将来に対する悩み 目標を達成する方法

将来の計画を立てるコツ【ザックリ感+意味づけの明確さ】

blank
さるねずみ

将来の計画を立てようかと思うんだけど、どうやって立てたらいいかわからない。何かコツとかあれば教えてください。

 

blank
さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

 

本記事の内容

  • 将来の計画を立てるコツ
  • 計画の在り方について

 

blank
さるたろ
ではいってみましょう
blank
さるねずみ
お願いしやす

 

この記事を書いてる人
blank

さるたろ(@ptsarutaro

この記事を書いてる僕は、個人でブログで発信をしながらリーダー育成を専門に人材育成に関わる仕事をしています。現場の課題に応じた研修も行っています→コチラ

 

 

将来の計画を立てるコツ【ザックリ感+意味づけの明確さ】

blank

将来のことを考えると不安になりますよね。だから計画を立てることは凄く大切なことだと思います。

 

計画があるから進むことができるので、計画は絶対立てたほうがいいです。

 

ここで将来の計画を立てるコツの結論は→ザックリしているほうがいいです

 

細かい計画よりも、すごく大まかにザックリとしているほうがいいということ!

 

それについて解説していきます。

 

 

将来の「将来」とは何年先をイメージしているのか

将来の計画を立てる時、どのくらい先の将来をイメージしているかで違ってきます。

 

将来の計画と言われたら、多くの人が10年とか20年とか、はたまた50年先の未来のことをイメージするのではないでしょうか?

 

それくらい将来のイメージは遠い先のこととして捉える人が多いと思います。

 

遠い先、最低でも10年以上の未来の計画を立てるコツは、やっぱりザックリのほうがいいと思います。

 

 

方向性を定めるくらいでいい

ザックリという表現は雑ですが、言い換えると将来向かうべき方向性を定めるってことです。

 

要は、右に行くのか、左に行くのかくらいザックリとした計画のほうがいいってことです。

 

  • 個人の計画なら→教育系の仕事をしているとか
  • 家庭の計画なら→マンション買おうとか

 

ほんと方向性を定めるくらいでいいと思います。

 

自分はどの方向に行くのかくらいザックリとした計画ではないと、計画倒れになるから

 

なぜ計画倒れになるのかは、時代の変化があるからです。

 

 

時代の変化が激しすぎるため計画が立てれない

時代は常に変化していますが、ここ最近の変化は、もの凄いですよね。

 

僕たちの知らないところで変化が起きています。その変化をキャッチすることが難しいほど速いスピードで変わっています

 

このあたりの時代の変化については、下記記事で詳しく解説しています

 

関連記事倫理観とは?←具体的に解説【知らないと本気でヤバい】

 

自分が知らないうちに、いつの間にか変わってるってことありませんか?

 

え、そんなことが起きてるの? 知らなかったわーってことって意外に多い

 

そして情報を集めて、理解した時にはまた別の変化が起きています。それもあちこちで…。もう情報をキャッチするのも限界があります

 

情報を細かく集めるよりも、あらゆる情報から時代を読み取る能力を鍛えないと難しい時代です

 

読み取る能力を鍛えることは凄く難しいですよね…。なかなかそんなことできないです。

 

だから→計画を立てることが難しいってことです。立てても2年後には変化しているので修正する必要があります

 

具体的な計画にすればするほど、修正する必要が出てくるし、計画通りに進めるほうがリスクがあったりします

 

このことから将来の計画は、ザックリくらいじゃないと意味がないってことです

 

情報は常にアップデートしておきましょう。今はいくらでも情報サイトがあります

 

下記、代表的なサイトです(完全無料)

 

 

僕は、将来の計画を立てすぎてピリピリしてました

blank

僕は計画を立てるのが好きでした。自分の人生の計画、夫婦の人生の計画、職場でのチームの計画。

 

あらゆる面で計画を立てることが大切だと思っていました。

 

そして、立てる計画も具体的にして、誰が見てもわかるように具体的にしました

 

計画を具体的にするメリットは行動しやすくなるってことです

 

具体的にすればするほど行動がしやすくなると同時に、デメリットがでました

 

具体的に計画を立てることで、柔軟性を失いピリピリしてた

具体的にした結果→柔軟性がなくなりました。

 

家庭でも仕事でも、計画の具体化は柔軟性を失う可能性が大です

 

イメージしてみてください。

 

1ヶ月後に〇〇で、2ヶ月後に〇〇、半年で〇〇で、3年後に〇〇で、10年後に〇〇で、

 

こんなの窮屈すぎてウンザリします。計画が長ければ長いほど、ウンザリします

 

だいたい計画通りに進まないことが多いので、その都度ピリピリしてました。

 

 

将来の計画で必要なのはザックリ感と意味づけが大切

blank

 

将来の計画を立てるときは、具体化するよりザックリ感を意識するほうが大切だと思いました。

 

自分はどんな生き方がしたいのか、凄く大きな目線で描いたほうが、大きく生きていけます

 

将来の計画は具体的に立てるなんて、時代のスピードを考えたら難しいし、その通りに進まないからイライラします

 

ここで大切だと気がづいたのは、

 

  • 将来の計画は大まかにザックリと
  • 1年単位の計画を具体的にすること
  • その計画をやる意味づけを明確にすること

 

この3つだと思います。

 

将来の計画を大まかにザックリ立てます。

 

そして今年は何をしようかを具体的に考える。ここをザックリすると何もできないので、ここは具体的にする必要があります

 

ここからです

 

具体的な計画を立てるとやらないといけない→だから「意味」が必要

具体的にするってことは、計画通りにやらないといけない強制的が出ます。

 

デメリットとして柔軟性がなくなって、出来ないことに対してイライラが発生します。

 

イライラが発生すると、感情がでます

 

  • なぜこれをしているのか。
  • 本当にこれをしないといけないのか。
  • やっていいことあるのか

 

具体的な計画によって、自分の行動を疑うようになります。

 

俺はこれをすることの「意味」はあるのかと・・。

 

だからこそ、具体的な計画には、それをやる意味づけが必要になります。

 

  • これをやることで→〇〇になる
  • これをやることは→〇〇という意味がある
  • これをやりつづけたら→〇〇という状態になる

 

こんな風にいろんな角度から、これをやることの意味を見つけることで、

 

具体的な計画を実行する勇気となる。計画通りに進めることができないと意味がないですよね。

 

これをやることの意味をしっかり持つことって凄く大切です

 

 

将来の計画を立てるコツ→まとめ

 

将来の計画についてのコツを書きました。まとめます

 

将来の計画は、ある程度の方向性を出す程度の計画でいいと思います。

 

どんな未来がいいのか、ワクワクしながら大きな方向性を描くことが大切です

 

そんな未来に行くために、行動を起こすことが大切です

 

-将来に対する悩み, 目標を達成する方法
-, ,

© 2021 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5