ドラマの見過ぎは、自分の人生がストップする【主役は自分です…】

blank
おさるこ

私、Huluのアカウント持っているんだけどね。ドラマを見たら止まんないのよ。ちょっとドラマ見過ぎなような気がするのよね…。これでいいのかしら…。

 

blank
さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

 

本記事の内容

  • ドラマの見過ぎは自分の人生がストップする話
  • 自分が主人公なので、ちゃんと生きよう

 

blank
さるたろ
ではいってみましょう
blank
おさるこ
よろしく

 

 

 

ドラマの見過ぎは、自分の人生がストップする【主役は自分です…。】

blank

 

ドラマの見過ぎは、自分の人生がストップすると痛感したので記事にしました。

 

結論:ドラマは見てもいいけど、自分の人生とは別物なのでしっかり分けて考えないと、人生ストップします

 

blank
さるたろ
ドラマは自分の人生ではない

 

しかしドラマってマジで面白いです。

 

昔はTVかレンタルショップで借りるしか方法がなかったですけど、

 

今はnetflixやhuluなど見放題サービスの拡大によって、配信されているものであれば、いつでも、どれだけでも見ることができます。

 

見逃してもいつでも見れるので、映画やドラマがより身近な存在になってきていると思います。

 

僕も最近では気がついたら、ドラマを見ています。

 

 

僕はドラマを見過ぎて気付きました【自分の人生の空白を埋めてくれてると…。】

blank

ここ最近、めっちゃドラマを見ています。

 

僕の好きなドラマといえば、苦しい状況から大逆転するような内容のものが大好きです。

 

  • 半沢直樹シリーズ
  • ノーサイド・ゲーム
  • ルーズベルト・ゲーム
  • 下町ロケット
  • プラチナタウン

 

好きなドラマ5つですが、見たことある方はイメージできると思うのですが、

 

主人公の周りには、常に意地悪な上司やクライアントがいます。

 

そして物凄い困難な状況から、大逆転するストーリーのものばかりです。

 

醍醐味といったら

 

  • ムカつく上司をぎゃふんと言わせるシーン
  • 非協力的な人が、最後には最強の仲間になる
  • チームがひとつになっていく
  • とてつもなく困難な状況の中から、一筋の光が差し込む

 

これが大逆転ドラマの醍醐味です。凄く興奮するし身体が震え上がります。

 

僕は見るたびに胸が熱くなり、涙が溢れてきます。

 

そしてふとした瞬間に、遅いのですが気が付きました…。

 

 

自分の人生でやりたいことを、ドラマがやってくれてる

 

僕はヒーロー物語が大好きです。

 

困難な状況の中から仲間と共に、大逆転する。そんな物語に憧れを抱いてます。

 

そして僕はそんな風に、胸を熱くするような人生にしたいと心の底では思っています

 

しかし現実の世界では、できていない自分がいます。

 

仲間と共に協力して、困難を乗り越える人生。やりたいけどできない…。

 

代わりにドラマの主人公がやってくれている。それを見て僕は自分の人生の空白を埋めていました。

 

ドラマを見て感動して、ドラマをみて共感して、自分の人生の空白を埋めている。

 

 

ドラマを見て空白を埋めても、本当の人生はストップしていた

 

自分がやりたいことを、ドラマの主人公に託して、そのストーリーを身ながら自分の空白を埋めている。

 

blank
さるたろ
でも現実世界の僕の人生はストップしていました。

 

現実世界で、自分が実現したいことを、自分の力で切り開いていく。

 

ドラマの主人公に胸を熱くするのではなく、自分自身の人生に胸を熱くしないと意味ないと思いました

 

ドラマの主人公に逃げていて、自分の人生に向き合ってなかったと思いました。

 

ドラマを見過ぎるということは、自分の人生から逃げまくっている証拠だと思いました。

 

 

ドラマの見過ぎは自分の人生から逃げる。自分の人生を面白くしなければ…

blank

ドラマを見過ぎて痛感しました。僕は人生から逃げているだけだと。

 

blank
さるたろ
逃げているからドラマで空白を埋めていたんです。

 

自分の人生に向き合って、自分の人生をドラマのように面白くするほうがいいと思いました。

 

  • 胸が熱くなりたい
  • 仲間と共に、大きな困難を乗り越えたい
  • 大逆転して心から喜びたい

 

これらを実現するには、行動するしかないわけですけど。

 

ドラマを見ている時には、自分の人生の行動を忘れていました。

 

blank
さるたろ
ほんと意識してないと、時間だけすぎる

 

 

ドラマに感動したり、共感するのは自分がやりたいこと

 

僕はだいたい似たようなシーンで感動したり、胸が熱くなります

 

  • 困難から立ち上がってチャンスを掴むシーン
  • 敵キャラが最高の協力者に変化するシーン
  • チームの団結力がピークになるシーン

 

この3つのシーンがきたときに、涙が出て震えます。

 

blank
さるたろ
裏返せば、僕がやりたいことなんです

 

僕は組織や個人を育てる仕事をしています。組織を変えるには物凄い困難があります。

 

そこには非協力的な人もいます。

 

それでも組織が生まれ変わったり、個人が成長していく、それを僕自身が成し遂げたい。

 

 

自分がやりたいことから逃げない人生

 

ドラマを見ている間、僕は僕の人生から逃げていたと思います。

 

ドラマはドラマで素晴らしいものですが、自分の人生はリアルに自分しか変えることができない。

 

blank
さるたろ
僕は自分のやりたいことを、ドラマに任せてしまっていたと思います

 

自分がやりたいことを実現するのは、自分です。

 

やりたいことから逃げない人生を送っていきたいと、思います。

 

 

ドラマの見過ぎは、自分の人生がストップする:まとめ

 

もしみなさんも、ドラマに自分の人生を投影しているのであれば、

 

現実世界の自分の人生に目を向けてみてはいかがでしょうか…。

 

ドラマを見るのはいいですが、自分の人生がストップするのであれば逆効果です。

 

自分の人生は自分で決める。そして自分の人生をドラマのように面白くしたほうがいいですよね。

 

僕もまだまだです。一つ一つ行動を起こして頑張っていこうと思います。

関連記事

-LIFE, 人生
-,

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5