報連相ができない原因【本気で必要だと思っていないから】

blank
ぶうたろ

最近の若手に、報連相ができない奴が多すぎる。社会人の基本は報告・連絡・相談だ。基本中の基本がなってない奴が多い。なぜ報連相ができないのか。原因があれば教えてくれ

 

blank
さるたろ
こういった悩みに答えようと思います。

 

 

本記事の内容

  • 報連相ができない原因
  • 報連相の本質の理解

 

 

blank
さるたろ
では、いってみましょう
blank
ぶうたろ
宜しく頼む

 

 

 

報連相ができない原因【本気で必要だと思っていないから】

blank

報連相は社会人にとって基本中の基本ですよね。その基本的なことができない社員が急増しています。

 

なぜ報連相ができないのか…その原因について解説していきます

 

タイトル通りです→本気で必要だと思っていないから。(ただの言葉遊びになってるだけ)

 

 

報連相はビジネスの基本としてかなり有名です。

 

誰でも聞いたことがあるくらい有名で、すごく解りやすいですよね。

 

報告すること、連絡すること、相談すること、それらの頭文字をとって報連相です。

 

  • なんでも報告すること
  • 何かあれば連絡すること
  • 都度、相談すること

 

 

報連相の言葉遊びになると、これらをすることが正義だと思ってしまいます。

 

報連相をすることが正義で、しないのを悪だという流れができました

 

 

本当に報連相って必要なのか

 

そもそも報連相って本当に必要なことなんでしょうか?

 

なんでも報告しないといけないんでしょうか? 常に連絡を取り合って、相談をする必要があるんでしょうか?

 

ただでさえコミュニケーションツールが増えているのに、これ以上、古来から伝わる報連相という儀式をする必要があるのか…

 

 

自分達が思っている以上に、報連相をしている可能性があります。会議、報告書、日報、スケジュール管理、LINE、など。

 

報連相が過剰になっている場合もあるので、一度見直してもいいかと思います。

 

このあたりの過度なコミュニケーションについては、社内コミュニケーションを勘違いにて詳しく解説しています

 

blank
さるたろ
最近では報連相の「報告」をやめる企業が増えてきています。

 

報連相の「報告」は一番の無駄。報告は不要というルールを決めました。報告は自動的に上がる仕組みがあるので、それを見ればある程度理解できる。報告を不要にしたことで、めっちゃ幸せになりました。

News PIcks モンスター部下にどう向き合うか? 圓窓代表 澤円氏のコメントより引用

 

報連相が言葉遊びになると、全てをやることが正義になる。

 

本当に必要があるのか再定義する必要ができきています。

 

 

 

報連相ができない原因は、報告・連絡・相談を大切にしすぎているから←窮屈

blank

報連相が先走ってしまって、ビジネスの基本になっていますが、

 

そもそも報連相は、コミュニケーションの一部です。

 

コミュニケーションを取ることが苦手なので、強制的に報告、連絡、相談をすることで活性化につなげようと思っただけ

 

 

 

blank

 

コミュニケーションの範囲は凄く大きいです。報告、連絡、相談はコミュニケーションの一部を切り出したもの、

 

その一部の報連相が独り歩きしているので、報連相=大切だとなってしまいました

 

コミュニケーションが大切なのであって、報連相が大切なのではありません。

 

 

決まり事のように、報告して、連絡して、相談をすることが果たして良い事なのか…。

 

先ほども紹介したように、報連相の「報告」は無駄だと定義している会社もあります。

 

幸せな会社を調べにいくと「報告」を無くしてる会社が多い

News PIcks モンスター部下にどう向き合うか? 慶応義塾大学教授 前野氏ののコメントより引用

 

報連相は、大きなコミュニケーションの一部を切り出したものです。

 

何度もいいますが、報連相が出来なくても雑談しているなら、それでもいいと思います。

 

報告、連絡、相談をすべて大切にしすぎていて、窮屈になり。報連相する側の部下は必要ないと思っている可能が高いです

 

 

報連相が必要なことだと思っていないから、するわけない

 

報連相をしない人は大きく2つです

 

  1. 本当に鈍感で報連相ができない、忘れてる人
  2. 仕事ができて、報連相は無駄だと思っている人

 

 

簡単に、仕事ができない人。仕事ができる人は報連相をしてこないケースがあります。

 

仕事ができない人は、何を報連相すればいいかがわからない=必要性を感じてない

 

仕事ができる人は、上司に報連相しても前に進まないし、いいアドバイスもしてこないからそもそも無駄だと思っています

 

両者ともに報連相が必要だと思っていないから、報連相できないのではなく必要だと思っていないからです

 

 

 

報連相ができない原因は必要性を感じないから→ではどうするか

blank

 

報連相ができない部下を責めるのではなく、仕方がないことだと受け入れる必要があります

 

そもそも、報連相はコミュニケーションツールが少ない時の考え方です。

 

今は複雑になりすぎていて、それでも報連相を言葉の通りにやり続けることは害になることもあります

 

 

害になるケースについては、間違った報連相で部下が成長しなくなるにて詳しく解説しています

 

何度も言いますが、コミュニケーションが大切なのであって報連相ではありません

 

 

仕事ができない人には「相談」を適応

 

仕事ができない人というと失礼かもしれないけど、敢えてできない人の話をします

 

仕事ができない人は視野が狭いので、仕事の全体像が見えていないことがほとんどです。

 

仕事の全体像が見えないので、何が大切で、何が緊急性があるのか、優先順位など理解できません

 

 

報連相をしたくないのではなく、何をしていいか解らないことが多いです。

 

仕事の全体像を理解させることも一つですが、報連相を崩してみることも一つです

 

報連相の「報告」「連絡」を扶養にして、「相談」だけを適応する

 

 

報告、連絡は何かのコミュニケーションツールを見ればOKです。

 

仕事ができない人が何を必要としているかに焦点をあてる→こまっていることの相談ではないでしょうか?

 

blank
さるたろ
人間、必要としていることならやります。

 

だから報連相をしろではなくて、「相談」をしてきてね。これだけでコミュニケーションが活発になります

 

 

 

仕事ができる人には、2つの対応策があります

 

仕事ができる人への報連相の対応は、2つあります

 

  1. 自由にさせる
  2. 上司の自分が圧倒的に成長する

 

 

仕事ができる人は、完璧に報連相をしません。細かく報告することも、連絡することも、相談することも、

 

上司の時間を奪うことにもなるし、自分の時間を失うので、報連相という無駄を省きます

 

 

それでも報連相を徹底するのは無駄でしかありません。

 

仕事ができる人には、何かに書けば自動的に報連相ができる仕組みを適応して、自由にしてあげたほうが会社にとってメリットがあります。

 

もう一つ、どうしても報連相をさせたいのであれば、上司のあなたに報連相がしたいと思ってもらう必要があります

 

  • 報告して、認めてもらいない
  • 連絡して安心させたい
  • 相談していいアドバイスをもらいたい

 

 

仕事ができる人に報連相を徹底させるには、上のように感じてもらわないと、やりません。

 

よって上司として圧倒的に成長すれば、自然に部下は報連相しにきます。

 

報連相してこないのは、したって仕方がないと思っている証拠です。

 

blank
さるたろ
部下を責める前に、自分を責める必要があります
blank
ぶうたろ
がーーーん

 

 

報連相ができない原因→まとめ

 

報連相はコミュニケーションの一部なので、全部やる必要はないんです。

 

大切なのは、上司と部下が仕事のことでコミュニケーションをとることです。

 

コミュニケーションで何が大切なのか、報告なのか、連絡なのか、相談なのか、それは部下によって変化します

 

もっと柔軟に考えてみると、楽になります。

 

正直、部下を多い上司は報告を受けるだけで1日終わっちゃいます。

 

それはそれで、健全ではないですよね。

 

blank
さるたろ
思い切って報連相を分解して、何かを捨てることも手だと思います

 

 

 

関連記事

-LIFE, 仕事
-, ,

© 2020 さるたろ先生 Powered by AFFINGER5