パワーポイント

パワーポイントが勝手に進む…【困った時はここをチェック】スライドショー・アニメーション・印刷】のプレゼンテーションのトラブルに。

投稿日:2016-11-08 更新日:

さるたろです。いつも「プレゼン先生さるたろ」を見てくれてありがとうございます。

今回はパワーポイントで困ったときの対処法について書きたいと思います

 

パワーポイントで躓きがちな点って、アニメーション・スライドショー・印刷・画像編集が多いと思います。ここを抑えておけばバッチリだってところを説明しますね。パワーポイントはポイントを抑えておくだけでいい。

 

パワーポイントのスライドサイズが「ワイド」になっちゃった。

 

パワーポイントのスライドサイズは2種類あります。

まずコレを見てください↓

%ef%bc%91

これは横に長いワイドタイプ

2

これは昔ながらの標準タイプ

この2種類のスライドが存在します。意外と気が付いていない人が多いです。例えばスライド(ワイド)でパワーポイントを作成して、そのスライドを別のパソコンで起動する。別のパソコンのスライドが標準設定になっていたら、ワイドで収まっていた文字や画像が通常スライドによって文字がズレてしまったり、トラブルになります。

 

ワイドか標準かを選択することで解決します

 

スライドを選択することで解決します。

14

 

パワーポイントから>デザイン>スライドのサイズ>標準orワイド(選択)

 

これで解決!表示がズレていたらスライドのサイズ変更を行ってみてください。

 

パワーポイントの「アニメーション」で順序を逆にしたい

 

パワーポイントのアニメーション設定時、たまに躓く点があります。アニメーションの順番を変えたい時。「あれ?どうするんだっけ?」って方。

9

 

変えたいテキストボックス選択>アニメーションタブ>アニメーションの順序変更(右側)にいきます。

 

あとは、順序を前にするか後にするかで順序が変更できます。

 

パワーポイントの「アニメーション設定」で注意する事

 

パワーポイントで無事にアニメーションを付けることができても、アニメーションの設定で気を付けることがあります。あまり事故にはなりませんが、色々いじっていると変な事になりますので知っておくべき。

 

パワポのアニメーションの設定

パワーポイントの上部にあるアニメーションのタブからアニメーションを設定します。

4

この赤枠の部分ですが、最初の状態は「クリック時」になってます。クリックした時にアニメーションが発動するってことです。
その他に、「直前の動作と同時」「直前の動作の後」があります。

これはその名の通り、直前のスライドが動作をするのと同時にか、その後かってこと。要はクリックしなくても勝手に動き出すってことです。これを使用するのは慣れた人ですし、あまり設定をする人はいないです。

間違ってこれをいじってしまった場合本番でアニメーションが勝手に暴れだすってこと。気を付けましょう。

改善策は下に書きます。

 

パワーポイントが勝手に進む→スライドショーの設定

スライドショーの設定でも注意点があります。

これを見て下さい↓

12

パワーポイントの上部に「画面切り替え」のタブがあります。このタブを選択すると右端に、「画面切り替えタイミング」があります。最初の設定は(クリック時)にチェックがついているんですが、これを(自動的に切り替え)にチェックが入ると、大変。

 

スライドショーをはじめると自動的に次のスライドに切り替わってしまう。もうパニック!!

 

パワポが勝手に進む時のスライドショーの対処法

 

パワーポイントのスライドショータブを開きます

5

 

スライドショーの設定>スライドの切り替え>クリック時

 

これをすると一括で「クリック」した時にスライドが切り替わるように設定できます。

 

チラシをパワーポイントで作りたい

 

パワーポイントでチラシをつくるには、スライドを「ノート」に切り替える必要があります。

7

 

パワーポイント画面から>表示>ノート

 

これを設定するとノートタイプになって編集しやすくなります。

6

こんな感じね。

 

ノートを印刷する時の注意点(印刷できないって方へ)

パワーポイント表示を「ノート」に設定していた場合、普通に印刷かけても白紙がでます。

そんな時は↓

11

 

印刷画面から>設定>ノートを選択→これで印刷できる。

 

 

挿入した画像を切り抜きたい

 

パワーポイントでは画像を挿入することができますが、その画像を切り抜きたいって方へ「トリミング」を利用します。

超簡単↓

10

 

パワーポイント画面から>書式>トリミング>トリミング

 

これで画像の内側に黒いラインが出てくるので、調整して自分の好きな部分を出してください。

 

まとめ

パワーポイントって毎日使うものではないので、急なトラブルに対応できない時があります。今回はちょっとしたトラブルにも対応できるようにパワーポイントの躓きやすいポイントを紹介しました。

プレゼンをスムーズに成功させるためにも参考にしてみてください!

ではでは、いつもありがとうございます★

じゃっ(^_-)-☆

 

プレゼンのご相談ならこちら

 

パワポに関するおすすめコンテンツ

▪パワーポイントの基本編

関連記事:パワーポイントのテクニック編

おすすめ転職サイト

関連記事

-パワーポイント
-, , , , ,

Copyright© プレゼン先生さるたろ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.