プレゼンテーション

印象に残る「自己紹介」はストーリーの組立てが9割←パワーポイント上手く使え!

投稿日:2016-12-09 更新日:

どうも、さるたろです。

いつも「プレゼン先生さるたろ」のブログに来てくださってありがとうございます。

さるたろ
今回は、自己紹介やプレゼンで上手く話が出来ないって方のために書きますな。

 

こんな方は

・プレゼンしてて自分が何言ってるのか解らなくなる!
・聞き手に上手く伝わってない気がする!
・聞き手が「ポカン」としている!

ぶうたろ
解決策あるらしいぞ!
さるたろ
それはストーリーの組立てをしっかりする事です!

 

話の展開を考え、ストーリーをしっかり組み立てる事により、

聞き手にも伝わりやすいプレゼンになります。更にストーリー形式でのプレゼンを実施することによって効果が倍増します。

 

上手く伝えられないって方は、ストーリーの組立てに失敗している可能性があります。

またそもそもストーリーを考えていないから、好き勝手話している可能性があります。

 

今回はどうやってストーリーを決めていくかについて詳しく書いていこうと思います。

 

 

 

「自己紹介&プレゼン」はストーリーが命だからパワーポイントは軸を意識して!

自己紹介はもちろんプレゼンはストーリーがないとダメ。パワーポイントのスライド毎にダラダラと説明すると、

まったく受け取ってもらえない雰囲気になる。

 

俺は何を言ってるんだ…。

俺の説明、長い気がする…。

 

さるたろ
それはスライドを説明しているからで、ストーリーを説明していないからなんだよ。

 

プレゼンはストーリーが命。もしパワーポイントのスライドが30枚あった場合。

1~30のスライドの軸がしっかりしているかです。

串カツみたいにスライドが一本の串に刺さっているのかが非常に大切なんです。

ちゃんとストーリーになっていることが重要なので、途中で変なスライドが1枚でも入るだけで、話の展開がおかしくなりますよね。

 

ぶうたろ
串カツの途中にドラゴンフルーツとか刺さってたらビックリするよな

 

でもプレゼンでは平気でそういうことしちゃうよね。

必ずスライド全てが流れになるように、串カツになるように工夫をすることが大切なんですよね。

相手に伝わるプレゼンのストーリー作りについて詳しく解説していきます。

 

 

 

 

自己紹介やプレゼンは、自分が「伝えたいこと」を明確にする

当たり前ですが、「何を伝えたいのか」をしっかり考えて明確にする事からはじめます。

伝えたいことによってストーリー展開が変わってきます。

例えば自己紹介をプレゼン形式で行うことになったとします

自己紹介とは自分を表すものですよね。自分の特技や趣味といった事が一般的ですね。

 

例えば

・旅行好き
・お金好き
・ラーメン好き

簡単に言うとこんな感じですよね。

ではここで自分は「ラーメン好き」だって事をPRしていきましょう。

 

さるたろ
自己紹介で、如何に自分が「ラーメン好き」なのかを伝える必要がありますね。

 

「あの人はラーメンが好きな人だ」という意識付けをしなければなりません。

私は「ラーメンが好きです。宜しくお願い致します」って言っても、どれくらいラーメン好きか伝わりません。

大切なのは、自分が如何にラーメンが好きかを届けるんです。

 

どうしたら、ラーメン好きをわかってもらえるだろうか…。をしっかり考えていきます。

 

まず考えられることを整理します。

●ラーメン好きになったきっかけ
●好きなラーメンの味
●今までにどれくらいラーメンを食べたのか

簡単に上げるとこの3つくらいですね。

ここでストーリーに展開できそうな項目を見つけていきます。

僕が選ぶとすれば

●ラーメンを好きになったきっかけです。

興味もあるし、なぜ好きになったのかには必ずストーリーがあるものだからです。

 

残りの二つ、

 

●好きなラーメンの味
●どれくらいラーメンを食べたのか

 

これらは好きになってからの実績みたいなものなので、

ラーメンが好きという事実を知ってもらったうえで、さらにこれだけ実績があるからっていう「ダメ押し」として使います。

 

ここプレゼンの構成を当てはめていきます、

流れ

①ラーメンを好きになったきっかけ
②ラーメンを食べた実績
③その中で好きな味ランキング紹介

っていう流れがくめますよね。こんな感じでつくっていきます。

 

 

 

 

伝えたいことをストーリー形式でプレゼンしてみよう

ここで大切なのはラーメンを好きになったきっかけストーリーをしっかりと作る事です。

ただラーメンが好きなんです。ではなくて、

どんな事があってラーメンが好きになったのかっていうのをしっかり深堀りしていきます。

僕の経験を元にストーリーを作りますよ↓↓

小さい頃、僕はお父さんに連れられ汚いラーメン屋に入った。

 

汚い

そして臭い

床もベタベタしている

 

更にそこの無愛想なオヤジがとても恐かった

 

その恐いオヤジが無愛想な顔で僕にラーメンを出してきた。

恐かった。恐る恐る僕はラーメンを食べた。

 

「う、うまい」

と思わず。。

 

その時、恐いオヤジが言った

「そうだろぅ…」

 

そのオヤジは少し微笑んでいた。

 

僕はその瞬間に「ラーメンとオヤジ」を好きになった

 

ぶうたろ
オヤジも好きになっとるやないかい(笑)

 

ちょっと変な話になりましたが、これにはストーリーがありますよね。

何となく話しを聞いてみたくなりませんか?

プレゼンにストーリーが入ると聞き手は耳を傾けるものです。そこに少しだけツッコミどころを入れると印象に残ります。

ただ、「ラーメンが好き」っていうのではなく、ストーリーをしっかり作る事が大切なんですね。

 

 

 

 

自己紹介のパワーポイントプレゼン資料を作ってみよう

プレゼンはパワーポイントのスライドを作成するのも大切なことです。

僕のラーメン好きストーリーの資料を作っていきます。まずプレゼン資料を作る時にポイントがあります。

頭の中に描いている事を言葉に出してみる

実際イメージしていることを言葉に出してみてください。

友達に話している感じで

俺さ、ラーメンが好きなんだけど。なんでラーメンを好きになったか聞いてもらっていい?

実はさ、昔俺のお父さんに連れていってもらったラーメンが汚い店でさ~

 

っていう感じで話すんです。

 

話している通りにパワーポイントのスライドを作成していきます。

すると自然な流れが出来てきます。まず言葉に出してみる。それが自然なんです。その自然に出てくるストーリーを元に作成してください

こんな感じ。

ra-menn1

 

ra-menn2

 

ra-menn3

ra-enn4

言葉にした通りにスライド作成するとストーリーになるんです。この要領で資料を作っていくんですね!

 

スライドを一枚一枚。考えながら作るよりまずは伝えたいことを、喋ってみる。喋ってみると自然にストーリーが出来ているものです。一度試してみてください。

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか。プレゼンで上手く伝えられないって方は、

自分の頭の中にあるストーリーを上手く表現できていないって可能性があります。

もっと楽に考えてみて、友達に話す様に何度も何度もプレゼンしてみてください。

自然なストーリーが出来てきます。「自分は何が言いたいのか」っていう事はなくなります。

何事も物語です。ストーリーで相手に伝えると解かりやすく伝わるものです。是非皆さんも組立て、ストーリー形式でプレゼンしてみてください。

 

 

最後になりましたが、

 

僕は昨日。鍋を食べた。

鍋には欠かせないポン酢

柚子も入れた。

さらに大根おろしを入れると最強になる。

沢山、大根おろしを食べた。

凄く美味かった。

大根おろしを食べまくったら、、今日は一日物凄く便通が良い。

 

 

ってことでトイレに行って寝ることにします。

じゃっ(^_-)-☆

 

プレゼンのご相談ならこちら

 

 

プレゼンに関するおすすめコンテンツ

▪プレゼンテーションの基本

▪プレゼンテーションのコツ

▪プレゼンテーションの応用

おすすめ転職サイト

関連記事

-プレゼンテーション
-, , ,

Copyright© プレゼン先生さるたろ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.