人間関係の悩み 部下/後輩指導のポイント

部下が辞めそうな時に、注意すること【バタバタしない】

blank
ぶうたろ

なんか、部下が辞めそうなんだよ。こんな時どうすればいいの?

blank
さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

本記事の内容

  • 部下が辞めそうな時、バタバタしない
  • 部下が辞めそうな時、やってはいけない2つのこと
  • 部下が辞めそうな時にできること
blank
さるたろ
ではいってみましょう

 

blank
ぶうたろ
宜しく頼む

 

この記事を書いてる人
blank

さるたろ(@ptsarutaro

この記事を書いてる僕は、個人でブログで発信をしながら人材育成に関わる仕事をしています。現場の課題に応じた研修も行っています→コチラ

 

部下が辞めそうな時に、注意すること【バタバタしないこと】

blank

部下が辞めそうだなって時、ありますよね。

 

この記事では部下が辞めそうな時に、どんな行動をしたらいいのか。注意点を紹介します。

 

部下が辞めそうな時に一番注意すること→あなたがバタバタしないことが大切です

 

これが何よりも大切です。辞める辞めないを決めるのは本人です。

 

その本人だって決断できずに、迷っている場合がほとんどです。

 

そんな時に、周りがあーでもない、こーでもないとバタバタするのはちょっと変ですよね。

 

 

部下が辞めそう←バタバタしない人は辞めるときは、辞めます

部下が辞めそうだからといって、バタバタするのはNG。人は辞める時は、辞めます。

 

関連記事優秀な社員が退職するのは、仕方がない【退職に対する考え方】

 

辞めたい理由は本人しか解りません。

 

  • 本人の問題
  • 家族の問題
  • 会社への不満
  • 将来のため

 

会社を辞めるきっかけは、いろんな問題が絡み合ってできるもの。明確にこれだってものではありません。

 

原因を特定しようとしたり、変に力になろうとグイグイ入り込んでいくのも、極力避けたほうがいいと思います。

 

本人も何が理由なのか解らない場合が多い。

 

ここが重要

辞めようか迷っているだけで、辞めると決断しているわけではない

 

blank
ぶうたろ
確かにな…。

 

バタバタしてはいけない理由辞めると決まってないから

本人はいろんな問題から、不満を抱いたり、将来に不安を感じます。

 

会社を辞めようか考えることもあるでしょう。でも完全に辞めると決めてるわけではありませんね

 

そんな時に、第三者がバタバタして無駄に行動を起こしたりします。

 

ここからは、やってはいけない行動を紹介します

 

 

部下が辞めそうな時、やってはいけない「2つ」のこと

blank

 

部下が辞めそうな時に、バタバタしてやってしまいがちな行動があります。

 

部下が辞めそう←やってはいけないこと①確信もないのに、第三者に言わない

これが個人的に一番大切だと思います。

 

もしかしたらプライベートで何か嫌なことがあって、元気がないだけかもしれません。

 

または、仕事がマンネリ化してきて、モチベーションが下がっているだけかもしれません。

 

いずれも辞めると決まったわけではありませんよね。雰囲気が辞めそうなだけです。

 

注意!!

確信もないのに、第三者に「あいつ会社辞めそうなんだよな…」とか絶対に言わない!!

 

これ言っちゃいますよね。昔、僕もこれで失敗してます。

 

辞めることを第三者に言うと、回ってくる

 

飲み会になるとネガティブな話題で盛り上がりますよね。

 

そんな時、「実は、あいつ悩んでそうで、辞めるかもしれないな…」とか憶測でしゃべったりします。

 

飲み会の席でのことが、色んな人に漏れ伝わって、ついには本人に知られます。

 

「え? 誰がそんなこと言ってるんですか? 俺辞めないですよ。」

 

ってなことになります。辞める辞めないネタは会社では昇進に関わってきたりするので、

 

確信もないのに無駄にしゃべらないほうがいいですよね。

 

 

部下が辞めそう←やってはいけないこと➁集団で一人を攻め立てない

部下が辞めそうな時、その人が重要な人物であればあるほど、辞めさせたくないですよね。

 

なぜ辞めたいと思っているのか、原因は何なのかを把握したいと思うでしょう。

 

色んな人を使って、悩みを聞きだしたり、あわよくば説得を試みたりします

辞めそうな人を、集団で探らない

 

こんな風に集団で攻める感じになります。みんなに心配されて嬉しいと感じる人もいるかもしれませんが、

 

退職のようなデリケートな話題はこれが原因で居づらくなるって方もいますので、

 

集団でやるの注意が必要です。そっとしておくことも大切です

 

 

部下が辞めそうな時に、できること

blank

部下が辞めそうな時にできることは、ただ一つです。

 

辞めさせたくない等、自分の希望は脇に置いて、しっかり部下と向き合うことです

 

注意点は第三者に言わない、集団で攻めないですね。あなた一人で部下と向き合うことです。

 

大切ポイントはコーチングより、カウンセリングです

 

コーチングは行動を促すものですが、カウンセリングは相談援助です。

 

悩んでいる場合は、無理に引っ張ることをせず真剣に話を聴く姿勢が大切。

 

関連記事部下の本音を引き出す方法【テクニックは無意味です】

 

部下が辞めそうな時にできること一人の人間として関わる

上司と部下の関係なので、なかなかそうはいかないかもしれませんが、

 

一人の人間として関わることで、部下は心を開きやすくなります。

 

立場上は、辞めさせたくない。この状態で向き合っても本音を引き出すことは難しいです。

 

一度、立場から離れて一人の人間として部下に関わることで、部下の本当の声を聴ける可能性が広がります。

 

関連記事話を傾聴するポイント【言葉の裏側にある、気持ちが大切】

 

 

まとめです辞めそうになる前から、向き合いましょう

辞めそうだから対応するのでは遅いですよね。

 

大切なのは日常の中で部下としっかり向き合うこと、上司として人間として関われば自然と信頼関係が築けます。

 

信頼関係があると、辞めそうな時に部下の方から本音を話してくれるでしょう。

 

辞めそうな時、バタバタしないこと。そのために日常を大切にしないとですね!

 

-人間関係の悩み, 部下/後輩指導のポイント
-,

© 2021 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5