長所と短所の両方です

 

自分は沢山いいものをもってます。勝手にそれをマイナスしているのは自分です。

 

いろんな人に出会い、色んな会社に出会うことで、環境が自分の短所を長所に変えてくれることもあります。

 

まずは挑戦です。すべてを遣って前に進んでみましょう!

 

関連記事一歩踏み出す勇気が出ない【原因と、対策を解説します】

 

 

自分の長所がわからない→まとめ

長所も短所も自分が決めた思い込みです。

 

全てが自分の武器です。いくら短所だと思っていることがあっても、必要としている会社はあります。

 

勝手に自分で自分をマイナスしないで、くださいね…。

 

下記面接の対策記事です。参考にしてみてください

 

 

では頑張りましょう!!

 

-就職・転職
-

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5